コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【こんぴら参り】門前町グルメさんぽ♪おすすめスポット!

【こんぴら参り】門前町グルメさんぽ♪おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年9月29日

琴平の門前町には永く愛され続ける甘味処、みやげ店などが軒を連ねている。金刀比羅宮への参拝の後、おいしいスイーツや軽食を探しにぶらりと歩いてみるのがおすすめ。

かがわ・こんぴら観光案内所
琴平を中心とした、香川県に関する資料を数多く取りそろえた案内所。レンタサイクルや杖の貸し出しも行う。

灸まん本舗石段や

こんぴらみやげの定番銘菓

お灸の形をしたこんぴら銘菓「灸まん」で有名な店。茶屋としても人気が高く、参拝者が休憩に訪れることが多い。みやげ用のさぬきうどんも好評。

灸まん(12個入)1025円
灸まんって何? 
灸まん本舗石段やは江戸時代に宿として創業した店。当時はお灸が評判で、客に「このお灸は甘い(やさしい)」とほめられたことから、お灸の形のまんじゅうを作ったの「灸まん」の始まりとか。

店内で和菓子のセットやぜんざいなどもいただける

アカボシ珈琲店

こんぴら参りの休憩や待ち合わせに便利

深く煎った焙煎豆を使用し、こくとうまみのあるオリジナルコーヒーが味わえる。ドリンク類のほかフランスの伝統菓子カヌレやワッフルなどもある。

アイスカフェショコラ(奥・520円)とカヌレ・ド・ボルドー(手前・240円)でひと休み

表参道の階段のすぐ横にあるカフェ

寺子屋本舗 琴平店

手作りおかき・せんべいの専門店

店内に約50種類の商品が並び、店頭では温かい手焼きせんべい12種類と、ぬれおかき4種類を販売。せんべい屋ならではの醤油アイスやお濃茶アイスなどもある。

黒ゴマ、青のり、一味、マヨネーズの4味が楽しめる串ぬれおかき「歌舞伎」1本200円

人気のぴり辛七味(左)120円、特上のり(中)150円、赤しそ(右)120円

店頭のイスに座っても食べられる

四国の旬

まんまるおいりのソフトが人気

おいりソフトをはじめ、和三盆ドーナツ(1個100円)などのテイクアウトスイーツを販売。休憩所も併設する。

おいりとソフト両方の絶妙な口溶けが味わえる、嫁入りおいりソフト350円

おいりって何?
讃岐地方の嫁入り道具のひとつ。もち米を使った炒り菓子で、直径1㎝ほどの玉状。甘さ控えめで軽い口溶けがクセになる。

ソフトクリーム以外にも種類豊富な軽食類を販売

しょうゆ豆本舗

ユニークなご当地ソフトをここで

かがわ・こんぴら観光案内所に併設。名物のかまたまソフトは、うどんをそのままソフトにしたような驚きのスイーツ。

ゴールドソフト(400円)は希少糖シロップの甘さとパリパリ食感が◎

しょうがの効いたバニラソフトにねぎと醤油をトッピングしたかまたまソフト350円

かまたまソフトで地元客や観光客に話題の店

Friggitoria AL CENTRO

世界3位の職人の揚げピザ専門店

本場ナポリで、窯焼きのピッツァより歴史が古いピッツァフリッタ(揚げピザ)。揚げたてを気軽に食べ歩きで楽しめる。

豆吉本舗 こんぴら店

豆をテーマにしたみやげショップ

約80種の豊富な豆菓子が試食できるほか、伝統型染めの手ぬぐいや雑貨も販売。奥にはカフェ「ひとやすみ」も併設。

和三盆糖蜜がけソフト(450円)はコクと甘さが調和した人気ソフト

立ち寄るとさらに楽しい!定番見どころ

金陵の郷

白壁の蔵で酒の文化を学ぶ

創業寛政元(1789)年の白壁の酒蔵庫を復元した資料館。「歴史館」「文化館」に分かれていて、金比羅天狗ゆかりの大クスを取り囲むように建つ。当時の酒造道具や人形などによって酒造りの様子を紹介している。

入ってすぐの讃酒館(さんしゅかん)に設置されているビッグボトルのオブジェ

櫂(かい)入れの様子が再現されている

旧金毘羅大芝居(金丸座)

現存する日本最古の芝居小屋

天保6(1835)年に建てられた芝居小屋で、江戸時代の面影が残る内部を見学・撮影することができる。役者が宙乗りするために設置された「かけすじ」や、約500本の竹で編んだ格子状の天井「ブドウ棚」などが見事。

木造2階建て、瓦葺きの建物

廻り舞台や花道など、当時の面影を残している

筆者:mapple

まっぷる香川 さぬきうどん 高松・琴平・小豆島’19

発売日:2018年03月06日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×