トップ >  九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 佐世保・平戸 > 佐世保・ハウステンボス > 佐世保市街 > 

佐世保バーガーおすすめ7軒!本場佐世保でイチオシの店はこちら

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2022年12月22日

この記事をシェアしよう!

佐世保バーガーおすすめ7軒!本場佐世保でイチオシの店はこちら

米海軍基地があり、街並みや食文化に「アメリカ」を感じる長崎県佐世保市。
数あるグルメのなかで、本場アメリカのハンバーガーを佐世保流にアレンジした「佐世保バーガー」は、ご当地バーガーの先駆的存在です。
注文ごとに手作りするバーガーは、ボリュームもたっぷり!
この地に来たからにはぜひ食べておきたい、イチオシの7軒をご紹介します。

【長崎】佐世保バーガーとは?

昭和25年頃
古くから軍港として栄えた佐世保は、日本におけるハンバーガーの伝来地。米海軍から直接レシピを聞いてつくりはじめたのが、昭和25(1950)年頃のこと。

少々スイート
ハンバーガーの中に入った玉子焼きやオリジナルのマヨネーズは、少々甘口にしている店が多い。それが佐世保流。

できたてホヤホヤ
佐世保バーガーは、サイズも味も店ごとにこだわりがあって、どれも個性的。ただ一つ、「できたて」という点は、どの店も共通!

SASEBOバーガーマップ
JR佐世保駅構内にある佐世保観光情報センターで「SASEBOバーガーマップ」を入手して、好みの店をチェックしよう。

【長崎・佐世保バーガー×元祖】50年以上変わらない手作りの味を守る「ハンバーガーショップヒカリ 本店」

ジャンボバーガー発祥の店で、地元っ子が足しげく通う人気店。こんがりと焼き上げるパテと甘めの玉子焼き、自店製のマヨネーズは、この店ならではの味。

【長崎・佐世保バーガー×元祖】50年以上変わらない手作りの味を守る「ハンバーガーショップヒカリ 本店」

ジャンボチキンスペシャルバーガー 730円

自店製の甘めのマヨネーズが、ふわふわの玉子焼きやパテと絶妙にマッチ

 

<パテ>
数種類のスパイスが入ったパテは、肉汁を包み込んでこんがり。ガーリック風味

【長崎・佐世保バーガー×元祖】50年以上変わらない手作りの味を守る「ハンバーガーショップヒカリ 本店」

西九州自動車道佐世保中央ICの近くにある

ハンバーガーショップ ヒカリ 本店

住所
長崎県佐世保市矢岳町1-1
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス佐世保市総合医療センター入口行きで8分、終点下車すぐ
料金
ハンバーガー=420円~/特製ヒレカツバーガー=550円/スペシャルバーガー=670円/ジャンボチキンスペシャルバーガー=730円/ホットドッグ=450円/

【長崎・佐世保バーガー×元祖】昭和20年代から続く佐世保バーガーの老舗「ブルースカイ」

創業昭和28(1953)年、佐世保最古のハンバーガー専門店。味付けはケチャップとマヨネーズを使い、シンプルながらも店独自の味に仕上げている。

【長崎・佐世保バーガー×元祖】昭和20年代から続く佐世保バーガーの老舗「ブルースカイ」

ハンバーガー 430円

持ち上げたときに表が上になるよう、逆さまにして出すのがブルースカイ流

 

<パテ>
牛肉100%のパテは肉汁たっぷり

【長崎・佐世保バーガー×元祖】昭和20年代から続く佐世保バーガーの老舗「ブルースカイ」

夜のみ営業するハンバーガーショップ

ブルースカイ

住所
長崎県佐世保市栄町4-3
交通
松浦鉄道佐世保中央駅から徒歩3分
料金
ハンバーガー=400円/

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】本場アメリカのバーガーに匹敵「ログキット」

オーナーが米海軍基地内で食べた味を再現したスペシャルバーガーは、味、ボリュームともに本場並み。肉厚のベーコンと盛りだくさんの野菜が食欲をそそる。

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】本場アメリカのバーガーに匹敵「ログキット」

スペシャルバーガー 1078円

食べやすい厚さになるまでバンズを上から両手で押さえてほおばる

 

<パテ>
牛肉100%のパテは直径約15cmのビッグサイズで食べごたえがある

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】本場アメリカのバーガーに匹敵「ログキット」

1階はバイクショップで2階がバーガーショップ

ログキット

住所
長崎県佐世保市矢岳町1-12階
交通
JR佐世保線佐世保駅から佐世保市営バス相浦・日野方面行きで10分、元町下車、徒歩5分
料金
スペシャルバーガー=1058円(テイクアウト)・1078円/ハンバーガー=734円(テイクアウト)・748円/B・L・Tサンド=658円(テイクアウト)・671円/タコス=410円(テイクアウト)・418円/

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】今や定番! ベーコンエッグバーガー発祥の店「Big Man 上京町本店」

自店製のベーコンとパテ、ビタミンとミネラルが豊富な太陽卵、こくが決めてのオリジナルマヨネーズなどを使う。ベーコンエッグバーガーを誕生させた店としても有名。

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】今や定番! ベーコンエッグバーガー発祥の店「Big Man 上京町本店」

スペシャルバーガー 880円

桜の原木でじっくりとスモークした自店製のベーコンが入る

 

<パテ>
10種類以上のスパイスを使って肉のうまみを引き出す

【長崎・佐世保バーガー×ボリューム】今や定番! ベーコンエッグバーガー発祥の店「Big Man 上京町本店」

店内はカウンター2席、テーブル13席

Big Man 上京町本店

住所
長崎県佐世保市上京町7-10
交通
JR佐世保線佐世保駅から徒歩7分
料金
元祖ベーコンエッグバーガー=700円/スペシャルバーガー=800円/黒豚バーガー=750円/ステーキバーガー=1000円/佐世保バーガーKING=1450円/(テイクアウトの予約は可)

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】スパイシーなダブルパテに人気集中「ミサ ロッソ」

自店製のバンズで、ベーコン、エッグ、チーズ、2枚のパテをサンド。数種類のスパイスを混ぜ込んだパテに、こくのある甘辛ソースがマッチしている。

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】スパイシーなダブルパテに人気集中「ミサ ロッソ」

ミサモンスター 690円

気温、湿度によって毎日つくり方を変えて焼くバンズは、外はカリッと、中はふんわりとした食感

 

<パテ>
数種類のスパイスを混ぜたパテはピリ辛で風味豊か

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】スパイシーなダブルパテに人気集中「ミサ ロッソ」

住宅街にあるこぢんまりとした店

ミサ ロッソ

住所
長崎県佐世保市万徳町2-15
交通
JR佐世保線佐世保駅から佐世保市営バスまたは西肥バス大野方面行きで8分、佐世保市役所前下車すぐ
料金
ダブルミサバーガー=490円/ミサバーガー=310円/ミサモンスター=680円/ベーコンエッグチーズバーガー=520円/

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】カレーの香りに食欲をそそられる「グレイン ダイナー」

国産牛肉、有機栽培の野菜など材料に気を配った25種類のハンバーガーが味わえる。バターと卵がたっぷり入ったバンズは、併設のパン工房でその日に焼いたもの。

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】カレーの香りに食欲をそそられる「グレイン ダイナー」

カレーオムレツバーガー 550円

カレールーがかかるオムレツは、トロリとしたやさしい食感

 

<パテ>
和牛100%のパテは、つなぎに自店製のパン粉を使う

【長崎・佐世保バーガー×アレンジ】カレーの香りに食欲をそそられる「グレイン ダイナー」

カフェスタイルのバーガーショップ

グレイン ダイナー

住所
長崎県佐世保市比良町7-1
交通
JR佐世保線佐世保駅から佐世保市営バス弓張岳展望台行きで6分、東大久保入口下車すぐ
料金
カレーオムレツバーガー=480円/アボカドステーキバーガー=560円/ベーコンエッグチーズバーガー=500円/チキンタルタル南蛮サンド=750円/アボカドサラダサンド=580円/
1 2

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。