>  >  >  >  >  > 

島原のソウルスイーツ「かんざらし」

白玉粉を小さく丸めた団子を湧水で冷やし、シロップをかけて食べる「かんざらし」は、島原のご当地スイーツ。上品な甘さと、もちもちとした食感が特徴です。

【島原スイーツ×かんざらし】しまばら水屋敷

湧水を使ったかんざらしでひと息

明治初期の豪商の屋敷を民芸喫茶として再生した建物で、アーケードの中でひときわ目をひく。庭を望む縁側では、湧水を使ったかんざらしや抹茶で一服することができる。

【島原スイーツ×かんざらし】しまばら水屋敷

かんざらしセット 880円

寒ざらし、抹茶、湧水のセット

【島原スイーツ×かんざらし】しまばら水屋敷

敷地内には一日4000トンの水が湧く

しまばら水屋敷

住所
長崎県島原市万町513-1
交通
島原鉄道島原駅から徒歩8分
料金
かんざらしセット=648円/寒ざらし=324円/抹茶=540円/コーヒー=473円/

【島原スイーツ×かんざらし】しまばら湧水館

めざせ、かんざらし名人!

鯉の泳ぐまちの一角にある無料休憩所で、かんざらしの手作り体験教室を開いている。所要は30分ほどで、6人以上の参加の場合は事前の予約が望ましい。

【島原スイーツ×かんざらし】しまばら湧水館

自分でつくったかんざらしは、「島原の旅の思い出」の味

【島原スイーツ×かんざらし】銀水

復活した「かんざらし」が名物の店

大正期に創業したものの、平成9年頃に閉店した「かんざらし」が名物の店が平成28年夏に復活した。仕込む白玉は、多いときには1日2000個ほど。ねぎ焼きなどの軽食もある。

【島原スイーツ×かんざらし】銀水

かんざらし 350円

【島原スイーツ×かんざらし】銀水

浜の川湧水の隣にあり、店内の水槽では絶えず流れる湧水を利用してかんざらしを冷やす

銀水

住所
長崎県島原市白土桃山2丁目1093
交通
島原鉄道島原船津駅から徒歩10分
料金
かんざらし=350円/夫婦クリームぜんざい=450円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください