>  >  >  >  >  > 

【奄美大島】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年12月15日

この記事をシェアしよう!

【奄美大島】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

 名瀬

飲食店やショップが点在し、奄美大島の中核を成す市街地

【アクセス】
●奄美空港から:しまバス名瀬行きで50分、しまバス本社前下車、1100円
●名瀬新港から:徒歩5分の塩浜バス停から奥又小湊・田雲団地行きで4分、名瀬局前下車、120円

大浜海浜公園

マリンブルーの海が広がる公園
日本の渚百選のひとつ。園内には奄美海洋展示館があり、近海のサンゴ礁やウミガメなどの生態について、展示パネルや映像を使って解説する。ブーゲンビリアやハイビスカス、デイゴなどの亜熱帯植物が咲く遊歩道は散策に最適だ。【見る】

大浜海浜公園

白砂と、真っ青なビーチが広がる

大浜海浜公園

海の生き物の生態が学べる展示館

大浜海浜公園

住所
鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1
交通
名瀬市街からしまバス今里行きで20分、大浜入口下車、徒歩15分(GW・夏休みは大浜海浜公園まで直行便あり)
料金
入園料=無料/奄美海洋展示館=大人500円、小・中学生300円、幼児(4歳~)100円/テントサイト(1張)=300円~/

奄美観光ハブセンター

ハブとマングースの対決を観戦
奄美に生息する無数のハブを飼育している飼育場は、スリル満点。壮絶な死闘を繰り広げるハブとマングースの対決を、ビデオで常時上映している。【見る】

奄美観光ハブセンター

迫力あるハブとマングースのショー

奄美観光ハブセンター

住所
鹿児島県奄美市名瀬長浜町3-15
交通
名瀬市街からしまバス虹の丘・里行きまたは今里行きで4分、塩浜下車すぐ
料金
ハブとマングースのショー(入場料込)=500円/(ビデオ鑑賞込)

奄美市立奄美博物館

奄美についてもっと知りたい
奄美の歴史、自然、文化を紹介する。1階は島尾敏雄、国の史跡の小湊フワガネク遺跡などの資料、2階は歴史と民俗に関する展示。3階の自然科学展示室はジオラマで原生林を再現している。【見る】

奄美市立奄美博物館

リアルな標本や模型が数多く展示されている

奄美市立奄美博物館

住所
鹿児島県奄美市名瀬長浜町517
交通
名瀬市街からしまバス虹の丘・里行きまたは今里行きで8分、長浜下車、徒歩3分
料金
大人300円、高・大学生150円、小・中学生100円(20名以上の団体は大人210円、高・大学生100円、小・中学生50円)

タラソ 奄美の竜宮

自然のなかで癒しのひととき
大浜海浜公園内にあるリラクゼーション施設。奄美の海水を引き込んだ温水プールやセラピストによるトリートメントなど、自然の恵みを活かしたタラソテラピーを満喫できる。【遊ぶ】

タラソ 奄美の竜宮

ゆったりしたプールでタラソテラピーを満喫

タラソ 奄美の竜宮

住所
鹿児島県奄美市名瀬小宿716
交通
名瀬市街からしまバス今里行きで20分、大浜入口下車、徒歩20分
料金
プール利用料=1020円/トリートメント(30分)=300円~/

吟亭

悲しい時代を背景に生まれた唄
島唄の大会で数々の賞を受賞した松山美枝子さんが営む店。毎晩19時頃からライブが始まり、島唄が聞ける。その後、伝統的な八月踊りや六調などが催される。島料理がセットになったコースが人気。【食べる】

吟亭

松山さんの歌声が店内に響き渡る

吟亭

住所
鹿児島県奄美市名瀬金久町6-2
交通
ウエストコート前バス停から徒歩3分
料金
島唄コース=2000円~/おまかせコース=3000円~/

居酒屋たか

新鮮かつ豪快な島魚料理の数々
店主自ら素潜り漁や沖釣りするブダイや鯛などの島魚で作る刺身、煮物などが味わえる。大人数で注文すると一尾まるごと出てくる。コースには要予約でデザートが付く。【食べる】

居酒屋たか

奄美の海の幸がテーブルを飾る

居酒屋たか

住所
鹿児島県奄美市名瀬大熊町2-13
交通
名瀬市街からしまバス秋名経由ビッグII前行きで18分、大熊下車すぐ
料金
おまかせ料理=3000円~/地魚の唐揚げ=500円~/地魚の刺身=500円~/
1 2 3 4 5 6 7

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください