トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 霧島・えびの高原 > 霧島・妙見温泉 > 妙見温泉 > 

宮崎【霧島】自然と温泉に癒される旅

クロス編集事務所

更新日:2022年2月8日

この記事をシェアしよう!

宮崎【霧島】自然と温泉に癒される旅

霧島エリアには霧島温泉郷をはじめ、塩浸温泉、日の出温泉などたくさんの温泉地が点在する。湯めぐりをしながら、途中、自然が豊かな景観やカフェなどに寄り道しながら、霧島の温泉と自然を満喫するプラン。

モデルコース

START 宮崎自動車道宮崎IC
↓ 車25分
都城IC
↓ 車1時間10分
1.バレル・バレープラハ&GEN
↓ 車10分
2.日の出温泉きのこの里喫茶たんぽぽ
↓        ↓ 車7分
↓       寄り道 犬飼滝(滝見台)
↓ 車3分   ↓ 車6分
↓       寄り道 和氣神社
↓       ↓ 車15分
3.塩浸温泉龍馬公園
↓ 車4分
4.きりん商店
↓       ↓ 車25分
↓ 車35分  霧島神宮に行くなら、この足取り
↓       ↓ 車15分
5.地鶏炭火焼 古里庵 霧島店
↓ 車20分
6.霧島 新燃荘
↓ 車45分
GOAL 宮崎自動車道高原IC

モデルコース

旅のヒント 「バレル・バレープラハ&GEN」では焼酎の試飲ができるため、ハンドルキーパーが一人いると助かる。食事処の「地鶏炭火焼 古里庵 霧島店」はカーナビでヒットしない可能性があるため、電話での確認がベター。

1.バレル・バレープラハ&GEN

焼酎蔵見学とチェコの文化が楽しめる
焼酎用の種麹シェア日本一の河内源次郎グループが手がける、麹とチェコと焼酎のテーマパーク。工場見学ができる焼酎蔵、麹料理のレストラン、麹製品のショップがある。レストランでは本場チェコのピルスナービールが味わえる。

1.バレル・バレープラハ&GEN

レストラン「麹屋」のキーマカレー900円

1.バレル・バレープラハ&GEN

焼酎の一升瓶をモチーフにした巨大なオブジェが目印の焼酎蔵

バレル・バレープラハ&GEN

住所
鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
交通
JR日豊本線加治木駅からタクシーで15分
料金
入園料=無料/

すぐ目の前

西郷公園

日本一ビッグな隆盛像
「バレル・バレープラハ&GEN」のすぐ目の前は、人物像としては日本一大きい西郷隆盛像が立つ西郷公園。敷地内には霧島茶、焼酎、さつま揚げを扱うみやげもの店がある。

西郷公園

住所
鹿児島県霧島市溝辺町麓856-1
交通
JR日豊本線隼人駅からタクシーで20分
料金
無料

2.日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

日帰り温泉施設に併設のカフェ
天降川沿いにある日帰り温泉施設「日の出温泉きのこの里」に併設のカフェ。テーブル、カウンター、ソファー席があり、カウンター席からは天降川渓谷の眺めが楽しめる。コーヒーやケーキなどが味わえる。

2.日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

窓の向こうには天降川渓谷が。紅葉の時期にはひときわ美しい風景が広がる

2.日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

フレンチプレス式でいれたアイスカフェオレは500円

2.日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

入湯料はこちらへどうぞ

2.日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

浴場には熱湯とぬる湯の内風呂とテラスに水風呂がある

日の出温泉きのこの里 喫茶たんぽぽ

住所
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3698
交通
JR肥薩線嘉例川駅から妙見路線バス隼人駅行きで4分、日之出温泉下車すぐ
料金
アイスカフェオレ=500円/グァテマラ=430円/モカ・クラシック=460円/ブラジル=460円/アメリカンコーヒー=430円/

もうひと足のばして寄り道しよう

犬飼滝(滝見台)

坂本龍馬も眺めた大迫力の瀑布
霊峰高千穂峰をバックに流れ落ちる高さ36m、幅22mの滝。かつて坂本龍馬も眺めたという瀑布で、龍馬が姉の乙女に宛てた手紙には「蔭見の滝」と記されていた。道路脇に滝見台がある。

犬飼滝(滝見台)

滝の近くまで遊歩道が整備されている

犬飼滝

住所
鹿児島県霧島市牧園町下中津川
交通
JR肥薩線嘉例川駅から妙見路線バス隼人駅行きで12分、雅叙苑前下車、徒歩20分
料金
情報なし

和氣神社

神の使いのイノシシが神社を守る
奈良時代に天皇の位をうかがう道鏡を退けたため、大隅國に流された和氣清麻呂を祀る。特徴的なのは、清麻呂を護衛したといわれるイノシシに由来して、狛犬のかわりに狛猪が鎮座していること。4月中旬から5月初旬には、神社前の和気公園に23種約100本のフジの花が咲く。

和氣神社

坂本龍馬夫妻が霧島での新婚旅行の際に訪れた地としても有名

和氣神社

イノシシが刺客から清麻呂を守ったという古事から、神社を守るのは狛猪

和氣神社

清麻呂がイノシシに連れられて行った霊泉で足の負傷を治したという言い伝えから、健康祈願に訪れる人が多い

和氣神社

住所
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
交通
JR肥薩線嘉例川駅からタクシーで15分
料金
情報なし

3.塩浸温泉龍馬公園

坂本龍馬が入浴した歴史ある温泉が公園に
坂本龍馬が妻のお龍と湯治に訪れたという温泉地で、現在は、日帰り入浴施設と無料で利用できる「龍馬とお龍の縁結びの足湯」や龍馬資料館「この世の外」などがある公園として整備されている。敷地内にある「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」は、記念写真スポットとして人気。

3.塩浸温泉龍馬公園

「龍馬とお龍の縁結びの足湯」というネーミングから、よいご縁に恵まれそうな足湯

3.塩浸温泉龍馬公園

川沿いにあり、ドライブの途中の休憩スポットとして使い勝手がいい

3.塩浸温泉龍馬公園

初々しい新婚カップルの雰囲気がよく出ている「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」

塩浸温泉龍馬公園

住所
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606
交通
JR肥薩線嘉例川駅から徒歩4分の嘉例川バス停から鹿児島交通霧島いわさきホテル行きバスで4分、塩浸温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人380円、小学生150円/(資料館は大人200円、小学生100円)

九州・沖縄の新着記事

ハウステンボスに世界最大級のミッフィー専門店、 体験型ショップ&カフェ「nijntje ナインチェ」がオープン!

2022年12月1日(木)に、ハウステンボスにミッフィーグッズ専門店「ディック・ブルーナ・ショップナインチェ」とミッフィーグルメが楽しめるカフェ「ナインチェ・カフェ」を、「nijntje ナインチェ」...

伊江島観光のポイントはこれ!フェリーに乗って沖縄本島から日帰り旅をしよう♪

沖縄本島からフェリーで約30分、気軽にプチ船旅を楽しめる伊江島。 島の交通手段や、ランチ情報、見どころなど、伊江島観光のポイントをこちらの記事ではご紹介します。 沖縄美ら海水族館周辺から見える...

保戸島名物ひゅうが丼を求めて津久見の小さな島へ。 日本のナポリと呼ばれるマグロ漁が盛んな島の魅力を深堀り!

大分県津久見市の津久見港からおよそ14kmの豊後水道に浮かぶ保戸島は、周囲4km、人口約600人の小さな島です。 明治中頃にはじまったとされるマグロ漁の延縄(はえなわ)漁業という手法により、マグロ漁...

鹿児島有数のパワースポット溝ノ口洞穴のある曽於市へ! 牛&豚の絶品グルメの店と人気道の駅もご紹介

鹿児島県大隅半島の北部、宮崎県都城市との県境に位置する曽於(そお)市。 神秘的な溝ノ口洞穴があることでも最近話題になっています。 また曽於市は、黒牛、やごろう豚などのブランド肉や、鹿児島茶など...

八女の観光ナビ 展望所から眺める茶畑の絶景や、話題の八女茶カフェをご紹介

福岡県の南部に位置する八女市は、お茶の生産地としても有名です。 広大な茶畑、老舗の製茶問屋、お茶が楽しめるカフェなどがあり、観光人気がじわじわと高まっている八女の魅力をご紹介します! 八女福島...

地域の推しを全力応援 <九州・沖縄>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われる福岡PayPayドーム(福岡ドーム)! この記事では福岡PayPayドーム(福岡ドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル...

博多の朝ごはんスポット6選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は博多で人気の朝ごはんスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に」...

福岡のおすすめ秋デートスポット20選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

福岡の秋を思う存分味わえるおすすめのデートスポットをご紹介します。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 秋にしか出会えない鮮やかな紅葉や可憐なコスモス畑。福岡...

これは旅に行きたくなる…!「行こうぜ!ニッポン!」松本潤さんが訪れた九州編の聖地スポットまとめ!

嵐の松本潤さんが出演するJALの新CM「行こうぜ!ニッポン!」放送に伴い、8月21日よりJALのYoutube公式チャンネルにてWEB動画が掲載されています。 以前、嵐の櫻井翔さんが青森を訪れた...
もっと見る

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!