コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【沖縄・西海岸】おすすめ!絶景岬の見どころをチェック!

【沖縄・西海岸】おすすめ!絶景岬の見どころをチェック!

by mapple

更新日:2018年5月19日

エメラルドグリーンの青い海が織り成す景色は、その時どきで違った表情を見せてくれる。万座毛をはじめとする西海岸の岬で、すばらしい景色を堪能したい。

西海岸には絶景岬が点在

西海岸エリアを走る国道58号の周辺には、岬やビーチなどのビュースポットが数珠つなぎに連なる。海を眺めながらドライブするのは最高!

日没時刻をチェック

※万座毛周辺の2018年各月1日の予想データです。(海上保安庁HPより)

1月 17:48
2月 18:11
3月 18:30
4月 18:46
5月 19:01
6月 19:18
7月 19:26
8月 19:16
9月 18:49
10月 18:16
11月 17:47
12月 17:36

万座毛や残波岬はサンセットスポットとしても有名。大海原に太陽が沈む光景は、まるで1枚の絵のよう。太陽が沈んだあとも赤から紫に変化する空の色が楽しめる。

万座毛

思わず歓声が上がる!七色に輝く海のナイスビュー
サンゴの森が広がるエメラルドグリーンの海と、迫力あふれる琉球石灰岩の断崖からなる雄大な景色が広がり、古くから観光名所として知られる。夕暮れどきも格別で、刻々と海の色合いが変わっていくさまが美しい。天然芝で覆われた崖の上には遊歩道が整備されている。

海岸の断崖の先が象の鼻のように見えるのが特徴

岬NAVI

所要時間 30分
遊歩道は1周約10~20分。那覇から車で行く場合は、国道58号の恩納交差点で左に曲がり、その後、万座毛入口交差点を左折して約800m。観光シーズンには駐車場が混雑するので注意。

2つの岩をしめ縄が結ぶ夫婦岩が見える。カップルに人気の撮影ポイント

対岸に白浜が美しいANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートが見える

超有名なサンセットスポット

琉球石灰岩でできた一帯に自生する植物群落は県の天然記念物

駐車場の両側には、沖縄らしいみやげ物を売る店が並ぶ

万座毛よりみちスポット

●展望レストラン 美ら海
窓の外の海景色を眺めながら、できたての紅いもタルトや紅いもを使ったスイーツなどが味わえる。御菓子御殿 恩納店の2階にある。

紅いも生タルト(1個)172円、紅いもショコラ302円でブレイクしよう

●琉球銘菓 三矢本舗 恩納店
沖縄に数店舗を出店するサーターアンダギー店の本店。黒糖やかぼちゃなど8種類のサーターアンダギーと、焼き菓子などを販売する。

紅いも味(1個)90円

残波岬

紺碧の海に白い灯台が映える
切り立った断崖が2㎞にわたって続く岬。白い灯台がそびえるダイナミックな景観が広がる。周辺は残波岬いこいの広場として整備され、遊歩道やレストランが設けられている。

岬の突端に建つ白い灯台

岬NAVI

所要時間 30分
遊歩道は写真を撮ったりしながらじっくりまわって所要30分ほど。灯台に上がるなら1時間は見ておきたい。岬の手前に270台収容の無料駐車場がある。

残波岬灯台
灯台の中の階段を上ること5分。パノラマ展望台からは天気が良ければ本部半島、伊江島、慶良間諸島などが見渡せる。
9:00〜16:00(5〜9月は9:30〜16:30)、無休、入場料200円

残波ビーチで遊んだあとに、バーベキューもできる!

広場には約9mもの高さを誇る残波大獅子の姿が

琉球王国時代に中国への初の進貢使となった泰期の像。商売の神様ともいわれる

灯台と夕日が織り成す光景は絶好の撮影タイム

真栄田岬

展望台から透き通る海を見渡す
断崖の上にある展望台からサンゴ礁が見えるほど透き通った海が広がり、階段で海のすぐ近くまで下りることができる。ダイビングやシュノーケリングのスポットとしても人気が高い。

透明度バツグンの青い海が広がる

岬NAVI

所要時間 30分
展望台のそばには軽食店やシャワールームを整備。近くに本島屈指のシュノーケリングスポット、青の洞窟があり、手ごろなガイド付きツアーも充実している。

青の洞窟はここからすぐ

部瀬名岬

身近に海を感じることができる
沖縄サミットの開催地になったことから知名度の高い部瀬名岬。岬一帯は公園として整備され、ブセナ海中公園やリゾートホテル、絶景カフェなどが集まっている。

営業時間・定休日:施設により異なる
住所:名護市喜瀬1744-1
交通:許田ICから5km
駐車場:無料

岬NAVI

所要時間 1時間
200台収容の無料駐車場のほか、公園内には無料のシャトルバスが運行している。潮風を感じながら桟橋を歩くのも楽しい。

桟橋の先にあるのが海中展望塔

筆者:mapple

まっぷる沖縄’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×