トップ > 関西 > 京都 > 京都・宇治 > 金閣寺・嵐山・高雄 > 大徳寺・鷹峯 > 

【京都】日本初のヒルトン・ラグジュアリーブランド「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」が開業 画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

この記事をシェアしよう!

【京都】日本初のヒルトン・ラグジュアリーブランド「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」が開業

2021年9月16日(木)、京都の市街地からほど近く自然豊かな洛北の地に、ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resortsがオープン!

ヒルトングループ初の京都、ヒルトンのラグジュアリーブランド「LXR ホテルズ&リゾーツ」としてアジア太平洋地域での初進出となるホテルです。

ホテルが位置する鷹峯エリアは、400年以上前に本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が芸術村を築き上げ、才能ある芸術家を世に輩出してきた琳派(りんぱ)発祥の地。

その歴史や背景、また豊かな自然に囲まれた環境から、「Dive into Kyoto」をコンセプトに、リゾートでの滞在を通して知る人ぞ知る京都の魅力を存分に体感できる施設となっています。

全114室、5タイプの客室

全114室の客室は5つのタイプから成り、客室の広さは平均50㎡以上。
前面に広がる大きな窓から鷹峯三山「鷹ヶ峰(たかがみね)」「鷲ヶ峰(わしがみね)」「天ヶ峰(てんがみね)」の雄大な景色が望めるようになっています。

インテリアデザインは、アジアを拠点とし世界有数のリゾート地でラグジュアリーホテルを手掛けた実績を数多く持つインテリアデザイナー、BLINK Design Groupが手掛け、本阿弥光悦の芸術村から発想を得た「Artist residence(アーティスト レジデンス)」をテーマに、日本の素材が持つ魅力と職人技の巧妙さをシンプルに表現しています。

<デラックス>

スタンダードな客室で、広さは50㎡。客室の位置によって鷹峯三山や、京都に自生する植物を中心に配した中庭、自然の景観を映し込む水盤などを眺めることができます。

<プレミアデラックス>

最上階のプレミアムフロアに位置する50㎡の客室で、一部の宿泊客に限りアクセスできる夕方のTea House利用を始めとする、滞在をより贅沢に充実した内容にする様々な特典が付きます。

<ガーデンデラックス>

プライベートガーデンを有した客室で、客室のお風呂は天然温泉。目の前の景色を愛でながらゆったりと読書を楽しんだり、湯船に浸かってリラックスしたり、思い思いの過ごし方で充実した時間を過ごせます。

<プールサイドデラックス>

THE ROKU SPAに一番近い位置にあり、客室のプライベートテラスからサーマルプールへ直接アクセスすることができます。フィットネスやスパトリートメントと合わせて、ウェルネスにたっぷりと浸る滞在が可能です。

<スイート>

ROKU KYOTOを代表する2室は、各100㎡の広々した空間。バスエクスペリエンスの演出や客室内のアートワーク、アメニティ、備品など細部にこだわり、最上級の滞在を楽しめます。天神川越しに山麓を望むROKUスイート、鷹峯三山の頂を望むPEAKスイート、それぞれで異なる四季折々の景色を堪能することができます。

<スイート>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)
<スイート>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

五感を刺激する唯一無二のレストランTENJIN(テンジン)

五感を刺激する唯一無二のレストランTENJIN(テンジン)
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

「自然・芸術・料理」をモチーフに、本阿弥光悦の琳派から着想を得て、型にはまらない美しさを追求したフレンチを楽しむことができます。

また、テラスに面した“Engawa”やテラス席のすぐ下には天神川が流れ、川のせせらぎを聴きながらの食事も格別です。

<シェフズテーブル>

ROKU KYOTOのシェフたちの調理や盛り付けを目の前で見ながら食事を楽しむことができます。ディナータイムのみのオープンで、シェフズテーブル限定のコースも。

<オールデイダイニング>

<オールデイダイニング>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

季節の味覚や地元野菜にこだわったオールデイダイニングでは、ブレックファーストからランチ、ディナーまでフレンチをベースとしたコースまたはアラカルト料理を楽しめます。店内のインテリアは「竹」をテーマにアートワークが施された空間で、天気が良い日はEngawaやテラス席もおすすめ。

<バー>

<バー>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

水盤に面した幻想的な空間では、カフェタイムにはアフタヌーンティーセットを中心としたメニュー、夜は酒類や軽食を中心としたメニューが用意されています。風に揺れる水面を眺めながら贅沢な時間を過ごせそう。

自然に溶け込む癒しのスパTHE ROKU SPA(ザ ロク スパ)

自然に溶け込む癒しのスパTHE ROKU SPA(ザ ロク スパ)
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

雄大な自然の景観を生かした「THE ROKU SPA」はホテルの北側に位置し、御土居と鷹峯三山に囲まれ、最も洛北の空気を感じることができる空間です。
自然の恵みを感じる事で、本来の自分のエネルギーバランスを整え、心と身体を安らぎの時間へと導きます。

<サーマルプール>

<サーマルプール>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

ホテルが位置するしょうざんリゾート京都から湧き出る天然温泉を使用した屋外のサーマルプールは、年間を通じて利用可能。サーマルプールから臨む鷹ヶ峰の雄大な景色と周囲の静けさにより、非日常感を味わうことができます。

<フィットネス>

<フィットネス>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

ホテル内にありながら、目の前に広がる雄大な景色と一体となって運動・トレーニングに集中できる、24時間使用できるフィットネス。この土地ならではの環境を存分に活かしたメディテーションやヨガなど、アクティビティとの組み合わせも可能です。

<トリートメントルーム>

<トリートメントルーム>
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

自然哲学の思想をこの土地が持つ自然の恵み「KYOTO ELEMENTS」で形成し、ボディ・マインド・スピリットへホリスティックにアプローチするオリジナルトリートメント。
水引や和紙、切麻(きりぬさ)、唐櫃(からひつ)など、この土地のみでしか体感する事のできない自然のアイテムを取り入れ、アロマはホテルのシグネチャーツリーでもある北山杉からインスピレーションを受け、シダーウッドベースでブレンドされたオリジナルアロマオイルです。

様々なコースがあり、スパメニューとアクティビティを組み合わせたり、30日間、20日間、10日間の長期プランで「KYOTO ELEMENTS」にたっぷりと浸る体験もいいですね。

その他施設

Tea House(ティーハウス)

Tea House(ティーハウス)
画像:PR TIMES(東急リゾーツ&ステイ株式会社)

オリジナルブレンドのお茶やドリンク類を好きな時間に楽しめるTea House。ティーセレモニーなどの各種イベントやアクティビティが開催される予定です。17時~18時30分の間は一部の宿泊客限定のエクス​クルーシブな空間に。

施設情報

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts

京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1

JR東海道線「京都」駅から車で約30分、京都市営地下鉄「北大路」駅から車で約15分

公式HP
Facebook
Instagram

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください