トップ > 国内 > 

【2021年のお盆休みの過ごし方】第8位:キャンプをする

【2021年のお盆休みの過ごし方】第8位:キャンプをする

数年前からじわじわとブームになっていたキャンプですが、3密にならずに自然を満喫できると、ここ最近ますます注目を集めています。

テントを張ったり火をおこしたり、一見するとハードルが高そうな遊びですが、これらの問題は、ワンタッチで設営完了のテントや高性能な着火剤などを使えばOK。迷ったときは現地のスタッフさんやインターネット動画が教えてくれるので、実は拍子抜けするほど簡単なのです。

非日常を手軽に味わえるキャンプは、忘れられないお盆休みの思い出となることでしょう。

【2021年のお盆休みの過ごし方】第9位:サイクリングを始める

【2021年のお盆休みの過ごし方】第9位:サイクリングを始める
写真:123RF

数年前から「満員電車を避けて、自転車通勤に切り替えました」という人の話を聞く機会が増えました。当初は「お仕事の前に運動するなんて疲れるでしょ?」という声もありましたが、ここ最近は新型コロナウイルスの影響で、たとえ通勤時でも、可能な限り人が密集しているような場所は避けたいという意見が多く聞こえてきます。

これまで電車で通っていた場所へのロングライド。すぐに実行するのはなかなか難しいですが、そこを目標に設定したサイクリングを始めてみるのはいかがでしょうか。

もちろんテレワーク中心で働いている方にもおすすめです。

【2021年のお盆休みの過ごし方】第10位:ドライブをする

【2021年のお盆休みの過ごし方】第10位:ドライブをする
画像:123RF

公共交通機関を使わないドライブは、、感染リスクを減らして人出の少ないスポットへ行くことができる格好の手段です。車内にいる限りはマスクは不要、荷物もたくさん持っていけます。

車載用のスマホ充電器(家族で同時に使うならUSBポート数の多いもの)のほか、おみやげ用クーラーボックスや、立ち寄り温泉を見つけたときのために入浴用品もあれば完璧です!

2021年のお盆休みを楽しく過ごそう

昨年と同じように、遊びの計画を立てるのが難しいお盆休み。少し不自由かもしれませんが、いつもだったらやらなかったこと・やれなかったことに挑戦する機会を得られたと考えることもできます。

ドアというドアを開けなくても、夏はやってきて、いつの間にか秋になってしまいます。

1度きりの2021年のお盆休みをめいっぱい楽しみましょう!

1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > 国内 > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください