>  >  >  >  >  【呼子】イカ尽くし!本場の活け造りはココがスゴイ!

【呼子】イカ尽くし!本場の活け造りはココがスゴイ!

【呼子】イカ尽くし!本場の活け造りはココがスゴイ!

荒波が立つ玄界灘に面し、海の幸に恵まれた港町呼子。小さな港町を一躍有名にしたのが、生け簀から揚げたばかりの鮮度抜群のイカをすばやく調理した活造りだ。皿の上でウネウネと動くイカには、思わず感嘆してしまう。食事を楽しむとともに、イカみやげがそろう朝市やイカにまつわるスポットもチェックしよう。

めざせイカ通への道!

呼子のイカってどんなイカ?

種類
呼子のイカの活造りはおもにケンサキイカ(ヤリイカ)、ミズイカ(アオリイカ)を使う。甘みが強いケンサキイカは、とくに人気が高い。


ケンサキイカの旬は5月から10月ころで、多くの観光客がこの時期をねらって訪れる。ミズイカの旬は10月から2月。

値段
イカの活造りは定食やコースで出され、だいたい一人前3000円前後が相場。イカを使ったサイドメニューなどもあり、コストパフォーマンスは◎。

呼子のイカってどんなイカ?

ケンサキイカ

呼子のイカってどんなイカ?

ミズイカ

町で見かけたアレなぁに?

呼子はさすがイカの町だけあって、いたるところでイカを発見。イカを乾燥させる機械、通称「いかぐるぐる」や一夜干しのイカが風に揺れる様子が見られる。

町で見かけたアレなぁに?

イカの一夜干し

町で見かけたアレなぁに?

いかぐるぐる

どうやって食べる?

新鮮なイカは、やっぱり活造りで食べるのがいちばんおいしい。そのほか、ゲソ(イカの足)を揚げた天ぷらやイカの身が入ったしゅうまいも定番。しゅうまいはみやげにもぴったりで、喜ばれること請け合い。

何か気をつけることは?

予約は無理かも
通常は予約ができる店でも、混雑が予想される時期は、例外的に予約できない場合があるので注意しよう。

行列ができているかも
週末は行列ができることが多く、早い人は開店時間の1時間ほど前から並びはじめる。店によっては様子を見て早めにオープンすることも。

旬をちゃーんとチェックして
食べたいイカの旬の時期は、事前にしっかり確認を。先に店に連絡して聞いておくと安心だ。

何か気をつけることは?

いか本家 いそ浜別館

活きイカのゲソのおどり食い!
ウネウネと動くイカのゲソをそのまま口に運ぶおどり食いは、この店独自のもの。舌に張り付く吸盤のなんと力強いこと! イカの活造りに、いかギョーザや刺身などが付く本家定食(3780円)は人気がある。

いか本家 いそ浜別館

写真は2人前。重さで決まるため、一人一杯とは限らない

ココがスゴイ!
身は透明で、表面はキラキラ輝いている
コリッとした食感と甘みは本場ならでは
吸盤をさわると、くっついて離れない!

いか本家 いそ浜別館

ココがスゴイ!
さわると色が赤く変化する

いか本家 いそ浜別館

呼子大橋を望む海沿いに建つ

いか本家 いそ浜別館

住所
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦2039-23
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス呼子(岩野)行きまたは湊(みなと園)(相賀)行きで47分、呼子で昭和バス加部島行きに乗り換えて8分、呼子大橋下車すぐ(タクシーでは24分)
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(閉店17:00)、土・日曜、祝日は10:00~18:00(閉店19:00)、いずれも時期・状況により異なる
休業日
不定休
料金
いか活造り定食=2700円/本家定食=3780円/いかギョーザ=540円/ 平均予算(昼):2700円, 平均予算(夜):2700円

いか本家いそ浜別館の「イカ活造り」を実食レポート

ゲソのおどり食いが名物!

1.注文

1.注文
1.注文

スタンダードなイカ活造り定食(2700円)を注文。全8品の充実した内容に、即決!

2.イカ登場

2.イカ登場

はじめて見る呼子のイカにビックリ! 本当に身が透き通ってる~

3.ゲソのおどり食い

3.ゲソのおどり食い

イカの活造りを運ぶと、スタッフがテーブルに置かれたハサミを手にスタンバイ

3.ゲソのおどり食い

ゲソの付け根の部分から大胆にカット。自分で切ることもできる

3.ゲソのおどり食い
3.ゲソのおどり食い

ハサミでゲソを切っても足がうごめく様子がおもしろい。鮮度は申し分なし!

4.定食を楽しむ

4.定食を楽しむ

旬の産物を使った小鉢などが付く定食を満喫。季節によって内容は替わる

5.姿とゲソを残す

刺身を堪能したところで、スタッフが皿を引く

5.姿とゲソを残す

BEFORE

5.姿とゲソを残す

AFTER

6.最後は天ぷらで!

6.最後は天ぷらで!

イカ活造りと小鉢でおなかいっぱい・・・と思いながらも、サックリと揚がった天ぷらはペロリといける

大和

イカはもちろん、玄界灘の魚介が豊富
海水を利用した生け簀にオコゼ、鯛、ヒラメなど玄界灘の魚が泳ぐ。定番メニューのいか活造り定食(2550円)や、旬の魚介がのる「お刺身盛り合わせ」(1260円~)は人気が高い。

大和

いか活造りえび味噌汁定食 2980円
深い味わいのエビの味噌汁が付く

大和

店内の生け簀には伊勢エビが泳ぐ

大和

住所
佐賀県唐津市鎮西町名護屋1445-4
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス玄海エネルギーパーク(循環<大手口>)行きで30分、鎮西市民センター前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00(閉店19:00、イカの入荷状態により変更の場合あり)
休業日
不定休(12月31日~翌1月2日休)
料金
いか活造りえび味噌汁定食=2980円/いか活造り定食=2550円/いか丼定食=1180円/お刺身盛り合わせ=1260円~/ 平均予算(昼):2500円, 平均予算(夜):2500円

漁火

活きイカとプラスワンの美味
イカの活造りがメインのイカコースは、イカしゅうまい、茶碗蒸し、吸い物、デザートなどが付く充実した内容。その日に仕入れた魚介を使った一品メニューにも注目したい。

漁火

イカコース 3020円
活造りを食べたあと、残ったゲソは定番の天ぷらで味わうことができる

漁火

イカとイクラをたっぷりのせたイカ丼(1720円)は、ゴマだれをかけて味わう。吸い物、茶碗蒸し、漬け物がセット

漁火

店内はテーブル席と座敷がある

漁火

呼子大橋を望む高台に建つ

漁火

住所
佐賀県唐津市呼子町呼子1467-1
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス呼子(岩野)行きまたは湊(みなと園)(相賀)行きで47分、呼子で昭和バス呼子台場みなとプラザ行きに乗り換えて5分、呼子ロッヂ前下車すぐ(タクシーでは25分)
営業期間
通年
営業時間
10:00~15:00(閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は振替休あり、要確認(1月1日休)
料金
日替わりランチ(平日のみ)=1000円・1600円/イカコース=3020円/イカ丼=1720円/さしみ定食=2940円/ 平均予算(昼):2000円

お魚処 玄海

創業40年を超える活魚店が出すイカ活造り
活魚の卸売りを本業とする主人が営む店だけに、魚介の活きのよさは抜群。イカの活造りのほか、玄界灘産の活魚「吟さば」や「吟あじ」、鯛、ウニ、アワビなどが品書きにのぼる。

お魚処 玄海

魚づくし会席 小潮 3240円
イカの活造りに刺身や小鉢などが付く。その時期にいちばんおいしいイカを使う

お魚処 玄海
お魚処 玄海

イカのゲソは天ぷら、刺身、煮付け、塩焼きの好みの料理がオーダーできる。イカしゅうまいは430円

お魚処 玄海

名護屋湾を望む1階の座敷席

お魚処 玄海

創業昭和44(1969)年の活魚店

お魚処 玄海

住所
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦508-3
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス呼子(岩野)行きまたは湊(みなと園)(相賀)行きで47分、呼子で昭和バス波戸岬行きまたは唐津青翔高校前(名護屋城址・串・値賀)行きに乗り換えて6分、伊達政宗陣跡下車、徒歩5分(タクシーでは23分)
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店20:00、17:00~は要予約)、火曜は~15:00(閉店16:00)
休業日
無休(年末年始休)
料金
魚づくし会席「小潮」=3240円/吟さば=時価/イカ定食=2700円/イカしゅうまい=430円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):2000円

海鮮門 いか太郎

イカ活造りからアレンジデザートまで
いか活造り定食Bは、イカの活造りにウニごはん、イカしゅうまい、日替わりの小鉢2種類とイカ墨を使ったデザートがセットになった満足のいく内容。日曜と祝日はメニューが替わることがある。

海鮮門 いか太郎

いか活造り定食B 3380円
料理には季節の草花を添えて出す

海鮮門 いか太郎

定食の最後は、イカ墨で風味付けしたコーヒーゼリーのデザートが出る

海鮮門 いか太郎

掘りごたつ席と座敷があり、海を眺めながら食事ができる広い窓が特徴

海鮮門 いか太郎

住所
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1946-2
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス呼子(岩野)行きまたは湊(みなと園)(相賀)行きで47分、呼子で昭和バス加部島行きに乗り換えて8分、呼子大橋下車すぐ(タクシーでは24分)
営業期間
通年
営業時間
11:30~20:30(閉店21:00、変更の場合あり)
休業日
無休
料金
いか活定食(期間限定)=2680円/いか活定食A=2980円/いか活定食B=3380円/活イカ丼=2200円/ 平均予算(昼):2700円, 平均予算(夜):2700円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる佐賀 唐津・呼子・有田・伊万里」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×