>  >  >  >  >  > 

岡山【備中松山城】雲海に浮かぶ天空の山城 by fotolia - ©photojapan

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年7月26日

この記事をシェアしよう!

岡山【備中松山城】雲海に浮かぶ天空の山城

山上の城が雲海に浮かんでいるように見える「天空の城」は今や大ブーム。全国一高所にある山城、備中松山城で大満足の“天空体験”を味わってください。

備中松山城ってこんなところ

備中松山城ってこんなところ

天守の残る日本一高い山城
標高430mと天守が現存する城郭としては最も高所に建つ。山陰と山陽を結び、東西の主要街道が交差する要所であったことから、戦国時代には争奪戦が繰り広げられ、目まぐるしく城主交代が繰り返された歴史をもつ。現存の城郭は、天和3(1683)年に、当時の城主の水谷勝宗が三年がかりで大改修したもので、天守、二重櫓、土塀の一部が重要文化財に指定されています。

備中松山城をさくっと知っておこう!
・ 日本三大山城のひとつで、天守が残る唯一の山城
・ 天守は江戸時代初期の建造
・ 天然の岩盤の上に直接 積み上げられた石垣と城壁が圧巻

備中松山城までのアクセス方法

<車>
城見橋公園の駐車場に車を停めたら、登城整理バス(※1)でふいご峠に向かおう。運休の場合はふいご峠まで車で上がれる。

<電車>
予約制の乗合タクシーや、4・5・9~11月の土・日曜、祝日のみ運行のバスがある。城見橋公園へは市内循環バスで高梁運動公園下車、徒歩20分で通年アクセスが可能。

八合目のふいご峠まではこれがオススメ

【JR備中高梁駅 ふいご峠】
観光乗合タクシー
JR備中高梁駅の西出口すぐにある高梁市観光案内所から出発。前日17:00までの予約制。
高梁市観光案内所発9:50/ 11:20/12:50/14:20
ふいご峠発11:40/13:10/14:40/16:10 3500円(片道)
問い合わせ/高梁市観光案内所 0866-22-8666

【城見橋公園 ふいご峠】

登城整理バス
備中松山城の開城時間に合わせて15分間隔で運行する。運休日もあるので運行状況については高梁市観光協会のホームページで確認を。
登城整理料400円(往復)
問い合わせ/高梁市観光協会 0866-21-0461

備中松山城観光ガイドinfo

備中松山城観光ガイドinfo

【備中松山城コース・城下町コース(頼久寺、高梁基督教会堂、武家屋敷など)】
開催:随時
料金:1グループ2時間3000円、以降1時間ごとに1000円

【山田方谷ゆかりの地を歩くコース(2018年3月まで)】
開催:毎週日曜
料金:参加無料

(問い合わせ)高梁市観光協会 0866-21-0461

備中松山城の見どころ1.登城口

備中松山城の見どころ1.登城口

ぐるっとまわって2時間30分
八合目のふいご峠駐車場脇にある登城口から出発しましょう!

備中松山城の見どころ2.山道

備中松山城の見どころ2.山道

城郭までの道のりは約700m。山道や石段が続くので歩きやすい服装や靴で行きましょう。途中で野生のサル(天然記念物)に遭遇しても冷静に対処してくださいね。

備中松山城の見どころ3.大手門跡

備中松山城の見どころ3.大手門跡

天守をめざして歩いていくと現れる巨大な石垣。天然の岩盤と人工の石垣の見事な合作は、山城の防御の要でもあった場所です。

備中松山城の見どころ4.三の平櫓東土塀

備中松山城の見どころ4.三の平櫓東土塀

四角い矢狭間と丸い筒狭間を備えた三の平櫓東土塀は、白と黒のコントラストが印象的。一部が現存のもので、残りは復元されたものです。

備中松山城の見どころ5.天守

備中松山城の見どころ5.天守

現存する天守12城の中で最も標高が高い位置にあるが、天守自体の高さは約11mと最も小さい。木造本瓦葺き二層二階の層塔式の天守は、三層に見えるような意匠を施されています。内部には囲炉裏や装束の間、御社壇なども見ることができます。

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください