>  >  >  >  >  >  大分【杵築】江戸時代を彷彿とさせる城下町

大分【杵築】江戸時代を彷彿とさせる城下町

大分【杵築】江戸時代を彷彿とさせる城下町

北台と南台に武家屋敷、その谷間に商家が連なり、往時の面影を残す杵築の城下町。着物でゆっくり城下町を歩いて、江戸時代にタイムスリップした気分を味わおう。

こんなところです!

江戸時代に3万2千石の城下町として栄えた。往時の名残を彷彿とさせる石畳の坂や武家屋敷が見られ、現在は「着物が似合う城下町」をテーマにまちづくりを行う。

問い合わせ
杵築市商工観光課 0978-62-3131
杵築市山香振興課 0977-75-2401

ACCESS
電車 JR大分駅→JR日豊本線 ●所要時間/40分 ●料金/650円→JR杵築駅
電車 JR大分駅→JR特急ソニック ●所要時間/22分 ●料金/1790円→JR杵築駅
 日出バイパス 日出IC→10号線、644号線 約8km●所要時間/10分→JR杵築駅

杵築駅から町の中心部までのアクセス
JR杵築駅から国東観光バス新道経由杵築バスターミナル行きで11分

めぐり方のポイント

町に多くある石畳の坂は車の乗り入れができないので、共同の駐車場に車を停めて散策するのがベター。場所によっては駐車場の利用時間が決まっているので必ず確認しよう。

散策前の下準備

レンタルきもの和楽庵

自分好みの着物選び
300着以上の着物と100本以上の帯をそろえ、好みの柄や色を選んで着付けをしてくれる。着物のレンタルのほかに和傘や髪飾りなどの貸し出し、小物の販売も行う。

おトク情報
杵築市では着物を着て散策すれば、公共の観光施設の入館が無料になり、市内約23店舗での食事割引、粗品進呈などの特典が付く。

レンタルきもの和楽庵

色とりどりの着物は男性用もある。夏は浴衣が登場

レンタルきもの 和楽庵

住所
大分県杵築市杵築372-4
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス新道経由杵築バスターミナル行きで8分、杵築市役所下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00、レンタル着物受付は~14:00
休業日
無休(12月29日~翌1月3日休)
料金
着物レンタル(着付け・足袋込)=3000円/レンタル品(バッグ・髪かざり・和傘)=各種100円/

酢屋の坂

城下町を象徴する坂道
商家が連なる町と北台武家屋敷を繋ぐ酢屋の坂は、坂の下に酢屋があったことからこの名が付いた。扇形に広がる石畳の坂には灯篭が置かれ、夕暮れになると灯りがともる。坂の上から眺める石畳と土塀、商家が調和した風景は足が止まるほど美しい。

酢屋の坂

和服姿が映える石畳の坂

酢屋の坂

住所
大分県杵築市杵築
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

磯矢邸

庭園を楽しめる工夫が施された屋敷
藩主の休息所である御用屋敷の一部に使われていた。玄関を上がってすぐに客間、さらに奥に進むと主人の間があり、開け放たれた障子枠から手入れの行き届いた庭園を望む。

磯矢邸

主人の間は襖と障子を外すと180度庭園を見渡す造り

磯矢邸

住所
大分県杵築市杵築211-1
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
無休(12月29日~翌1月3日休)
料金
入場料=大人200円、小人100円/杵築城・大原邸・きつき城下町資料館・佐野家・重光家・一松邸・磯矢邸共通券=800円/(団体30名以上は大人160円、小人80円、障がい者手帳持参で半額)

きつき衆楽観

酒蔵を改装した観光センター
九州を拠点に活動している劇団の大衆演劇を公演。物産品の販売や観光案内所、レストランなどもある。

きつき衆楽観

1階に物産所、2階に食事処を併設している

きつき衆楽観

住所
大分県杵築市杵築398-1
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、杵築市役所下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館)、土・日曜は~21:00(閉館)
休業日
毎月末日(臨時休あり、12月26~31日休)
料金
観劇料=1700円/(障がい者は200円引)

杵築城

日本一小さい城!?
木付頼直が応永元(1394)年に築城。正保2(1645)年に松平氏が入城して十代を守った。現在は本丸、二の丸、三の丸の石垣や濠の一部が残り、昭和45(1970)年築造の天守閣が建つ。

杵築城

別名「勝山城」とも呼ばれる

杵築城

住所
大分県杵築市杵築16-1
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点下車、徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉場17:00)
休業日
無休
料金
入場料=大人300円、小人150円/杵築城・大原邸・きつき城下町資料館・佐野家・重光家・一松邸・磯矢邸共通券=800円/(団体30名以上は大人240円、小人120円、障がい者は手帳持参で半額)

杵築ふるさと産業館

杵築特産のみかん、茶、地酒などを販売。
TEL 0978-62-2000
営業時間 9:30~17:30

杵築ふるさと産業館

杵築ふるさと産業館

住所
大分県杵築市杵築665-172
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30
休業日
無休(12月31日~翌1月2日休)
料金
きつき茶=300~4860円/杵築めぐり=1000円(10個)/純米大吟醸=3240円/あらめカレイのつくだに=540円(90g)/菜の花ホットサンドセット=850円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる大分・別府 由布院’18」です。掲載した内容は、2017年7~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。消費税の見直しにより各種料金が変更される可能生があります。そのため施設によっては税別を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。また、2016年4月発生の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨、および2017年9月の台風18号の影響により交通機関の状況が変更する場合があります。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  > 
×