トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 熱川・稲取 > 熱川温泉 > 

熱川バナナ園を徹底解剖!見どころ・グルメ・おみやげまで徹底紹介!

くらしたび

更新日:2022年2月26日

この記事をシェアしよう!

熱川バナナ園を徹底解剖!見どころ・グルメ・おみやげまで徹底紹介!

熱川の温泉熱を利用した熱帯動植物園「熱川バナナワニ園」には、16種100頭以上のワニが生息。
本園と分園に分かれた園内には、ゾウガメやオオオニバス、日本で唯一展示されているアマゾンマナティーやニシレッサーパンダなど、実はスゴい動物や植物がたくさん!
ワニのエサやりや、マナティーやレッサーパンダの“お食事タイム”が見られたり、動物の赤ちゃん公開とワクワクもいっぱい。
園で採れたバナナを使ったソフトクリームやジュース、オリジナルのキュートなおみやげも要チェック!

この記事の目次

熱川バナナワニ園

熱川エリア
熱川駅からすぐ

360°大迫力!

360°大迫力!

迫力だワニ
「クロコダイル科」のワニは尖った口先と凶暴な顔つきが特徴
ぷち情報
変温動物のワニ。ぽーっと口を開けてるのって実は、あれで体温調節してるんだって!
ワニのえさやり見学
水曜 本園・ワニ園
日曜 分園13:00 〜(冬期は日曜のみ)

360°大迫力!

横からも
水面にゆらゆらと身をまかせて、まったりする姿がかわいらしい。好評につき「立ちワニ」を商標登録した。クチヒロカイマン(アリゲーター科)

癒し系

癒し系

【本園・植物園】
アマゾンマナティー
日本でここだけ!
推定年齢57歳というマナティー君。毎日10時30分と14時の2回のお食事タイムと週1・金曜にアカスリが見られる。

癒し系

【分園】
レッサーパンダ
日本でここだけしか見られない「ニシレッサーパンダ」10頭が生息している。かわいいお食事風景が見られるのは9:00頃と16:00頃の2回。

食べる

食べる

【本園 ワニ園】
バナナソフト 450円
ここでしか食べられないオリジナルの味

食べる

【分園】
バナナジュース 800円
ここで採れたバナナのジュース。とっても濃厚
パインボート 1500円
器からこぼれ落ちそうなくらい、熱帯フルーツがぎっしり! 一番人気でTVでも紹介されるほど

珍

【本園・植物園】
オオオニバス
40年来栽培を続け、最大葉がなんと直径2m超えする「パラグアイオオオニバス」。夏のワニっこまつり(7月25日〜8月25日)では、葉っぱにも乗れる!(35kgくらいまで)
ぷち情報
オオオニバスは1年草。1年であんな大きさに、スゴい!

珍

【本園・植物園】
ジェードパイン
和名「ヒスイカズラ」。春に翡翠色をした青い花を咲かせる。1975年日本初の開花。

珍

【本園・植物園】
エアプランツ
今、大注目のエアプランツ。植物らしからぬ姿が人気の秘密!? 分園の売店で販売もしている。

人気のおみやげ

人気のおみやげ

親子コーデに大活躍!
オリジナルTシャツ 大人用 2200円、子ども用 1760円

熱川バナナワニ園

住所
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
交通
伊豆急行伊豆熱川駅からすぐ
料金
入園料=大人1800円、4歳~中学生900円、3歳以下無料/(障がい者手帳持参で本人と介護者入園料900円)

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください