トップ > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 富良野・美瑛・旭川 > 旭川・大雪山 > 旭川市街 > 

【札幌発】大雪山系を望む街・旭川で楽しむ日帰り大人旅

編集工房ビータス

更新日:2021年6月30日

この記事をシェアしよう!

【札幌発】大雪山系を望む街・旭川で楽しむ日帰り大人旅

大雪山系を望む川の街として知られる旭川。
旭山動物園が一大観光スポットとして知られているが
その成り立ちや育まれた歴史はご存じだろうか。
かつて「軍都」として栄えた旭川の歴史をさらっと学んで、ひと味違う大人旅を楽しもう。

道北の中心都市・旭川ってこんなトコ

旭川市は北海道のほぼ真ん中に位置する街。市街地は広大な上川盆地の中央に広がり、石狩川、忠別川、美瑛川など大小河川が流れる肥沃な土地柄に恵まれる。明治初頭より開拓が始まり、明治中頃にはそれまで寒冷地で不可能とされた稲作に成功。以来、農業を重要な基幹産業のひとつとして街は発展を続けてきた。

明治30年代を迎えると旭川の街には「軍都」という新たな看板が加わる。北方防衛の拠点として陸軍第七師団が置かれ、駐屯した兵員は9700人あまりに及んだ。これほどの大人数を抱える師団の設置は、その後の街の発展に大きな影響を及ぼすことになった。そして現在の旭川。人口は約35万人、札幌市に次いで北海道第2位にランクされる大都市だ。市街地を大きな川がゆったりと流れ、その向こうには大雪山系の山々を望む街並みが美しい。

もっとも旭川の街自体に観光地としてのイメージは薄い。街なかでメジャーな観光スポットは限られるが、代わって街の歴史を映した見どころに注目したい。古くからモノづくりを続ける老舗など、ひと味違った場所を訪ねる街歩きが楽しみだ。

旭川歴史さんぽ①みづの

旭川歴史さんぽ①みづの
いちばん人気、しょうがラーメン630円は創業当初からのメニュー

創業は昭和44(1969)年頃、素朴な店構えに今も昭和の風情が漂う。当初からある醤油味の「しょうがラーメン」が名物で、地元客にも根強いファンが多い。豚骨をていねいに煮出す澄んだスープが、やさしい味を生み出す。

旭川歴史さんぽ①みづの

常連客、旅行者ともに多い

みづの

住所
北海道旭川市常盤通2丁目
交通
JR函館本線旭川駅から旭川電気軌道末広方面行きバスで10分、常盤公園下車すぐ
料金
生姜ラーメン(しょう油のみ)=630円・780円(大盛)/しょう油ラーメン=530円/月見ラーメン(各種)=600円~/

旭川歴史さんぽ②髙砂酒造

旭川歴史さんぽ②髙砂酒造
1909年築。明治時代の面影が残るアンテナショップ

明治32(1899)年に創業した、旭川最古の老舗蔵。大雪山の清冽な伏流水を生かし、北海道産米を中心とした酒造りにこだわっている。看板銘柄「国士無双」の名のもとで多彩な酒をラインナップ。

旭川歴史さんぽ②髙砂酒造

直売店限定酒「蔵酒一番しぼり」

旭川歴史さんぽ②髙砂酒造

道産果実を使用した日本酒ベースの果汁梅酒「蝦夷蔵 梅酒LAB.」

旭川歴史さんぽ②髙砂酒造

店舗では、酒のほか各種グッズも販売

高砂酒造(見学)

住所
北海道旭川市宮下通17丁目
交通
JR函館本線旭川駅から徒歩15分
料金
見学無料

旭川歴史さんぽ③福吉カフェ旭橋本店

旭川歴史さんぽ③福吉カフェ旭橋本店
大正12(1923)年築のレトロな建物が目を引く

昭和23(1948)年創業の餡子屋「福居製餡所」と昭和20(1945)年創業のお茶屋「吉川園」の旭川の老舗によるコラボカフェ。看板メニ ューの「福吉らて」は、本格的な深みのある抹茶と、ひかえめな甘さが魅力のドリンク。

旭川歴史さんぽ③福吉カフェ旭橋本店

旭橋をかた取ったトキワ焼き275円

旭川歴史さんぽ③福吉カフェ旭橋本店

福吉らて583円。しゅまり小豆に宇治抹茶、ミルクの層が3層に

福吉カフェ 旭橋本店

住所
北海道旭川市常盤通2丁目1970-1旧北島製粉所
交通
JR函館本線旭川駅からタクシーで5分
料金
福吉らて=420円/トキワ焼き(つぶあん)=230円/

旭川歴史さんぽ④三浦綾子記念文学館

旭川歴史さんぽ④三浦綾子記念文学館
文学館に隣接する外国樹種見本林は代表作『氷点』の舞台となった

昭和39(1964)年『氷点』でデビュー、以後『塩狩峠』ほか多数の作品を発表した女流作家・三浦綾子。
文学館は平成10年、全国でも稀な民営の文学館として開館した。今なお多数のボランティアの手によって運営されている。

旭川歴史さんぽ④三浦綾子記念文学館

建物は雪の結晶を模した多角形。落ち着いた空間で直筆原稿をはじめとする多数の資料を展示

三浦綾子記念文学館

住所
北海道旭川市神楽七条8丁目2-15
交通
JR函館本線旭川駅からタクシーで5分
料金
入館料=大人500円、高・大学生300円、小・中学生100円/(土曜は高校生以下無料、同伴の保護者は2名まで割引、喫茶室、ショップのみの利用は無料、障がい者手帳持参で入館無料)

北海道を中心に地域密着のおでかけ情報、観光情報をお届けします。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください