コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  淡路市【東海岸】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

淡路市【東海岸】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年3月2日

【エリアのキースポット】
淡路島国営明石海峡公園、淡路夢舞台、淡路ワールドパークONOKORO

【エリアのビーチ】
岩屋海水浴場、浦県民サンビーチ

アクセス


【明石港】→淡路ジェノバライン、13分500円→【岩屋港】

バス
【高速舞子】→西日本JRバス・本四海峡バス、25分620円→【東浦バスターミナル】


【神戸西IC】→神戸淡路鳴門自動車道44km3390円→【津名一宮IC】→県道88号3km→【津名(志筑)】

問い合わせ
<淡路島観光協会>岩屋観光案内所 0799-72-3420

本福寺・水御堂

安藤忠雄設計の本堂
平安後期創建と伝わる真言宗御室派の寺院。水御堂は安藤忠雄氏によって設計された。5〜9月には睡蓮、6〜7月は大賀蓮が咲く。【東浦】

0799-74-3624

真西より光が差し込む水御堂内部

TOM’S STUDIO

島の味とくつろぎのひととき
淡路夢舞台内にあるカフェが併設されたショップで、淡路島の特産品を販売。カフェでは淡路島の厳選素材を使用したハンバーガーが人気。【岩屋】

0799-75-2588

ハーブティーなど香り物商品も取りそろえる

淡路市立中浜稔猫美術館

ほっこり気分になれる猫の美術館
淡路市出身の猫の墨絵画家中浜稔氏の作品を展示する。2階建ての館内では、掛軸や屏風など多数の作品がある。【東浦】

0799-75-2011

思わずのぞき込んでしまう作品『目の中に…』

壁にも猫の足跡

絵島

平家物語にも登場する島
ひときわ目を引く形の島で、風化により砂岩に刻まれたシマ模様が美しい。平家物語では平清盛が月を愛でた場所として「月見の巻」に登場。「おのころ島」の候補地のひとつ。【岩屋】

0799-72-3420(岩屋観光案内所)

岩屋漁港にある小さな島

ブランジェリー・フルール

安心安全な食材を厳選
小さな子どもでも安心して食べられるパンを焼くため、野菜やフルーツは農家から直接仕入れ、厳選した小麦粉や卵、牛乳を使う。【東浦】

0799-74-3993

コーヒーと紅茶は240円で飲み放題のサービス

静の里公園

静御前を祀る公園
源義経との悲恋で知られる静御前の霊廟を中心に整備された公園。園内には茶室やシンボル的存在の高さ15mの宝塔などがある。【津名】

0799-64-2542(淡路市商工観光課)

園内中央の池には白鳥やコイが泳ぐ

和牛肉 牛八

食肉卸直営店で淡路和牛の焼肉を味わう
食肉卸直営店で淡路和牛を使った焼き肉が楽しめる。野菜は新鮮市場なかだ村の地元野菜を使用。少し甘口のタレが和牛肉にピッタリ!【津名】

0799-62-2951

いちばん人気の「牛八ステーキ定食」 3300円

旬香 魚佐太

鮮魚店が営む居酒屋
地元で揚がる新鮮な旬の魚介を使った創作料理が手ごろな値段で味わえる。料理はもちろん、器や店の内装にもセンスが感じられる。【津名】

0799-62-3100

新鮮な旬の魚が味わえる

淡路黒毛和牛焼肉 三楽園

知る人ぞ知る地元の名店
地元客を大切にする穴場店。肉は淡路の黒毛和牛で上質のもののみを使う。フルーティーな味噌ベースのタレ、塩やポン酢で味わう。【津名】

0799-64-1729

牛肉の奥深さを堪能する特選ロースと特選ヒレ

PASTA FRESCA DAN-MEN

島の食材と生パスタの絶妙ハーモニー
製麺の老舗「淡路麺業」が営む生パスタ専門店。魚介や野菜は主に淡路島産を使用。豊かな風味を持つ生パスタが、素材のうまさを引き立てる。生パスタの購入もできる。【津名】

0799-64-0777

おすすめはスープ・サラダ付き(平日のみ)のパスタランチセット。写真はペスカトーレ 1944円

広くゆったりとした店内で、海を眺めながら食事を楽しめる

一度は飲みたい淡路の地酒&ビール

Awaji brewery(あわぢびーる工房)

あわぢびーる540円(330㎖)
熱処理をしていない生の酵母を使い、爽快なのどごしが特徴。

取扱店
国営明石海峡公園、淡路ハイウェイオアシスなど

スッキリ!
6種類がそろう

千年一酒造

愛酒 1080円(300㎖)
爽やかでフルーティーな味わい。8~9度の低アルコールなので、お酒にあまり強くない人にもおすすめ。

取扱店
淡路ハイウェイオアシス、淡路ごちそう館 御食国、島内の酒店やスーパーなど

筆者:mapple

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×