トップ >  東海・北陸 > 北陸 > 能登半島 > 輪島・曽々木海岸 > 輪島市街 > 

輪島塗体験をしよう!漆器づくり体験やお土産選びができるスポットをご案内

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2023年5月25日

この記事をシェアしよう!

輪島塗体験をしよう!漆器づくり体験やお土産選びができるスポットをご案内

地元輪島の特産であると同時に、日本を代表する工芸品でもある輪島塗。
「ジャパン」とも英訳される漆器の魅力の奥深さを知れば、きっと輪島塗が欲しくなる!

こちらの記事では、オリジナル漆器づくり体験や、お手頃な普段使いができる輪島塗お土産が買えるショップなどをご紹介します。

知りたい! 輪島塗のこと

漆器としての輪島塗の特徴は堅牢性にあり、布地をかぶせ、藻類の化石である珪藻土を混ぜた漆を幾度も塗ることで実現しています。江戸時代に日用漆器として全国に普及しましたが、明治に入り沈金や蒔絵を取り入れ、美術品としての側面が強くなりました。

知りたい! 輪島塗のこと
知りたい! 輪島塗のこと

KALPA

塗師屋が営むカフェ&ギャラリー
漆器を製作・販売する塗師屋がプロデュースする、朝市に面したカフェ&ギャラリー。朝市のにぎわいを眺めながら、焙煎されたコーヒーでほっこりできる。朝市散策の休憩スポットとしてもおすすめ。

KALPA

ハンドドリップで淹れるコーヒーが薫る

KALPA

自家製スイーツもイチオシ

KALPA

輪島塗をはじめ、ジャンルを問わずセレクトした工芸品が並ぶ

KALPA

住所
石川県輪島市河井町2-72-1
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス輪島行きで30分、終点下車、徒歩15分

漆アミューズメント塗太郎

オリジナル漆器づくりに挑戦
輪島塗を実際に制作している工房で沈金や蒔絵の体験ができる。コーヒーカップや皿など50種以上のオリジナル漆器を作ることができる。

漆アミューズメント塗太郎

体験時間は約1時間、工房内の見学もできる

石川県輪島漆芸美術館

世界唯一の漆芸専門美術館
人間国宝や古今の漆芸家たちの珠玉の名品を数多く展示。常設展では、製作道具や映像を交えて輪島塗をわかりやすく紹介している。

石川県輪島漆芸美術館

珠玉の漆芸作品の数々を展示

石川県輪島漆芸美術館

住所
石川県輪島市水守町四十苅11
交通
JR金沢駅から北鉄奥能登バス輪島行きで2時間、輪島駅前下車、のらんけバス海コースに乗り換えて10分、漆芸美術館下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休(展示替え期間休、12月29~31日休)
料金
入館料=大人630円、高・大学生320円、小・中学生150円/(20名以上は大人520円、高・大学生210円、小・中学生100円、障がい者手帳又は療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳持参で、本人、付添人(1名)入館料無料(各手帳又は、「ミライロID」アプリを提示))

輪島塗会館

約60店の漆器がずらり
1階は組合に加盟する約60軒の漆器店が共同出展するショップ。2階が輪島塗の制作工程や歴史文化財を紹介する展示室になっている。

輪島塗会館

輪島塗の魅力発信拠点

輪島塗会館

住所
石川県輪島市河井町24-55
交通
JR金沢駅から北鉄奥能登バス輪島行きで2時間、輪島塗会館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(最終入館)
休業日
無休
料金
2階資料館入館料=大人300円、高校生200円、中学生100円、小学生以下無料/(障がい者手帳で持参で割引あり)

塩安漆器工房 藹庵aian

和モダンな輪島塗を販売
使う人の立場に立った輪島塗の商品を提案。使い勝手の良い椀や、装いのアクセントとなるペンダント、指輪、バングルなどを扱う。

塩安漆器工房 藹庵aian

漆の艶が心を豊かにしてくれる

塩安漆器工房 藹庵 aian

住所
石川県輪島市河井町馬場崎通り3-198
交通
JR金沢駅から北陸鉄道奥能登特急輪島行きバスで2時間、道の駅ふらっと訪夢(旧輪島駅)下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:00
休業日
不定休(年末年始休、長期休あり)
料金
輪島塗アクセサリーペンダント=7700円~/バングルブレスレット=22000円/指輪=15400円~/ミニ手鏡=8800円~/aian拭き漆箸=385円~/本乾漆箸=1430円~/ぐい呑=12100円~/汁椀=19800円~/

なつめの店 小西

うれしい名入れサービスあり
手ごろな価格の普段使い用から、高級品まで幅広い品がそろう。500円以上の商品には、無料で名前を入れてくれるので、より愛着が湧きそう。

なつめの店 小西

名入れ作業は職人さんがしてくれる

なつめの店小西

住所
石川県輪島市河井町朝市通り
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス輪島行きで30分、終点下車、徒歩13分
営業期間
通年
営業時間
7:00~17:00
休業日
第2・4水曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
ストラップ=500円/携帯ストラップ=700円~/椀=600円~/塗箸=500円~/名入れサービス(500円以上の商品)=無料/
1 2

北陸の新着記事

【金沢・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット7選

仕事のお昼休みや、友達とのランチタイムにおいしいご飯を食べるのは一日の楽しみになりますよね。 そこで今回は金沢でおすすめの平日ランチを7選ご紹介します。 地元のソウルフード的存在の石川発のラー...

【富山市・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット6選

日本列島のほぼ中心の北部に位置し、高い山々に囲まれた富山。 住みやすい地域としても知られており、マイホーム所有率や1世帯あたりの居住室数が全国1位というデータもあり、人気の地域です。 今回はそ...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる5月号:特集は「ひみつの絶景スポット」「とっておきのリトリート旅」「ばってん少女隊の長崎推しガイド」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

国内・海外の旅行情報を紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドシリーズ『まっぷる』がお届けする、無料の月刊WEBマガジン「月刊まっぷる」。 WEBマガジンならではのアクションで、読者の「もっと知りたい!」「...

【富山駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店3選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【金沢駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、金沢駅周辺(徒歩20分圏...

【金沢駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店3選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【福井駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット6選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、福井駅周辺(徒歩20分圏...

【あいの風とやま鉄道高岡駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、あいの風とやま鉄道高岡駅...

【小松駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、小松駅周辺(徒歩20分圏...

【三国駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット6選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、三国駅周辺(徒歩20分圏...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。