おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  呉【大和ミュージアム】戦艦大和は呉で生まれた!

呉【大和ミュージアム】戦艦大和は呉で生まれた!

呉【大和ミュージアム】戦艦大和は呉で生まれた!

by mapple

更新日:2018年7月15日

戦艦「大和」の建造地である呉には、大和の数奇な歴史と圧倒的な迫力を感じられるミュージアムがある。ロマンあふれる世界をのぞいてみよう!

大和ミュージアム

ゼロ戦、人間魚雷などの実物展示や大画面シアターなどで、呉の歴史や造船技術を伝えるミュージアム。呉で建造された戦艦「大和」を10分の1スケールで再現した展示がシンボルで、間近にみるとその迫力に圧倒される。より深く知るなら、10時と14時の一日2回行なわれるボランティア解説ツアー(無料)に参加するのもおすすめ。

【Topics】
2016年5月に海底に沈む戦艦「大和」を調査。資料や映像をもとに、最新の分析動画を公開している。

大和ミュージアム

地上4階建ての建物

大和ミュージアムの詳細情報


住所
広島県呉市宝町5-20
交通
JR呉線呉駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館18:00)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休、7月21日~8月は無休4月29日~5月5日・12月29日~翌1月3日は無休

大和ひろば

戦艦「大和」の細部に迫る!
3階まで吹き抜けになったフロア中央には、10分の1スケールの戦艦「大和」が!全長26.3m、幅3.9mで精巧に再現されており、船首や船尾、スクリューなど、普段は見られない部分もさまざまな角度から間近に見学できる。また3階の廊下からは全体を見渡すことができる。【1階】

だからスゴイ! 戦艦「大和」
昭和16(1941)年、呉海軍工廠で当時の最先端技術を集結させ極秘裏に建造された世界最大の戦艦。昭和20(1945)年、米軍の攻撃で沈没し、現在も鹿児島県沖に沈んでいる。

【ここに注目!】10分の1戦艦「大和」

極秘裏に建造された戦艦「大和」。残された資料も少なく設計図や潜水調査の映像、乗務員の証言をもとに再現された。

【ここに注目!】10分の1戦艦「大和」

木甲板
戦艦「大和」の木甲板を忠実に再現するため、専門の職人が一枚ずつ手作業で張り合わせている

【ここに注目!】10分の1戦艦「大和」

零式水上観測機
戦艦「大和」に搭載されていた。サイズの比較のため人形が置かれている

【ここに注目!】10分の1戦艦「大和」

第一艦橋
司令塔の役割を果たす場所。測距儀や大砲なども見ごたえがある

【ここに注目!】10分の1戦艦「大和」

主砲塔
当時、世界最大級を誇った45口径46cmの主砲

呉の歴史

軍港の町から造船の町にいたる歴史を紹介
東洋一の軍港として繁栄した背景や、造船の町として現在にいたるまでの呉の歴史を紹介。戦艦「大和」の資料や、乗務員たちの遺品、証言ビデオなども展示する。【1階】

呉の歴史

戦艦金剛のヤーロー式ボイラーの実物

呉の歴史

最新の潜水調査の分析動画を見ることができる

大型資料展示室

数少ないゼロ戦の実物を展示する
「ゼロ戦」で知られる戦闘機や人間魚雷、さまざまな大きさの砲弾などの実物資料を展示している。展示には説明文も添えられており、初心者にもわかりやすい。【1階】

大型資料展示室

翼を使って飛行機のように自由に水中を潜航する特殊潜航艇「海龍」

大型資料展示室

戦艦「大和」で使われたものと同サイズの砲弾など

【ここに注目!】ゼロ戦

旧日本海軍の主力艦上戦闘機の愛称。当時、航続距離や最高速度、運動性能は他国の戦闘機を圧倒的に凌駕し、日本の高い技術力を示していた。

【ここに注目!】ゼロ戦

ゼロ戦と呼ばれた零式艦上戦闘機 六二型と各種砲弾

船をつくる技術

ゲームを通して科学の不思議を体感
子供も大人も楽しめる船の操船シミュレーターや、波の性質がわかる実験水槽など、体験を通して船の仕組みや原理が学べる。毎週日曜にサイエンスショーもある。【3階】

船をつくる技術

家族で楽しみながら学習できる

こんな体験が楽しめます

こんな体験が楽しめます

チャレンジナビ
海上風景の映像を眺めながら、船長気分でフェリーと高速船の操作に挑戦!

こんな体験が楽しめます

パノラマサブマリン
潜水艦の中にある潜望鏡を操作して、現在の呉港を観察できる。

こんな体験が楽しめます

スクリューバイク
ペダルを漕いで、角度の違う2種類のプロペラの推進力の違いを体験できる。

筆者:mapple

まっぷる広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道’19

発売日:2018年03月13日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×