「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  福岡で九州の「海の幸」を味わう!鮮度もコスパも最高!

福岡で九州の「海の幸」を味わう!鮮度もコスパも最高!

食堂えぶりお

【予算 5000円】
店の実力と心意気を最初の一手、お通し盛りに見た!
食通を含め、訪れた客の多くが絶賛する酒亭であり、予約せずにはなかなか入店できない。ジャンルを問わず旬の食材をおいしく生かす料理がコンセプトのため、いうまでもなく魚もその時期旬を迎えた最上級のものをそろえる。刺身は時価で、1種類を単品で頼むのもいいが、盛り合わせなら予算を伝えて相談しながら注文するといい。

食堂えぶりお

刺身の盛り合わせ 時価
値段の目安は一人前1300円から1400円。写真は2人前で、内容は日替わり

有明海産さわら
有明海産たいらぎ
長崎産よこわのカマトロ
糸島産けんさきいか
天草産太刀魚
長崎産はがつお
福岡産かわはぎと肝

食堂えぶりお

【コレもおすすめ】
お通し盛り700円~
着座して最初に出されるお通しは、1人前全8品。酒飲みの心をグイッとつかむ酒肴が豆皿にちょこちょこ入って登場する。写真は2人前

あまおういちごと白和え
糸島産けんさきいかと有明海産のりの酢和え
干し柿チーズ
くわいの唐揚げ
奄美産もずく酢
りんごの摺り流し
自家製ツナのコンフィ
大村湾のなまこ

食堂えぶりお

杉の一枚板を使ったカウンター席のほかに、テーブル席がある

郷土料理ごまさば

「ごまさば」とは

新鮮なさばを、九州産の甘い醤油、みりん、しょうがなどでつくったタレで和え、すりごま、ねぎをトッピングした福岡の郷土料理。酒肴としてはもとより、アツアツのごはんといっしょに食べるとおいしい。少し残しておいて、最後に茶漬けにするのが通な食べ方。

安心して召し上がれ

ところで、食中毒が出やすいさばを、生食していいのか? 答えは…イエス! 日本海でとれる福岡産、長崎産のさばは、食中毒の原因となるアニサキスが身に移行しにくいことがわかっている。生さばで食中毒が出ることはほぼないため、ご安心を。

「ごまさば」は真さば!?

さばにも、いろいろ種類があるが、福岡の郷土料理である「ごまさば」は、ごまさばという魚種ではなく、真さばでつくる。近ごろは「ごまあじ」「ごまかんぱち」などアレンジメニューを出す店も増えている。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×