「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【旧軽井沢】個性派おすすめコーヒーショップをチェック!

【旧軽井沢】個性派おすすめコーヒーショップをチェック!

【旧軽井沢】個性派おすすめコーヒーショップをチェック!

by mapple

更新日:2018年8月19日

古くからカフェ文化が根付く軽井沢は、コーヒーショップが充実。老舗の名物店から話題の新店舗まで、散策の休憩に立ち寄りたい個性豊かなお店を注目のキーワード別にご紹介!

キーワード1:老舗喫茶

一度は訪れたい軽井沢の老舗喫茶。別荘族や観光客を魅了してきた珠玉の一杯を、お店の雰囲気とともに楽しもう。

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

厳選豆をていねいに焙煎・抽出 別荘族も愛した老舗の一杯
2017年に開店65周年を迎えた、軽井沢を代表する老舗。世界中から選び抜いた豆をブレンドし、じっくりとていねいに焙煎したコーヒーは、 バランスのよい上質な味わいが特長。【Since1952】

子連れ:OK、ペット:NG

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

旧軽通り(ハウスブレンド) 580円
開店以来のロングセラー。さりげない苦みがケーキにもよく合う

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

季節によって淹れる温度を調整するなどのこだわりが自慢の一杯を生む

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

散策の合間の息抜きにピッタリの2階席。コーヒーゼリーも美味

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店の詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢786-2
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(L.O.、時期により異なる)、カフェは~16:45(L.O.)
休業日
不定休夏期は無休、年末休

ぱいつぼおる

木のぬくもりの中で楽しむ じっくり淹れた自慢のコーヒー
ていねいに淹れたコーヒーと、ひかえめな甘さの自家製ケーキが評判の店。木のぬくもりを生かした店は、気さくなマスターの人柄も相まって、思わず長居したくなる。【Since1985】

子連れ:OK、ペット:NG

ぱいつぼおる

ブレンドコーヒー 540円
さっぱりとした酸味と苦みが特長。ケーキとのセットは980円

ぱいつぼおる

周囲に気兼ねせずにくつろげる、ゆったりとした空間

ぱいつぼおるの詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢197-2
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:45(閉店18:00、時期により異なる)
休業日
不定休GW・盆時期・年末年始は営業

茜屋珈琲店 旧道店

落ち着いた雰囲気漂う空間でこだわりが込められた一杯を
注文ごとに豆を挽き、ドリップしたコーヒーを提供する名店。ひとくち目からすんなりと飲める温度や深い味わい、大倉陶園製のカップなど、こだわりに満ちた一杯が楽しめる。【Since1970】

子連れ:OK、ペット:NG

茜屋珈琲店 旧道店

ブレンドコーヒー 800円
添えるジャムを選べる自家製チーズケーキとのセット1400円も人気

茜屋珈琲店 旧道店

カウンターにはズラリとカップが並ぶ

茜屋珈琲店旧道店の詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢666
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)、夏期は~20:00(閉店)
休業日
無休

珈琲歌劇

歴史を重ねた大人の洋館で上質なコーヒーと時間を満喫
クラシカルな外観が印象的な、旧軽井沢ロータリー近くの喫茶店。ステンドグラスからやわらかな光が差し込む店内で、上質な一杯と静かに流れる時間を優雅に堪能したい。【Since1982】

子連れ:OK、ペット:NG

珈琲歌劇

クラシカルオペラブレンド珈琲 880円
ロイヤルコペンハーゲンのカップもお店の雰囲気にピッタリ

珈琲歌劇

重厚な雰囲気で店内でも人気のカウンター席

珈琲歌劇の詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢12-7
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車すぐ
営業期間
営業時間
休業日

キーワード2:スイーツ

おいしいスイーツの存在もカフェにとって重要なポイント。絶品スイーツにファンも多いお店をご紹介!

旧軽井沢Cafe 涼の音

ほどよい酸味が爽やかなコーヒーに合うタルト
旧軽銀座の喧噪から離れた静かな場所にあるカフェ。国登録の有形文化財に認定された旧松方家別荘を改装した店内で、コーヒーに合うやさしい甘さのスイーツを味わおう。

子連れ:OK、ペット:テラスカウンターのみOK

旧軽井沢Cafe 涼の音

オレンジタルトケーキ 648円、コーヒー 540円
後味が爽やかなオレンジタルトなど、ケーキは4種類を用意している

旧軽井沢Cafe 涼の音

昭和初期の暖炉や家具も残っているレトロな雰囲気の店内

旧軽井沢Cafe 涼の音

木立のなかのフォトジェニックな建物。テラス席もある

旧軽井沢Cafe 涼の音の詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢旧軽井沢972
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで5分
営業期間
4~11月
営業時間
9:00~16:30(閉店17:00)
休業日
期間中水曜夏期は無休、GWは営業

NICO cafe

コーヒーとともに味わいたい見た目もキュートなパフェ
旧軽銀座の裏通りにある居心地のよいカフェ。ハンドドリップで淹れるコーヒーは注文を受けてから豆を挽くというこだわり。人気のカレーランチ(4〜11月のみ提供)もぜひ食べてみよう。

子連れ:OK、ペット:要問合せ

NICO cafe

ベリーヨーグルトパフェ 600円、コーヒー500円
ヨーグルトとベリーのほどよい酸味が◎。コーヒーによく合う

NICO cafe

子ども連れには前日までに予約すればキッズスペースを用意してくれる

NICO cafe

軽井沢聖パウロカトリック教会のすぐそばに建つ

キーワード3:かき氷

避暑地とはいえ、夏の散策は暑さとの戦い。ヒンヤリ冷たい天然氷のかき氷で、ほてった体を落ち着かせよう!

ちもと 軽井沢店

茶屋を思わせる夏の甘味処でかき氷と銘菓をお供にひと休み
天然氷を使ったかき氷を一年中食べられる、1948(昭和23)年創業の老舗甘味処。銘菓「ちもと餅」や素朴な醤油味の焼き団子のほか、そばやうどんなどの食事系メニューも充実。

子連れ:OK、ペット:テラスのみOK

ちもと 軽井沢店

天然かき氷 609円〜
自家製つぶ餡の入った宇治金時など、豊富な種類をそろえる

ちもと 軽井沢店

賑やかな旧軽銀座沿いにありながら落ち着いた雰囲気の店内

ちもと 軽井沢店

江戸時代の茶屋のような、趣あるたたずまいにほっこり

ちもと 軽井沢店

【これも名物!】ちもと餅 227円
黒糖とクルミの上品な甘さが印象的な銘菓

ちもとの詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢691-4
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店)、7月末~8月末は9:00~(時期により異なる)
休業日
無休冬期は臨時休あり

シブレット

まるでパウダースノー!口どけなめらかな天然氷
浅間山麓の湧水を使った天然氷の製造元が営むかき氷の店。雪のように細やかなかき氷は、口に入れるとふんわりと溶ける食感が絶品!ビッグサイズだがペロリと食べられる。

子連れ:OK、ペット:テラスのみOK

シブレット

カキ氷 650円〜
いちごみるくや宇治金時など20種類以上をラインナップ

シブレット

通りから奥まった場所にある店は休憩にピッタリの空間

シブレットの詳細情報


住所
長野県軽井沢町軽井沢668
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車、徒歩10分
営業期間
4月中旬~11月上旬
営業時間
10:00~17:30(閉店18:00)
休業日
期間中不定休、7~9月中旬は無休GWは営業

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる軽井沢’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×