トップ > 東北 > 南東北 > 米沢 > 米沢・米沢八湯 > 米沢市街 > 

上杉雪灯篭まつり

銀世界にやさしい明かりがきらめく
松が岬公園一帯を会場に開催される冬の祭典。約300基の雪灯篭と約1000個の雪ぼんぼりが作られ、明かりが灯るとあたり一面が幻想的な世界になる。

上杉雪灯篭まつり

前日には雪灯篭のプレ点灯がある

上杉雪灯篭まつり

住所
山形県米沢市丸の内上杉神社、松が岬公園一帯
交通
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環右回りで10分、上杉神社前下車すぐ(米沢市役所・JR米沢駅から会場付近までシャトルバス運行あり)
料金
要問合せ

レストラン ビッキ石

前田慶次モチーフのジャンボカレー
精肉店が営む食堂。通常のカレーの3倍から4倍あるカレーやハンバーグなどのメニューが名物。ヒレカツやエビフライを豪快にのせた「傾奇者カレー」は、米沢ゆかりの戦国武将・前田慶次がモチーフ。【食べる】【洋食】

レストラン ビッキ石

傾奇者カレー(1600円)

レストラン ビッキ石

店内で前田慶次風の羽織を着ての記念撮影もおすすめ

レストラン ビッキ石

住所
山形県米沢市万世町桑山1490-8
交通
JR山形新幹線米沢駅からタクシーで5分
料金
傾奇者カレー=1550円/ジャンボカレー=1340円/ジャンボハンバーグ=1750円/

粉名屋小太郎

風情たっぷりのそばの老舗
正徳2(1712)年創業、現在13代目の老舗。「米沢藩御用掛込蕎麦」として知られる。おすすめは、1段ずつ違った薬味で食べる「割子そば」。そばと一緒に酒を一杯、という粋な楽しみ方も似合う店。【食べる】【そば】

粉名屋小太郎

「割子そば」(5段、1900円)。薬味は季節によって変わる

粉名屋小太郎

住所
山形県米沢市中央5丁目3-19
交通
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環左回りで19分、中央三丁目下車すぐ
料金
5段重ね割子そば=1800円/てんぷら付き板そば(100%そば粉)=2300円/

そばや伝右エ門

グルメイベントの覇者
香り高いそばが評判の店。山形県オリジナル品種「でわかおり」を使用したそばを味わえる。毎朝つく餅を天ぷらにした「もち天ぞう煮」は、市内のグルメイベントでの優勝経験をもつ逸品。【食べる】【そば】

そばや伝右エ門

もち天ぞう煮(700円)

そばや伝右エ門

住所
山形県米沢市相生町2-74
交通
JR山形新幹線米沢駅からタクシーで10分
料金
もち天ぞう煮=650円/

やまがた辛味噌らーめん三男坊

新たな境地の米沢ラーメン
風味豊かな熟成味噌をベースに、素材の味を最大限に生かしたラーメンが人気。数十種類の香辛料をブレンドした辛味噌、深いコクに満ちたスープ、モチモチの平打ち縮れ麺が絶妙に引きたて合う。【食べる】【ラーメン】

やまがた辛味噌らーめん三男坊

やまがた辛味噌らーめん三男坊

住所
山形県米沢市金池5丁目8-84
交通
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環左回りで11分、米沢市役所前下車すぐ
料金
やまがた辛味噌チャーシューらーめん=1100円/

鯉の六十里

鷹山ゆかりの米沢名物・鯉料理
上杉鷹山が養殖を奨励した鯉。清冽な山水で育てた最高級の鯉が味わえる専門店がこちら。生けすから引き揚げたばかりの鯉を調理。築200年の座敷で、鯉丼や鯉こく、鯉の甘煮が堪能できる。

鯉の六十里

開店以来つぎ足すたれで焼く「鯉丼定食」(2200円)

鯉の六十里

住所
山形県米沢市東1丁目8-18
交通
JR山形新幹線米沢駅から徒歩10分
料金
鯉丼定食(昼のみ)=2100円/甘煮定食=2100円(昼のみ)/鯉料理花の里=3675円~/

金澤屋

「米沢牛」がのった豪華ラーメン
明治25(1892)年創業の老舗ラーメン店。コシのある自家製麺に澄んだ魚介スープを組み合わせた米沢の王道スタイルに、ジューシーな「米沢牛」のチャーシューをのせたぜいたくな一杯だ。【食べる】【ラーメン】

金澤屋

「米沢牛まんぎりラーメン」(950円)

金澤屋

常連客が集う米沢ラーメンの老舗

金澤屋

住所
山形県米沢市中央7丁目1-10
交通
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環左回りで18分、中央四丁目下車、徒歩4分
料金
米沢牛まんぎりラーメン=900円/ラーメン=580円/辛味噌ラーメン=720円/
1 2 3 4

仙台、東北地区のおでかけ情報を発信します。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください