おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【米沢ラーメン】必食グルメ!人気おすすめ店をチェック!

【米沢ラーメン】必食グルメ!人気おすすめ店をチェック!

【米沢ラーメン】必食グルメ!人気おすすめ店をチェック!

by mapple

更新日:2019年8月29日

100軒以上のラーメン店が味を競う米沢。細打ちの手もみ縮れ麺にあっさりスープがからむ懐かしい味だ。

米沢ラーメンの豆知識

1.手もみの縮れ細麺が主流
細打ちの縮れ麺で、加水率は高め。数日寝かせ、さらに手もみするため、縮れ感とコシの強い麺に仕上がる。

2.鶏がらのあっさりスープ
だしは野菜や鶏ガラ、煮干しなどを使う。どの店もあっさり味で醤油スープが基本。

3.具材はシンプル
上にのる具材はチャーシューやメンマ、ねぎ、海苔、なるとなど、オーソドックスでシンプル。

米沢ラーメンの豆知識

そばの店ひらま

食通をうならせる超極細麺
米沢市内と近郊に麺を卸す製麺所直営の店。麺のうまさに定評があり、極細ながらも食べ終わるまでしっかりコシをキープ。麺1玉で180gというボリュームだが、女性でもさらりと食べ切れてしまう。

【必食】中華そば 600円
鶏ガラベースのスープは醤油でコクをプラス。茹でる直前に手もみした極細の自家製麺にスープが絶妙にからむ。

そばの店ひらま

・チャーシューは地場産の豚を使う。ほどよい歯ごたえがラーメンの味をひき立てる
・スープは鶏をメインにとんこつも少々加えた、あっさりながらもコクのある風味

まだある人気メニュー
●みそラーメン 750円
●つけめん 700円

カウンターからは奥の製麺所が見える

そばの店ひらまの詳細情報


住所
山形県米沢市浅川1314-16
交通
JR奥羽本線置賜駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:20~16:00(閉店、スープがなくなり次第閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休1月1~2日休

熊文

あっさり醤油スープは米沢ラーメンの真髄
米沢ならではのあっさり味のラーメンを作り続ける人気店。煮干しや鶏ガラ、豚ガラのうまみをバランスよくまとめたスープは、生醤油を加えることで、香りがよくまろやかな風味に仕上がっている。

【必食】中華そば 600円
細縮れ麺にからむあっさり味のスープは、国産かたくちいわしの香ばしさがアクセント。

熊文

まだある人気メニュー
●チャーシューメン 800円
●もやしラーメン 650円

家庭的で親しみやすい雰囲気の店内

熊文の詳細情報


住所
山形県米沢市春日5丁目2-52
交通
JR山形新幹線米沢駅から山交バス赤湯行きで15分、四中前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:50(閉店15:00)、16:30~18:50(閉店19:00)、日曜、祝日は11:00~19:00(閉店)
休業日
木曜、第3金曜、木曜が祝日の場合は翌日休、第3金曜が祝日の場合は第4金曜年末年始休

山大前やまとや

ダイナミックなチャーシューに驚嘆
すりおろしにんにくと濃口醤油ダレのうまみが効いたスープが、味の決め手。創業時から変わらぬ大きさで丼にのる、豚もも肉を2時間かけて煮込んだ濃厚味のチャーシューは、この店の名物となっている。

【必食】中華そば 650円
「米沢牛」の背脂を使ったスープは、あっさりが基本の米沢ラーメンのなかではこってり系。

山大前やまとや

まだある人気メニュー
●塩中華 650円
●野菜いため中華 750円

地元でも人気の行列店

山大前やまとやの詳細情報


住所
山形県米沢市城南3丁目3-33
交通
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環右回りで15分、山大正門下車、徒歩3分
営業期間
営業時間
休業日

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×