>  >  >  >  >  > 

萩【夏みかん】城下町の堀から顔を出す名産品!

まっぷるマガジン

更新日:2018年10月10日

この記事をシェアしよう!

萩【夏みかん】城下町の堀から顔を出す名産品!

萩の名産といえば、夏みかん。町のいたるところで見かけるが、実は明治初期に日本初の経済栽培として広まったもの。甘酸っぱい風味を生かした菓子や加工品は萩みやげの定番として人気を集めている。

夏みかんと萩のおはなし

土塀の上から夏みかんがのぞく萩ならではの風景。夏みかんの栽培は、明治維新で困窮した士族に生活の糧を与える対策として広まったのが始まり。その後も栽培が続けられ、現在では萩を代表する特産品となっている。

夏みかんと萩のおはなし

柚子屋本店

夏みかんや柚子などの柑橘類の加工品を扱う。夏みかんの加工風景は見学もできる。

柚子屋本店

夏みかんオレンジ4キュート180㎖648円
濃縮タイプのジュース。ほのかに甘く、フレッシュな味わい。みかん形の容器がキュート。

柚子屋本店

夏みかんゼリー80㎖257円
手搾りの夏みかんジュースと、大ぶりな夏みかんの実を使ったゼリー。凍らせても美味。

柚子屋本店

柚子屋本店

住所
山口県萩市椿東奈古屋1189
交通
JR山陰本線東萩駅から防長交通越ヶ浜行きバスで13分、終点下車、徒歩10分

光國本店

夏みかんを使った菓子の老舗。シーズン中は午前中で品切れになることも多い。

光國本店

萩乃薫 箱入り(小)1188円
夏みかんの皮を糖蜜煮した菓子。甘すぎず、口に入れると夏みかんの風味が広がる。

光國本店

夏蜜柑丸漬1296円
夏みかん味の羊羹が詰まっている。開店前から並ぶファンも多く、午前中に売り切れることも。

光國本店
光國本店

夏みかんマーマレード370g918円
食パンにはもちろん、ヨーグルトや紅茶とも相性バッチリ。煮物の隠し味にもおすすめ。

光國本店

光國本店

住所
山口県萩市熊谷町41
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩15分

道の駅 萩往還

特産品をそろえる物産館や、ブランド肉が味わえる食事処を併設する。

道の駅 萩往還

夏みかん酒510㎖993円
夏みかん特有のさわやかなリキュール。冷やしてストレートかロックで味わいたい。

道の駅 萩往還

道の駅 萩往還

住所
山口県萩市椿鹿背ヶ坂1258
交通
小郡萩道路絵堂ICから国道490号、県道32号、国道262号、県道32号を萩方面へ車で15km

たけなか松陰神社店

松陰神社境内の夏みかん菓子の店。夏みかんをくりぬいて羊羹を詰めた夏蜜柑丸漬や夏みかんの干菓子などがある。

たけなか松陰神社店

萩夏蜜柑冷菓「柑乃雫」500円
夏みかんの皮の器に、ジューシーな夏みかんの果汁をたっぷり使ったゼリーが入っている

たけなか松陰神社店

たけなか松陰神社店

住所
山口県萩市椿東船津松陰神社境内
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩15分

萩博物館

館内のミュージアムショップでは、萩の特産品や長州藩に関する書籍などを販売。

萩博物館

夏みかんソフト350円
夏みかんのピール入りのソースがかかったソフトクリーム。酸味は少なく食べやすい

萩博物館

萩博物館

住所
山口県萩市堀内355
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで42分、萩博物館前下車すぐ

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください