トップ >  九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 唐津・呼子 > 呼子 > 

唐津焼の窯元へ行ってみよう! 窯元見学&ショッピングナビ

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2022年9月9日

この記事をシェアしよう!

唐津焼の窯元へ行ってみよう! 窯元見学&ショッピングナビ

唐津焼は戦国時代末期が起源とされています。
江戸時代には「一楽、二萩、三唐津」といわれ、茶道の世界で珍重された歴史をもちます。

釉薬や文様の違いでさまざまな装飾様式があり、興味深い焼き物です。
近年は日常使いができるシンプルで手ごろな器を焼く窯元も増えた唐津焼。
窯元見学やショッピングを楽しんでみましょう。

唐津焼の「絵唐津」「斑唐津」「蛇蝎唐津」の特徴はこちら

唐津焼の「絵唐津」「斑唐津」「蛇蝎唐津」の特徴はこちら

絵唐津
木、草、花など祖俗な絵柄を描く
所蔵:佐賀県立九州陶磁文化館

唐津焼の「絵唐津」「斑唐津」「蛇蝎唐津」の特徴はこちら

斑唐津
白っぽい焼物の表面に黒や青の斑点が見える
所蔵:佐賀県立九州陶磁文化館

唐津焼の「絵唐津」「斑唐津」「蛇蝎唐津」の特徴はこちら

蛇蝎唐津
黒釉(鉄釉)の上に白い釉薬をかけて焼くと下地が溶け出し、蛇やトカゲの肌に見える

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

「唐津南蛮」という作風を生み出したことでも知られる中里隆さんと長男太亀さん、太亀さんの長男健太さんの親子孫三代が作陶に励む。唐津焼の名門、中里家の流れをくむ伝統的技法に創造性を加味した作品は、素朴でありながら存在感がある。

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

広大な敷地内にギャラリーや工房、倉庫、登り窯などが点在。中央には川が流れる

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

中里隆さんの作品。隆さんはアメリカやヨーロッパなどの海外で作品をつくることが多い

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

作品が並ぶショールーム

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

唐津粉引網目蕎麦猪口(3850円)、唐津粉引片口小鉢(2750円)、黒釉・粉引箸置(各880円)など使い勝手のいい太亀さんの作品

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

料理を盛り付ける食器は料理がよりおいしく、花を飾る花器は花がより美しく見えるようにつくることを心がけています
中里太亀さん

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

赤い釉薬を塗った器は、焼き上がると黒くなる

【唐津焼】”唐津南蛮”の手法を生み出した名窯へ「隆太窯」

工房では作陶風景が見学できる

隆太窯の作品を買うなら「洋々閣ギャラリー」

明治時代創業の和風旅館、洋々閣には隆太窯の中里隆さん、太亀さんと「mono hanako」として独立した次女花子さんの作品を展示、販売するギャラリーがある。定期的に展示会も開催している。

隆太窯の作品を買うなら「洋々閣ギャラリー」

3つの展示室があり、名品に出会える

隆太窯

住所
佐賀県唐津市見借4333-1
交通
JR筑肥線唐津駅からタクシーで10分
料金
唐津粉引網目蕎麦猪口(太亀作)=3780円/唐津粉引片口小鉢(太亀作)=2700円/黒釉・粉引箸置(太亀作)=648円/南蛮扁壺(隆作)=540000円/絵唐津鉢(太亀作)=16200円~/刷毛目片口(太亀作)=21600円/絵唐津角切向附(隆作)=10800円/

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

「土の顔(個性)を引き出す」の言葉のとおり、藤ノ木土平さんから生まれる焼物はどこか自由でのびやか。茶器や食器のほか創作性の高い作品を手掛け、唐津焼の新境地を開く。

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

渾身の作品をディスプレーしている

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

絵唐津組小鉢、斑唐津刻組皿など。値段は要問い合わせ

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

茶道歴40年の土平さん。訪れた人に茶をふるまってくれる

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

アトリエの一角に作品がずらり。さまざまな手法の唐津焼が並び、つい目移りしてしまう

【唐津焼】土のもつ個性を生かし、独自の世界観で作品をつくる「土平窯」

緑に囲まれた静かな場所にある土平窯

土平窯

住所
佐賀県唐津市鎮西町野元1315-3
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス玄海エネルギーパーク(循環<大手口>)行きまたは玄海エネルギーパーク(石原)行きで19分、上石室下車、徒歩16分(タクシーでは19分)
料金
コーヒーカップ=7000円~/六寸皿=15000円~(5枚セット)/

【唐津焼】唐津焼の器でいただきます! ランチ&カフェ

【唐津焼×ランチ&カフェ】ツガニ料理で名高い料亭「飴源」

姿煮、鍋、ぶつ切りを炊き込んだカニ飯などで味わうツガニ料理が名物。鮎に水飴をからませて焼く飴焼きは、初代から製法を守る。器はすべて特注の唐津焼。

【唐津焼×ランチ&カフェ】ツガニ料理で名高い料亭「飴源」

店の名物が並ぶ「川魚コース料理」は7139円から

【唐津焼×ランチ&カフェ】ツガニ料理で名高い料亭「飴源」

飴源

住所
佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2
交通
JR筑肥線浜崎駅から昭和バス細川(七山)行きで11分、五反田下車すぐ(タクシーでは6分)
料金
川魚コース料理=6771円~/川魚定食(平日のみ)=4633円/カニコース=6771円~/(サービス料10%込)

飴源

住所
佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2
交通
JR筑肥線浜崎駅から昭和バス細川(七山)行きで11分、五反田下車すぐ(タクシーでは6分)
料金
川魚コース料理=6771円~/川魚定食(平日のみ)=4633円/カニコース=6771円~/(サービス料10%込)

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。