トップ >  東北 > 北東北 > 秋田・男鹿 > 秋田 > 秋田市街 > 

【秋田タウン】街歩き♪おすすめスポットをチェック!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年12月2日

この記事をシェアしよう!

【秋田タウン】街歩き♪おすすめスポットをチェック!

JR秋田駅西側の市街地は、千秋公園をはじめとした主要観光スポットをはじめ雑貨店やカフェが建ち並ぶエリア。市街地をのんびりと歩きながら、注目スポットをチェックしたい。

秋田タウン巡りのコツ

秋田市観光案内所レンタサイクル

JR秋田駅改札前にあり、市外からの観光客なら、無料で借りることができる(4~11月、10台限定)。

中心市街地循環バス「ぐるる」

中心部のおもな観光施設への移動に最適な、秋田市内を循環するお得なバス。運賃は1回または1周につき100円で、1日乗り放題は300円。

バス停リスト
①買物広場
②秋田駅西口
③千秋公園入口
④木内前
⑤通町
⑥ねぶり流し館前
⑦大町通り
⑧交通公社前
⑨北都銀行前
⑩五丁目橋
⑪中通六郵便局前
⑫南大通り・中通病院前
⑬市民市場前

1 千秋公園

市街地を一望できる城跡公園
自然の地形を生かして築かれた秋田藩主佐竹氏の居城、久保田城跡。廃城後は公園として整備され、見張り台として使われていた御隅櫓からは、市街地が一望できる。

1 千秋公園

[Check!]
御隅櫓の展望室からは、桜、新緑、紅葉など四季折々の風景が見渡せる

御隅櫓は3階までが展示室となっている

1 千秋公園

春には一面に桜が咲き誇り見物客で賑わう

あきた文化産業施設「松下」

千秋公園の新名所
以前割烹料理店だった建物をリノベーションし、「茶寮」と「酒房」、「あきた舞妓事業」を運営。秋田の文化に触れられる複合施設になっている。

あきた文化産業施設「松下」

単一農園で収穫されたコーヒー500円と季節の甘味350円
※季節の甘味は料金が時期により異なる 

あきた文化産業施設「松下」

松下2階のお広間では、舞妓による艶やかな舞を鑑賞できる(予約制) 

あきた文化産業施設「松下」

開放的な「茶寮」は季節を感じながらくつろげる

秋田文化産業施設「松下」

住所
秋田県秋田市千秋公園1-3
交通
JR秋田駅から徒歩15分

千秋公園

住所
秋田県秋田市千秋公園1-1
交通
JR秋田駅から徒歩15分
料金
久保田城御隅櫓観覧料=100円/佐竹史料館観覧料=100円/

2 旧金子家住宅

江戸時代後期の貴重な卸商の旧家
江戸時代に古着商、明治に呉服商として栄えた旧家。江戸後期の町割りに沿った、奥に長い伝統的な建物が特徴的。昭和末期まで使用されており、後に有形文化財に指定された。

2 旧金子家住宅

[Check!]
幅7m、奥行き27m、くぎを1本も使用していないなど、豪商らしさがうかがえる建築物

昭和初期の店の様子を再現している

2 旧金子家住宅

1階の土間通りは入口から奥まで続く

2 旧金子家住宅

表からも大きな商家とわかる

2 旧金子家住宅

建物内の蔵はギャラリースペース

旧金子家住宅

住所
秋田県秋田市大町1丁目3-30
交通
JR秋田駅から秋田中央交通南浜回転地行きバスで5分、ねぶり流し館前下車すぐ
料金
大人100円、高校生以下無料

3 秋田市立赤れんが郷土館

旧秋田銀行本店が郷土資料館に
明治42(1909)年から約3年をかけて造られた旧秋田銀行本店。今は郷土資料館として郷土の版画家・勝平得之の作品などを展示。人間国宝の鍛金家・関谷四郎の記念室も併設している。

3 秋田市立赤れんが郷土館

[Check!]
外観はルネサンス様式を基調とし、内装はバロック建築の手法を取り入れている。

天井から床材まですべてが豪華で見応えたっぷり

3 秋田市立赤れんが郷土館

書庫や金庫室が展示スペースになっている

3 秋田市立赤れんが郷土館

ツートンの赤れんが館は国の重要文化財にも指定

秋田市立赤れんが郷土館

住所
秋田県秋田市大町3丁目3-21
交通
JR秋田駅から秋田中央交通新屋線バスで5分、赤れんが郷土館前下車すぐ
料金
大人200円、高校生以下無料(団体20名以上は大人160円)

4 Cafe Pamplemousse秋田店

パンケーキが人気のカフェ
フルーツから野菜やベーコンを使ったものまで、多彩なパンケーキメニューをそろえる。素材にこだわり、体に良いものを厳選して提供する。

4 Cafe Pamplemousse秋田店

[Check!]
アヒルと絵本がいっぱいで、遊び心にあふれた店内。書庫のようなスペースもある

開放的な店内にアヒルのおもちゃが約千個もある

4 Cafe Pamplemousse秋田店

綿菓子がのった空の上のパンケーキ1296円

Cafe Pamplemousse 秋田店

住所
秋田県秋田市大町3丁目1-6那波ビル
交通
JR秋田駅から秋田中央交通大川反車庫前行きバスで4分、交通公社前下車すぐ
料金
空の上のパンケーキ=1296円/

5 Cafe Èpice

居心地満点のインテリアカフェ
旭川を眺めながらゆったり過ごせるレトロなカフェ。店名はスパイスという意味で、その非日常的な空間はまさに刺激的。手作りの焼き菓子のみの購入もOK。

5 Cafe Èpice

[Check!]
ビル全体がアートな雰囲気で、ギャラリーやセレクト雑貨のショップも入居中。

手作りの焼き菓子でさえもインテリアになる空間

5 Cafe Èpice

スパイスチョココーヒーとスコーンのセット 950円

Cafe Epice

住所
秋田県秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル 2階
交通
JR秋田駅から秋田中央交通大川反車庫前行きバスで4分、交通公社前下車すぐ
料金
スパイスチョココーヒーとスコーンのセット=950円/

まだある注目スポット

●秋田市民俗芸能伝承館 (ねぶり流し館)
●あきた県産品プラザ

1 2

北東北の新着記事

弘前と藤崎で青森りんご旅 話題のりんご公園情報や最新りんごスイーツも!

りんご生産量日本一の弘前市と、「ふじ」が誕生した地、藤崎町。 青森でりんごをテーマにした旅をする際に、欠かせない2つの町をご案内します。 春になると可憐な白色の花が咲くりんご公園は、りんごの収...

秋田名物・きりたんぽ+ラーメン?「きりたんぽラーメン 比内地鶏醤油味」を実食

先日、秋田出身の知人から手土産でいただいた、きりたんぽラーメン 比内地鶏醤油味。 パッケージはとてもオシャレ&華やかなデザイン。 きりたんぽなの? ラーメンなの? 比内地鶏のスープって? ...

三陸鉄道「こたつ列車」走る! みかんと絶景と海の幸~冬から春への三陸海岸列車旅

クイズです。バスや飛行機にはなくて、列車にあるものはなんでしょう? 答え・・・「こたつ」・・・ 時折雪が舞うような三陸海岸の冬。厳しい自然の中を走り沿岸の町を結ぶ三陸鉄道に今年も「こたつ列車」...

「駅弁味の陣」歴代グランプリの名物駅弁全9品を味わう!

みなさまこんにちは。「駅弁こんしぇるじゅ」のマルワです。 駅弁大好き歴25年、これまで全国を旅して食した駅弁は2,000個以上。「駅弁大会」と聞けば連日通って“大人買い”、休日は朝昼夕と駅弁が食...

【秋田】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、秋田の定番スポットへ遊びに行こう!」 とても魅力的な誘いですよね、わかります。 ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。 コロナ禍の昨今、少...

【岩手】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、岩手の定番スポットへ遊びに行こう!」とても魅力的な誘いですよね、わかります。 ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。 コロナ禍の昨今、少...

【青森】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、青森の定番スポットへ遊びに行こう!」 とても魅力的な誘いですよね、わかります。 ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。 コロナ禍の昨今、少...

【全国】日本全国・津々浦々!旅先で見つけたご当地手ぬぐいをご紹介

汗を拭う・日よけにかぶる・お酒を包む・身に着ける・部屋に飾る… 使える用途が幅広い、日本の昔ながらの古き良きアイテム『手ぬぐい』。 この夏の時期は特に、花火大会、お祭り、温泉にと多くの場面で使える旅...
もっと見る

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。