トップ >  関西 > 滋賀・琵琶湖 > 

【滋賀】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

渡辺拓海

更新日: 2021年12月15日

この記事をシェアしよう!

【滋賀】穴場のおでかけスポット30選 コロナ禍でも安心して楽しめる!

「週末は、滋賀の定番スポットへ遊びに行こう!」
とても魅力的な誘いですよね、わかります。
ですが、定番スポット→みんなが行きたい→混み合う場所であることを忘れてはいけません。
コロナ禍の昨今、少しためらってしまいますよね。

そこで今回は、より魅力的なお誘い、
「週末は、滋賀の“穴場”スポットへ遊びに行こう!」のご提案!
公園でのんびりしたり、絶景を堪能したり、かわいい動物たちに癒されたり……さまざまな穴場スポット情報を厳選してお届けいたします。
次のお休みは、滋賀県の新しい魅力を見つけに行きましょう♪

※新型コロナウイルス感染症に関連した各施設の対応・対策により、営業時間等が異なる場合があります。最新情報は各施設の公式サイトでご確認ください

この記事の目次

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】烏丸記念公園<草津市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】烏丸記念公園<草津市>

アーチ形モニュメントやユニークな石の彫刻が並ぶ

烏丸半島の入口にある公園です。
「琵琶湖とその水で潤う近畿」をイメージした高さ15mのアーチ形モニュメントを中心に、12体のユニークな石の彫刻を眺めながら散策しましょう。

烏丸記念公園

住所
滋賀県草津市下物町1091-58烏丸半島
交通
JR琵琶湖線草津駅から近江鉄道バス琵琶湖博物館前行きで25分、終点下車、徒歩4分
料金
情報なし

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】滋賀県立近江富士花緑公園<野洲市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】滋賀県立近江富士花緑公園<野洲市>

近江富士の東山麓に広がる森林公園

近江富士の東山麓に広がった、滋賀県で唯一の森林公園。
植物園では桜やシャクナゲなど季節の花々を楽しめます。ロッジ・和室などの宿泊施設があり、さまざまな体験イベントも実施しています。

<新型コロナウイルス感染対策>
公園内の一部施設において、混雑時に入館制限を行う場合あり

滋賀県立近江富士花緑公園

住所
滋賀県野洲市三上519
交通
JR琵琶湖線野洲駅から近江鉄道バス花緑公園行きで15分、森林センター前または花緑公園前下車、徒歩5分
料金
入園料=無料/ロッジ(1棟、4人用)=16090円/宿泊和室=高校生以上3670円~、小・中学生2440円~/バーベキューサイト利用1炉(定員7名)=1510円/

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】膳所城跡公園<大津市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】膳所城跡公園<大津市>

水城跡に広がる湖畔の公園

湖水を利用し、天然の堀をめぐらした水城・膳所城の跡地。徳川家康が命じた天下普請のお城第一号として知られています。
明治維新の際に廃城となり、以降は本丸跡が公園として整備されました。桜の名所としても有名です。

膳所城跡公園

住所
滋賀県大津市本丸町7
交通
京阪石山坂本線膳所本町駅から徒歩5分
料金
情報なし

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】豊公園<長浜市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】豊公園<長浜市>

湖畔の美しい公園でくつろぐ

羽柴(豊臣)秀吉が築城した、長浜城の跡地に整備された公園です。
長浜城は江戸時代初期に廃城となり、資材は彦根城や大通寺へと移されました。園内には天守閣を模した長浜城歴史博物館のほか、太閤井戸などの遺構が残っています。

豊公園

住所
滋賀県長浜市公園町
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩5分
料金
長浜城歴史博物館=大人410円、小・中学生200円/

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】能登川水車とカヌーランド<東近江市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×公園】能登川水車とカヌーランド<東近江市>

関西一の大水車が回る

直径13mの巨大水車が回る伊庭内湖畔の親水公園。小川や芝生広場などがあり、ヨシ群生帯が広がっています。
水車の部品を展示する水車資料館も見どころのひとつです。

能登川水車とカヌーランド

住所
滋賀県東近江市伊庭町1269
交通
JR琵琶湖線能登川駅からタクシーで10分
料金
入場料=無料/カヌー=30分500円~/ペダルボート=30分700円~/釣り用ボート=半日2000円~/

【滋賀のおでかけ穴場スポット×植物園】草津市立水生植物公園みずの森<草津市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×植物園】草津市立水生植物公園みずの森<草津市>

さまざまな水生植物に出会う

烏丸半島の自然公園です。園内にあるロータス館は、国内外の多彩な水生植物や熱帯植物を展示していて、1年中楽しめると好評。
ハスうどんやハス味のソフトクリームが味わえるレストランも併設しています。

<新型コロナウイルス感染対策>
混雑時に入園制限を行う場合あり

草津市立水生植物公園みずの森

住所
滋賀県草津市下物町1091
交通
JR琵琶湖線草津駅から近江鉄道バス「びわ湖博物館・みずの森」行きで25分、みずの森下車すぐ
料金
入場料=大人300円、高・大学生250円、中学生以下無料、65歳以上150円(高・大学生、65歳以上は要証明証)/(障がい者は無料(要障がい者手帳))

【滋賀のおでかけ穴場スポット×植物園】もりやま芦刈園<守山市>

【滋賀のおでかけ穴場スポット×植物園】もりやま芦刈園<守山市>

約10,000本のアジサイが満開

日本のアジサイだけではなく、ヨーロッパからやってきた西洋アジサイも植えられている園内。
見ごろの6月上旬から7月上旬には、約10,000本のアジサイが咲き誇ります。

<新型コロナウイルス感染対策>
混雑時に入園制限を行う場合あり

もりやま芦刈園

住所
滋賀県守山市杉江町
交通
JR琵琶湖線守山駅から近江鉄道バス杉江循環線で10分、杉江東口下車、徒歩20分
料金
入園料(8~翌5月)=無料/入園料(6・7月)=大人200円、小・中学生100円、乳幼児無料/(団体20名以上の65歳以上・障がい者は50円、その同伴者1名無料、65歳以上は100円、障がい者100円、その同伴者1名無料)
1 2 3 4 5

滋賀・琵琶湖の新着記事

一軒家カフェから神社、雑貨店、銭湯まで。滋賀で話題の看板ねこに会えるHAPPYスポット5選

滋賀県で人気の看板ねこに会える、選りすぐりのスポットをご紹介。 古民家を再生した一軒家カフェ、鈑金屋さんの事務所にオープンした猫雑貨店、 日本書紀に綴られた神を祀る神秘の古社、地元の人にも旅人...

滋賀のおすすめケーキ店13選 美味しいケーキを食べるならこのお店!

多くのスイーツファンを魅了する滋賀のケーキ。 フルーツ系やチョコ系など、ショーケースを目の前にどれにしようかと迷うのも楽しみのひとつです。 店内でケーキを堪能するもよし、テイクアウトして自...

関西のおすすめアスレチック31選!大人も子供も楽しめる!

関西のおすすめアスレチックスポットをご紹介! 気軽に行ける公園から本格的なアスレチックまで、子供だけでなく、大人も楽しめるアスレチックもありますよ。 天気の良い日は、密を避けて思う存分に体...

【滋賀】子供の遊び場30選!子供と行きたいおすすめスポットご紹介

今回は、子供と一緒に行きたい滋賀のおすすめ遊び場スポットをご紹介! ふだんはお家の中や近所の公園を遊び場にしている子供たち。 毎日のことなので、いつもの場所でいつもの道具を使った遊びに飽きてき...

滋賀のデートスポットおすすめ50選! 定番から穴場までをご紹介

たくさんの見所がある滋賀には、カップルで訪れたいデートスポットがたくさん! 標高1100m、絶景展望とレジャーを楽しめる総合リゾート「びわ湖バレイ」、雄大な琵琶湖を一望できる「箱館山」、さまざま...

滋賀のおしゃれカフェ6選 映える休日を過ごそう!

行動が制限される今、「おしゃれカフェ巡り」を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。家族や恋人と、素敵な空間で非日常の休日を楽しみたい!滋賀県には、そんな願いを叶えてくれるおしゃれカフェがたくさんあ...

【滋賀】おすすめ公園20選!広々遊べて安心♪遊具や穴場スポットも紹介!

遊び場として、デートスポットとして、休憩場所として…様々なシーンで気軽に足を運べる公園は、とても魅力的ですよね。 日本最大の湖・琵琶湖を抱え、雄大な自然や奥深い歴史文化を持つ滋賀には、豊かな自然...

明智光秀の戦いとゆかりの城~戦国スペシャリストが語る京都の歴史・戦国時代編~

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で注目された明智光秀。 歴史上、「本能寺の変」という謀反を起こした人物として語り継がれてきました。その悪いイメージは、近年大きく変わりつつあります。光秀...

関西のとっておき超絶景10選 定番から知られざる穴場まで‼

全国に名をはせた定番の絶景スポットだけでなく、これまであまり知られていなかった穴場まで、長年、全国のガイドブックを制作してきたまっぷる取材班が「関西の超絶景スポット」を見つけてきました! コロナ...

【滋賀】ヤンマーミュージアムで遊ぼう! 最新のデジタル技術を駆使した体験型ミュージアムで子どもたちのチャレンジ精神を育む!

JR長浜駅から徒歩10分。農業機械でおなじみの『ヤンマー』の創業者・山岡孫吉の故郷・長浜にある体験型ミュージアム。 ヤンマーミュージアム内は、最新のデジタル技術を駆使した遊び場が詰まったチャレン...
もっと見る
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!

エリア

トップ >  関西 > 滋賀・琵琶湖 > 

この記事に関連するタグ