全国のおすすめの朝市スポット

全国のおすすめの朝市スポットをご紹介します。呼子朝市、函館朝市、宮川朝市など情報満載。

呼子朝市 (ヨブコアサイチ) 日本三大朝市に行ってみよう

毎朝7時半から正午まで、松浦町商店街で行われる朝市。「朝市通り」と呼ばれる200mほどの通りに、地元の魚介、旬の野菜、花などを並べた露店が立つ。試食を楽しみながら、イカ商品をチェック。

呼子朝市
呼子朝市
呼子朝市
呼子朝市

呼子朝市の詳細情報

住所
佐賀県唐津市呼子町呼子
交通
JR唐津線西唐津駅から昭和バス呼子(岩野)行きまたは湊(みなと園)(相賀)行きで47分、呼子下車、徒歩5分(タクシーでは23分)
営業期間
通年
営業時間
7:30~12:00(閉店)
休業日
無休(1月1日休)
料金
特産品=時価/

函館朝市 (ハコダテアサイチ) 北海道の新鮮魚介をおみやげに

函館駅からすぐの特等地に鮮魚店を中心に農産物や乾物を扱う店など約250軒が集結し、新鮮な海産物などを揃えている。気軽に試食をしながら買い物を楽しめる。

函館朝市
函館朝市
函館朝市
函館朝市

函館朝市の詳細情報

住所
北海道函館市若松町9-19
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
5:00~14:00過ぎ(時期、店舗により異なる)
休業日
店舗により異なる
料金
海鮮丼=1500円前後/たいやき=130円/メロンジュース=700円(L)/リンゴ&小松菜ジュース=650円(L)/かにまん=360円(1個)/イカ釣り体験=1000円前後/

宮川朝市 (ミヤガワアサイチ) 早朝からにぎわう人気スポット

宮川に沿って、鍛冶橋から弥生橋までの間で毎日実施されている朝市。新鮮な野菜や季節の果物、民芸品、漬物などを求めて、地元の人や観光客で賑わう。

宮川朝市
宮川朝市
宮川朝市
宮川朝市

宮川朝市の詳細情報

住所
岐阜県高山市鍛冶橋~弥生橋
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
7:00~12:00、12~翌3月は8:00~
休業日
無休
料金
要問合せ

日曜市 (ニチヨウイチ) 活気あふれる日本最大のストリートマーケット

高知城追手門から東へ約1kmにわたって約410軒の露店が並び、地元産の野菜や果物、日用雑貨などを販売する。約1万7千人の人出を誇り、県内外から多くの人が訪れる。時期にもよるが、店が出揃い比較的賑わうのは8~14時。

日曜市
日曜市
日曜市
日曜市

日曜市の詳細情報

住所
高知県高知市追手筋
交通
JR高知駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
5:00~18:00(10~翌3月は5:30~17:00)
休業日
月~土曜(1月1~2日休、8月10~12日休、日曜が重なる場合は休)
料金
桃太郎トマト=500円(一盛)/大判焼=100円/いも天=250円(1袋)/田舎寿司=350円/アイスクリン=200円/冷やしあめ=110円/冷やしレモン=110円/

輪島朝市 (ワジマアサイチ) 魚介などが並ぶ輪島の名物朝市

日本三大朝市のひとつで、1200年以上の歴史がある。200以上も連なる露店の場所は、家ごとに代々引き継がれてきたものだ。そこで商うおばちゃんとのおしゃべりも楽しみのひとつ。

輪島朝市
輪島朝市
輪島朝市
輪島朝市

輪島朝市の詳細情報

住所
石川県輪島市河井町
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス輪島行きで30分、終点下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:00~12:00
休業日
第2・4水曜(1月1~3日休)
料金
店舗により異なる
×