トップ > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 奄美大島 > 

【加計呂麻島】離島のおすすめスポットをチェック!

クロス編集事務所

更新日:2022年3月31日

この記事をシェアしよう!

【加計呂麻島】離島のおすすめスポットをチェック!

奄美大島の南に浮かぶ加計呂麻島。
動植物を育む豊かな森と、風光明媚な海岸線との間に、
昔ながらの風情を残す小さな集落が点在する。
フェリーでひと足のばして、
ゆったりとした時間が流れる非日常世界を味わおう。

加計呂麻島へのアクセス

古仁屋港から瀬相港行きまたは生間港行きのフェリーを利用。
古仁屋~瀬相は大人360円、所要25分、1日4便。
古仁屋~生間は大人360円、所要20分、1日3便。
車両(軽自動車・全長3~4m未満)はいずれも片道3130円。
島内は加計呂麻バスが瀬相港を中心に6系統8路線運行、各路線は1日3、4便のみ。
タクシーはない。レンタカーはあるが、台数が少ないので事前の予約が必須。
フェリーで車ごと渡る場合には、欠航にならないか天候をチェックしよう。

加計呂麻島へのアクセス

実久海岸

青のグラデーションが続く実久ブルーの海を満喫!
加計呂麻島の西端にあるビーチ。地元で「実久ブルー」と呼ばれる青く澄んだ海の色が美しく、ダイビングやシュノーケリングに最適。シャワーやトイレ、休憩所などもある。

実久海岸

加計呂麻島屈指の美しさを誇る海岸

実久海岸

島内随一の美しさを誇る遠浅のビーチ

実久海岸

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町実久
交通
瀬相港から加計呂麻バス実久行きで50分、終点下車すぐ
料金
情報なし

於斉のガジュマル

悠久を生き続けるガジュマル
海に面した於斉集落にある、樹齢700年ともいわれる巨大なガジュマル。無数の気根が幹を這うさまは迫力満点だ。近くのベンチに腰かけて、きれいな海をバックにしたガジュマルの景色をゆっくりと楽しみたい。

於斉のガジュマル

映画『男はつらいよ』のロケ地になったことでも知られる

於斉のガジュマル

於斉のカジュマルと青い伊子茂(いこも)湾が、南の島らしい風景を描く

於斉のガジュマル

伊子茂湾に面する伊子茂集落の小学校の前に立つ、通称「伊子茂まもる君」は人気者

於斉のガジュマル

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町於斉
交通
瀬相港からタクシーで10分
料金
情報なし

スリ浜

海のレジャーがさかんな島内屈指のリゾートエリア
「白い村」とも呼ばれる、白砂と青い海が美しいビーチ。ダイビングやジェットスキーといったマリンレジャーの人気スポットとあって、周辺にはレストランやペンションが多数建ち並ぶ。

スリ浜

シーズン中は海水浴客でにぎわう

スリ浜

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町諸数
交通
生間港から加計呂麻バス押角経由瀬相行きで10分、スリ浜下車すぐ
料金
情報なし

tsumugi

厳選素材で作られた自然派のランチ&おやつ
島の食材を使ったマクロビオティックの食事やスイーツ、天然酵母パンを提供。季節の島野菜が集うマクロビランチのほか、国産の自然栽培小麦粉や自然海塩などで作るクッキーやマフィンも好評。

tsumugi

緑に包まれたかわいいお店

tsumugi

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町押角452-3
交通
瀬相港から加計呂麻バス生間行きで15分、押角下車すぐ
料金
要問合せ

花富峠

夕日がきれいな絶景ポイント
花富集落と西阿室集落の林道は、地元では夕景の美しさで有名。道は狭く、落石や倒木などがあって険しいので、車はスピードを出さずにゆっくりと。軽自動車でのアプローチがおすすめ。

花富峠

青く透明な美しい海と、無人島の「須子茂離(すこもばなれ)」が望める

花富峠

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町花富

花富の木かげ

お昼寝したくなるガジュマルの木陰
島西部の花富集落にある、癒やし度満点の穴場スポット。大きなガジュマルの木陰から、弓なりに弧を描く美しいビーチが一望できる。

花富の木かげ

海を望む絶好の癒やしポイント

花富の木かげ

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町花富
交通
瀬相港からタクシーで25分
料金
情報なし
1 2

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください