トップ > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 広島・宮島 > 岩国 > 岩国市街 > 

山口 岩国のおすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年12月8日

この記事をシェアしよう!

山口 岩国のおすすめの観光・グルメスポット

岩国は岩国藩主の吉川家によって築かれた城下町。
錦帯橋や岩国城と合わせてめぐりたい観光&グルメスポットをご紹介!
なかでもご当地グルメである岩国寿司の店や、
テーマパークのように楽しめると話題のいろり山賊などは要チェックです♪

岩国のおすすめのグルメスポット いろり山賊 玖珂店

山々の四季を背景に豪快に食べる山賊料理
お花見に七夕、ハロウィン…一見すると季節のイベントだが、これらの催しを開催しているのが、山賊料理を提供する食事処。テーマパークのように楽しめると全国的に注目を集め、平日でも行列ができるほどの人気ぶりだ。

岩国のおすすめのグルメスポット いろり山賊 玖珂店

皇牛(すめらぎぎゅう)サーロイン150g(4950円)や山賊焼などが並ぶ

岩国のおすすめのグルメスポット いろり山賊 玖珂店

大人から子どもまで楽しめるよう工夫されている

いろり山賊

住所
山口県岩国市玖珂町1380-1
交通
JR岩徳線玖珂駅からタクシーで5分
料金
山賊焼=756円/山賊むすび=508円/皇牛サーロイン(150g)=4104円/ひちりん=821円/

岩国のおすすめのグルメスポット よしだ新館

新鮮な魚介を使った料理が自慢
瀬戸内海の魚や錦川の川魚など、新鮮な魚介料理が味わえる。岩国レンコンを使った名物の岩国寿司や郷土の味が詰まった寿司御膳がおすすめ。

岩国のおすすめのグルメスポット よしだ新館

目でも楽しむことができる岩国寿司(810円)

よしだ新館

住所
山口県岩国市岩国2丁目18-6
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで14分、椎尾神社下車すぐ
料金
鮎づくし(夏期のみ)・山女づくしのコース(通年)=5500円/寿司御膳=3300円/岩国寿司定食=1890円/岩国寿司=825円/日替(平日のみ)=1200円/特選おまかせ=1500円/

岩国のおすすめのグルメスポット 憩いの宿 半月庵

宇野千代作『おはん』の舞台で知られる
明治2(1869)年に茶室として誕生した割烹旅館。岩国寿司をはじめ季節と郷土色をとり入れ、職人が手間を惜しまず繊細な料理でもてなしている。

岩国のおすすめのグルメスポット 憩いの宿 半月庵

一番人気の「半月御膳」(2200円)

憩いの宿 半月庵

住所
山口県岩国市岩国1丁目17-27
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで14分、椎尾神社下車、徒歩3分
料金
岩国寿司膳(数量限定)=1728円/懐石料理=4320円~/懐石重(昼)=2916円(寿司入)・2700円(白ごはん)/半月御膳=2160円/(ランチメニュー以外はサービス料別)

岩国のおすすめのみやげスポット 獺祭ストア 本社蔵

日本酒ブームの火付け役
いまや日本を代表する美酒として名を馳せる「獺祭」。本社に併設するストアでは試飲のほか、旭酒造で作られる日本酒を購入することができる。

岩国のおすすめのみやげスポット 獺祭ストア 本社蔵

木のぬくもりを感じる斬新なデザイン

電話:0827-86-0800(旭酒造)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休
住所:岩国市周東町獺越2128
アクセス:JR周防高森駅からタクシーで15分
駐車場:無料

岩国のおすすめのみやげスポット 八百新酒造

純米酒にこだわる酒蔵
明治10(1877)年創業の酒蔵。気品ある香り味わいの雁木は、ANA国際線ファーストクラスで提供されていた。酒蔵見学は事前に問い合わせを。

岩国のおすすめのみやげスポット 八百新酒造

雁木 純米大吟醸 ゆうなぎ(720㎖2475円)

電話:0827-21-3185
営業時間:要問い合わせ
定休日:日曜
住所:岩国市今津町3-18-9
アクセス:JR岩国駅から徒歩20分
駐車場:無料

岩国のおすすめのみやげスポット うまもん 漬物工房

自然発酵法から生まれた伝統の漬物
自然発酵させた無添加の漬物「うまもん」の工場。井戸から湧き出る地下水を使い、原菜に重石をのせる昔ながらの作り方を貫く。白菜本漬をはじめ18種類の漬物がある。

岩国のおすすめのみやげスポット うまもん 漬物工房

単品や詰め合わせ、季節限定商品などがある

漬物 うまもん

住所
山口県岩国市岩国1丁目14-11
交通
JR山陽新幹線新岩国駅からいわくにバス錦帯橋行きで10分、錦帯橋バスセンター下車、徒歩5分
料金
甘酢白たくあん=550円/三度漬白菜=390円/

岩国のおすすめの観光スポット 宇野千代生家

昭和の女流文学者の足取りを知る
岩国出身で昭和初期から平成にかけて活躍した女流作家宇野千代の生家。庭に植えられた薄墨桜や百余本のモミジや苔が美しい。

岩国のおすすめの観光スポット 宇野千代生家

約300坪の広い敷地に建つ

宇野千代 明治30(1897)年〜平成8(1996)年

郷土出身の女流作家
岩国出身の作家で、大正10(1921)年に処女作『脂粉の顔』が入選。その後の『おはん』、千代の自伝的小説といわれる『生きていく私』は家族や生まれ育った岩国への愛情がうかがえる。93歳のとき岩国市名誉市民に選ばれた。

宇野千代生家

住所
山口県岩国市川西2丁目9-35
交通
JR岩徳線川西駅から徒歩5分
料金
入場料=高校生以上300円、小・中学生100円/(団体は割引あり、障がい者と同伴者入館料100円)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください