コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【岡山城】名園を見晴らす漆黒の城をクローズアップ

【岡山城】名園を見晴らす漆黒の城をクローズアップ

by mapple

更新日:2018年2月9日

岡山後楽園を散策したあとは、月見橋を渡って岡山城へ。城内では築城当時の姿が残る石垣や月見櫓も見ておきたい。

岡山城ってこんな城

宇喜多秀家が築城
時の天下人、豊臣秀吉の五大老のひとりであった宇喜多秀家が慶長2(1597)年に築城。

別名は烏城
三層六階の天守閣の外壁下見板には黒漆が塗られて、太陽にあたると烏の濡れ羽色に見えることから「烏城」と呼ばれている。

再建した天守閣
かつては35の櫓と、21の城門を誇る城だったが、明治時代には国の所有になり、また太平洋戦争下の空襲による戦災でその多くを失った。現在の天守閣は鉄筋コンクリート造りで、外観を旧状通りに再現したもの。石垣からの高さは20.45m。

創建当時を想定した金のシャチホコ

岡山後楽園の全景や市街地を一望

幻想的な夜が過ごせる夏期イベントの烏城桃源郷

旭川越しに見る北側からの天守閣

1.月見櫓

岡山城本丸に残る唯一の櫓
3階建ての建物は城外からは2階建てに見え、出窓には敵を討つための工夫がされている。城側の窓は大きく開き、城主が月見を楽しんだといわれている。

重文
優美な姿の櫓

2.石垣

構築技法の発達が見られる
建築当時の「野面積」から、江戸初期の「打込ハギ」、「切込ハギ」という異なる手法を見ることができる。2万8000個に及ぶ石は、瀬戸内海の犬島から運ばれた。

表書院の石垣では3種類の石垣が見られる

月見櫓の野面積

3.西丸西手櫓

江戸初頭建築
本丸の外周をめぐる二の丸内郭にあたる西丸。明治時代に城郭や、櫓の多くが取り壊され、現在では西丸西手櫓と一部の土塀だけが残っている。

重文
天守閣が建つ烏城公園からは離れた場所に建つ

4.林原美術館

岡山城二の丸対面所跡に建つ
岡山藩主池田家伝来の調度品や書跡、絵画などの大名道具類と、林原一郎の刀剣、陶磁器などのコレクションを収蔵展示。

正門は江戸時代から残る長屋門

雨天でもOK!天守閣で楽しもう

【1階】備前焼工房で自分だけの備前焼を 

手動ロクロを使い、皿や箸置き、小鉢などを作る。制作は約1時間で、焼き上がった作品は後日発送してくれる(送料別途)。

6種類の中から好みの品を制作

旅の記念に挑戦してみよう

【1階】お城茶屋でお城パフェを食べる

白桃のピューレのジュレの上に、県産の桃やぶどう、いちごといった旬のフルーツがのる。1日限定50食。甘味や食事メニューもそろう。
9:30〜16:30

城内の食事・甘味処

白桃、シャインマスカットなどのお城パフェ1058円(内容は季節により異なる)

【2階】お殿様&お姫様体験

城主の間で豪華絢爛な衣装の着付け体験ができる。各回5名まで、所要約10分。
10:00〜15:00(5回開催、予約不可)
体験無料

記念撮影ができる大名かご

散策あとのお楽しみスポット

碧水園

川越しに城を望みながらくつろぐ
100年前の渡瀬船の材料を使った風情ある造りのカフェ&レストラン。全席から岡山城と旭川を眺めることができる。レンタルボート場を併設。

ここがベストシート
木漏れ日の中でひと休みできるテラス席

スワンボートで旭川を遊覧20分1800円

岡山城をイメージした烏城カレー750円

揚げたてきびだんご(きなこ、抹茶)1本190円

城見茶屋

贅沢な景色を見ながら食事を
岡山後楽園南門近くに建つ食事処。県産のかも川手延べうどんや、白桃ピオーネカレー、旬の野菜を使ったメニューがそろう。

ここがベストシート
旭川に面した座敷席から岡山城を望む

地物旬物天ぷらうどん1000円

筆者:mapple

まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18」です。掲載した内容は、2017年7〜10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×