>  >  >  >  >  > 

岡山の絶品ご馳走!瀬戸内の海の幸、山の幸が勢ぞろい!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月19日

この記事をシェアしよう!

岡山の絶品ご馳走!瀬戸内の海の幸、山の幸が勢ぞろい!

温暖な瀬戸内気候にはぐくまれた岡山は、新鮮なさわらや下津井のたこ、希少な千屋牛など滋味豊かな食材の宝庫。岡山自慢のごっつぉ(ごちそう)を心ゆくまで堪能しよう。

さわら

旬 4~5月・10~2月
岡山はさわらの消費量全国1位。傷みやすいため、刺身で食べられるのは岡山ならでは

はまゆう

鮮魚店直営!活きのよさが自慢
1階にある鮮魚店が展開する海鮮居酒屋。さわらや下津井たこなど旬の魚料理が年中味わえる。県内外の銘酒が充実していることでも知られ、刺身、焼き魚、鍋などの魚料理に飲み放題付のお任せコース5000円からが人気。

はまゆう

カウンターケースには新鮮な魚介が並ぶ

はまゆう

適度な食感と酸味が食欲をそそるしゃこ酢600円

はまゆう

さわらの造り 1300円
脂ののった白身は「刺身の王様」と呼ばれるにふさわしい味わい

おすすめメニュー

・活タコ刺身 800円
・真魚鰹の照り焼き(夏期限定) 1000円
予算 3000円~
席数 80席

和風居酒屋 あかり

多彩なさわら料理に感動
さわらの刺身はもちろん、軽く炙って脂のうまみをひき立たせた鰆のたたきポン酢、鰆のしゃぶしゃぶ1500円など、さわら料理が充実。迷ったときは、食べ比べができる岡山尽くしコース4100円がおすすめ。

和風居酒屋 あかり

女性客も多いおしゃれな雰囲気

和風居酒屋 あかり

鰆のたたきポン酢 980円
タタキにすることでうまみが増し、食感の違いを楽しめる

おすすめメニュー

・鰆の玉子焼き 720円
・地元漁師からの直送!地穴子の天麩羅 1350円
予算 4000円~
席数 91席

千屋牛

旬 通年
新見市千屋地区で生産。松阪牛や神戸牛などのルーツといわれ、やわらかくうまみが強いのが特徴

TEPPAN KU-YA

カジュアルに楽しめる鉄板焼き
創業は屋台のたこ焼き屋という異色の鉄板焼き店。県産の野菜を使ったメニューや千屋牛、うになどがリーズナブルに食べられ、県外からのファンも多い。鉄板焼きのシメには、ぜひ15種類ほどそろうたこ焼きを。

TEPPAN KU-YA

桃太郎大通りに面した好立地

TEPPAN KU-YA

カウンター席とテーブル席がある

TEPPAN KU-YA

千屋牛A-5モモステーキ(100g) 3218円
ほどよい霜降りと赤身が絶品。ミディアムレアがおすすめ

おすすめメニュー

・ソースたこ焼き(6玉) 648円
・ピーチポーク肩ロースステーキ 1058円
予算 4000円~
席数 21席

下津井たこ

旬 7~8月
潮流の速い下津井沖で育ち、水揚げされたまだこ。足が太く、歯ごたえが良い

岡山料理専門店 cooking of art Ikiya

地元岡山の味を発信する
下津井のたこや黄にらなど地元食材を使った創作メニューが人気。蒜山やきそば700円やシャコ丼850円などご当地メニューもおすすめ。清水白桃を使ったカクテルや焼酎、地酒とともに味わいたい。

岡山料理専門店 cooking of art Ikiya

温かみのある木目調のインテリア

岡山料理専門店 cooking of art Ikiya

しゃきしゃきとした食感が楽しい黄にらの握り(1カン)150円

岡山料理専門店 cooking of art Ikiya

地だこのみぞれポンズ 950円
弾力のある下津井たこをそぎ切りにし、食べやすくした一品

おすすめメニュー

・千屋牛のタタキ ポンズ添え 1620円
・岡山パクチーと桃太郎トマトのサラダ 850円
予算 3500円~
席数 37席

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18」です。掲載した内容は、2017年7〜10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください