>  >  >  >  >  > 

【栃木市】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2019年2月2日

この記事をシェアしよう!

【栃木市】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

旧栃木町役場

レトロなグリーンが目印、栃木屈指の洋館
県庁堀沿いにある大きな洋館は、栃木町役場として大正10(1921)年に建てられ、1998年に国の登録文化財となった。現在は外観のみ見学可能。2018年秋〜2020年頃改修予定。

旧栃木町役場

市の近代史を物語るうえで欠くことのできない建物

旧栃木町役場

住所
栃木県栃木市入舟町7-26
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩15分
料金
情報なし

あだち好古館

浮世絵などの貴重な品々を展示
江戸末期から続く呉服問屋の初代当主が収集した品々を展示。なかでも歌川広重の『東海道五十三次』は、当時の初版もので貴重。

あだち好古館

館内は、江戸の文化とロマンがあふれている

あだち好古館

住所
栃木県栃木市万町4-2
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩12分
料金
大人400円、小人250円(20名以上の団体は大人350円、小人200円、障がい者手帳持参で50円引)

とちぎ山車会館

迫力ある山車を展示する
2年に1度開催されるとちぎ秋まつりの際に市内を練り歩く、豪華絢爛な江戸型山車を展示。美しい彫刻と金糸銀糸の刺繍を施した人形山車を観賞できる。

とちぎ山車会館

豪華絢爛な祭りの雰囲気を体感しよう

とちぎ山車会館

住所
栃木県栃木市万町3-23
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩15分
料金
大人500円、中学生以下無料(20名以上の団体は大人400円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

田楽あぶでん

老舗醸造所の味噌田楽を味わう
天明元(1781)年、油屋として創業。幕末から味噌の醸造を始めた。店内では、自家製味噌を使った田楽がいただける。

田楽あぶでん

江戸時代からの歴史を感じさせる店構え

田楽あぶでん

長期熟成した深みのある油伝味噌を使用

田楽あぶでん

住所
栃木県栃木市嘉右衛門町5-27
交通
東武日光線新栃木駅から徒歩10分
料金
十麹粒味噌(ポリ袋)=850円(1kg)/田楽盛合せ=530円(3本)/伝兵衛もち1本=220円/

まるこぽーろ

上質な肉料理と海の幸を鉄板焼きで味わう
とちぎ和牛の鉄板焼きやしゃぶしゃぶが楽しめる店。鉄板焼きは目の前でシェフが繰り広げるパフォーマンスを見ながら、贅沢でおいしい時間が過ごせる。

まるこぽーろ

大人気の鉄板焼きは予約がおすすめ

まるこぽーろ

住所
栃木県栃木市片柳町2丁目2-2
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩5分
料金
鉄板ランチ=2484円~/特選とちぎ和牛コース=9720円/

栃木の和スイーツ

食べ歩きにぴったりな和スイーツをピックアップ。もちろん手みやげにもおすすめ!

和菓子もめん弥 本店

風情ある和菓子店
古民家を利用した、米菓や和スイーツがそろう和菓子店。中庭に面してお休み処があり、お茶が振る舞われるサービスも。

和菓子もめん弥 本店

ぼくポチ(1個)195円

和菓子もめん弥本店

住所
栃木県栃木市倭町2-18
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩10分
料金
蔵の街まんじゅう=108円(1個)/いちごパイ=162円(1個)/ぼくポチ(5種類)=195円(1個)/森のぽんぽこりん=162円(1個)/

武平作だんご 栃木駅前店

厳選素材の名物団子
年間100万本以上を販売する看板商品の武平作だんごは、毎日つきたての餅で作るみずみずしい団子。あんみつも絶品。

武平作だんご 栃木駅前店

武平作だんご(1本)108円

武平作だんご 栃木駅前店

住所
栃木県栃木市境町1-22
交通
JR両毛線栃木駅からすぐ
料金
武平作だんご=98円(1本)、486円(5本)/あんみつ、豆かん=378円/黒糖まんじゅう=87円/久助=249円(300g)/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください