トップ > 中国・四国 > 四国 > 松山・道後・石鎚山 > 松山 > 松山市街 > 

「UNDER GROUND CAFÉ 」は夜カフェが楽しめる

食事もお酒もOKの夜カフェ
朝4時(月曜は深夜2時まで)までの営業がうれしい夜カフェ。バーとしても利用できる。テイストの異なるイスやテーブルが店内を彩る。ブレンドコーヒーは550円。

「UNDER GROUND CAFÉ 」は夜カフェが楽しめる

お気に入りの席でくつろごう

UNDER GROUND CAFE

住所
愛媛県松山市大街道3丁目6-6岡崎産業第2ビル 1階
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車、徒歩5分
料金
タコライス=864円/ブラウニーケーキ=756円/ブレンドコーヒー=540円/

「みよしの 」で名物のおはぎをパクリ

老舗の甘味処で名物おはぎを
大納言で作る自家製餡を使った五色おはぎは、こし餡、つぶ餡、ごま、のり、きなこの5種類。夏はかき氷、冬はぜんざいなども味わえる。

「みよしの 」で名物のおはぎをパクリ

五色おはぎ 700円

みよしの

住所
愛媛県松山市二番町3丁目8-1
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車、徒歩5分
料金
五色おはぎ=650円/ぜんざい=600円/かき氷=600円~/

「蔵元屋 」で地酒をゆっくり味わおう

愛媛の地酒を飲み比べ
県内の蔵元が造る地酒のアンテナショップ。立ち飲みスタイルの店内で、1杯100円から飲み比べができ、じゃこ天300円など簡単なおつまみも味わえる。

「蔵元屋 」で地酒をゆっくり味わおう

約150銘柄がそろう

蔵元屋

住所
愛媛県松山市一番町1丁目11-7
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車すぐ
料金
地酒=100~500円(60ml)/地酒呑み比べセット(3種)=700円~/じゃこ天=300円/チーズのもろみ漬け=300円/

「西岡菓子舗」で銘菓「​つるの子」を

上品な甘さの「つるの子」
創業以来40年間守られた製法で作る元祖「つるの子」は松山銘菓。卵の白身に見立てたフワフワの生地で黄身クリームを包んでいる。上品な甘さと不思議な食感が人気。

「西岡菓子舗」で銘菓「​つるの子」を

つるの子150円。他に創作和菓子が並ぶ

西岡菓子舗

住所
愛媛県松山市道後一万9-56
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで21分、南町下車、徒歩5分
料金
つるの子=150円(1個)/季節の生菓子=130~230円/干菓子=70円~/(原材料費値上がりのため10円の値上がりの可能性あり)

「あさつゆマルシェ」で鮮度抜群の野菜をゲット!

売場面積日本最大級の産直市場
約1000坪の売り場面積を持つ産直市場。柑橘をはじめ、県内産の野菜や果物、加工品などが一堂にそろう。弁当類やお菓子、花卉、工芸品もあるので人気商品はお早めに。

「あさつゆマルシェ」で鮮度抜群の野菜をゲット!

東温市の複合施設レスパス・シティ内にある

あさつゆマルシェ

住所
愛媛県東温市見奈良1125レスパスシティ内
交通
伊予鉄道横河原線見奈良駅から徒歩7分
料金
店舗により異なる

見どころ&グルメが盛りだくさんの愛媛観光の拠点、松山タウン

四国最大の街としてにぎわう松山市。道後温泉をはじめ坊っちゃん列車や松山城など有名な観光スポットは必ず訪れたいですね。まだまだほかにもある魅力的な観光スポットやグルメの店もぜひ旅のプランに加えてみましょう。

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください