コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【尾道】来たら味わいたい!王道グルメをチェック!

【尾道】来たら味わいたい!王道グルメをチェック!

by mapple

更新日:2018年7月15日

尾道を訪れたからには、地元で愛され続ける王道グルメを味わいたい!行列必至の尾道ラーメンや個性的なお好み焼きなど気分に合わせてセレクトしよう♪

尾道ラーメン

コク旨の醤油スープ
豚の背脂が浮いた醤油ベースのスープと平麺が特徴。店ごとの個性を楽しみたい。

朱華園

多くのファンが列を作る有名店
昭和22(1947)年の創業で、地元客に愛される名店。奥行きのある醤油スープ、自家製の平麺、大きめの背脂が三位一体となった「中華そば」を求め、多くの人が列をなす。【尾道本通り商店街周辺】

中華そば 600円
鶏ガラベースの醤油スープが平麺によくからむ

行列覚悟で訪れてみよう

つたふじ

魚介だしのうま味がしみる
屋台からスタートし、60年以上の歴史を持つ人気店。豚骨と海産物ベースのマイルドな醤油スープと、ミンチにした豚の背脂とのバランスも◎。麺はストレートの細麺を使う。【海岸通り】

中華そば(並) 550円
歯ごたえのあるストレートの細麺が素朴な味わいのスープとよく合う

カウンター席のみのこぢんまりとした空間

めん処みやち

天ぷらの衣がスープにコクをプラス
創業70年以上の老舗。先代から受け継いだスープは鶏ガラ、豚骨、煮干しからだしをとる、あっさりかつコク深い味わい。中細ちぢれ麺との相性も抜群だ。【尾道本通り商店街周辺】

天ぷら中華(並) 630円
少しちぢれた麺の上に小えびのかきあげをのせた看板メニュー

カラフルな色合いの店内

本通り商店街の路地にある

尾道焼き

ご当地お好み焼き
砂ズリ、駄菓子のイカ天、蒸し麺を使った尾道ならではのお好み焼き。少し小ぶりサイズ。

いわべぇ

特製の生地と砂ズリの食感が抜群!
地元に愛されるお好み焼き店。店主が手際よく焼く尾道焼きは、砂ズリやイカ天のうま味が凝縮。軽い口あたりで女性でもペロリと味わえる。【尾道本通り商店街周辺】

尾道焼 850円
ぶつ切りの砂ズリとイカ天がたっぷり。卵、そば入り

瀬戸内の魚介

獲れたての海の幸
近海で獲れる新鮮な魚介を使ったメニューも名物。なかでも穴子やカキ料理は要チェック!

鮨と魚料理 保広

地元産の魚介を味わえる絶品ちらし寿司
漁師から直接仕入れた瀬戸内の鮮魚が主役の食事処。おすすめは、旬魚三昧のちらし寿司。尾道ではおなじみの小エビのそぼろが味に深みを加える。【海岸通り】

ちらし寿司定食 1650円(ランチのみ)
尾道で獲れた穴子など旬の魚がのる。小鉢、吸い物付き

地元でも一目置かれる名店

ロケーションランチ

眺めもごちそう!
尾道水道を眺める味自慢の飲食店も見逃せない!景色も一緒に味わい尽くそう。

潮待ち茶屋 花あかり

目も舌もお腹も満足の魚介ランチ
海を一望できる店内で尾道の鮮魚を中心とした和食が楽しめる。なかでもボリュームのあるランチはお得感たっぷり。【海岸通り】

潮待ち膳 1080円
刺身、天ぷら、小鉢、茶碗蒸しなどが付いた充実の内容

店内からは尾道水道を一望

こめどこ食堂

お米と発酵をテーマにした地産地消メニュー
瀬戸内の魚介や農家直送の野菜、自家栽培する米を、厳選した地元調味料で味付け。昼は食堂、夜はダイニングとして営業。【JR尾道駅周辺】

こめどこ定食 1300円
4種類のメインから1つをチョイス。副菜のおばんざいは種類豊富

2階から尾道水道を見下ろす

商店街周辺で見つけたステキカフェ

あくびカフェー

学舎風の空間が魅力
ゲストハウス「あなごのねどこ」に併設。木造校舎を思わせる空間で給食メニューを満喫。

レトロで懐かしい雰囲気

甘味処ととあん

名物のわらび餅を召しあがれ
手作りの和菓子と日本茶が味わえる。純国産わらび粉を100%使った黒いわらび餅が人気。

本わらび餅 1000円
自分で石臼を挽いて大豆から作るきな粉と黒蜜をつけて味わう

店内には和の趣が漂う

やまねこカフェ

地元客が集うカフェ
地元で人気なカフェレストラン。4種類ある日替わりランチやスイーツが定番。

やまねこパフェセット 1050円
エスプレッソをかけた大人のパフェと、ドリンクのセット。写真はやまねこラテ

オリジナルグッズも販売する

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×