コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  鹿児島タウンの魅力が満載!注目の3エリアをチェック!

鹿児島タウンの魅力が満載!注目の3エリアをチェック!

by mapple

更新日:2018年2月12日

鹿児島タウンのなかでもっとも旬のエリアといえば、JR鹿児島中央駅周辺、天文館、名山町。エリアごとに特徴があり、行ってみたくなる魅力が満載!

マストな鹿児島中央駅周辺

九州新幹線とJR在来線が乗り入れ、多くの人でにぎわっているJR鹿児島中央駅。直結する駅ビルや、スタイリッシュなカフェがあり、電車の待ち時間や移動途中の休憩スポットに便利。
なんでもござれの駅ビル
駅近のおしゃれカフェ

アミュプラザ 鹿児島

ショッピングもグルメもここ1か所でOK!
JR鹿児島中央駅桜島口(東口)に直結する駅ビル。本館とプレミアム館からなり、ファッション、コスメ、雑貨など幅広いショップが集まる。本館地下1階の「味の小径」には、しろくまの元祖「天文館むじゃき」や「ラーメン専門 こむらさき」など地元の人気店が並ぶ。

JR鹿児島中央駅2階の改札フロアと1階で繋がる

東急ハンズ 鹿児島店

プレミアム館4~6F
楽しい生活を送るためのヒントを提案する「ヒントマーケット」がコンセプト。西郷どんグッズや鹿児島特産の甘口醤油のミニボトルなど、鹿児島ならではのアイテムがある。

えきマチ1丁目 鹿児島

改札口の目の前でアクセス抜群
JR鹿児島中央駅西口側にある商業施設。鹿児島県内の選りすぐりの商品が集まる「みやげ横丁」、黒豚や地鶏料理が味わえる8店の飲食店が並ぶ「ぐるめ横丁」、家電量販店「ビックカメラ」などがある。

「みやげ横丁」は新幹線改札口の正面で便利

薩摩じねんや

「みやげ横丁」内にある。鹿児島喜界島産の黒糖と知覧茶を使った「抹茶花林糖饅頭」や「季の葉サブレ」などがおすすめ。

「薩摩花林糖饅頭」は6個入り810円。小豆餡、練乳餡、いも餡、抹茶練乳餡の4種類

すすむ屋茶店

鹿児島県産のお茶でティータイム
鹿児島県産のさまざまな茶を取りそろえる。手前のショップでは茶葉のほか、オーナーの眼鏡にかなった全国の茶器、茶菓子などを販売。店の奥にカフェコーナーがあり、お茶や甘味が楽しめる。本日の緑茶は389円、和菓子は162円から。

ぜんざい(702円)には、急須入りの緑茶が付く

落ち着いた雰囲気の店内にはお茶の香りが漂う

Mebuki 中央店

【2017年6月OPEN】
フォトジェニック間違いなし
鹿児島市宇宿に本店をかまえるハンバーガー専門店の2号店。黒毛和牛と黒豚を使ったパティは、肉汁を閉じ込めるため時間をかけてじっくりと焼く。ランチはハンバーガーのみで、ディナーはグリル料理などが味わえる。

メブキバーガー(1280円)。3cmほどの厚さのバンズは、無添加の材料を使った特注

ニューヨークの集合オフィスをイメージした店内

レジェンド天文館

鹿児島最大の繁華街。老舗の百貨店や郷土料理店、みやげ店をはじめカフェ、ブティックなど新旧さまざまな店が建ち並ぶ。
2つの大型マーケット
老舗・定番のみやげ店

山形屋

100年の歴史をもつ老舗の百貨店
宝暦元年(1751)年の創業時は呉服店で、大正6(1917)年に百貨店として営業をスタート。1号館から4号館まで4つの建物に分かれる。鹿児島の特産品や民芸品が多数そろい、地元客や観光客など多くの人が訪れる。

ルネサンス調の外観が目を引く

What

1号館中4階
ステーショナリーの品ぞろえが豊富。一角には、鹿児島モチーフのアイテムを集めたコーナーがある。

世界中のギフト雑貨がそろう

マルヤガーデンズ

地域の魅力を発信
旧三越鹿児島店の建物をリノベーションした複合商業施設。ファッション、コスメ、雑貨、食料品などの多彩な店舗が入る。「ガーデン」と呼ばれるオープンスペースを各フロアに設け、ワークショップや展覧会など地域性の高いイベントを開催。

緑化された外壁が目を引く

ブランジェ~かごしま まちの駅~

B1F
食品や工芸品、雑貨など、「鹿児島の良いもの」を集めたセレクトショップ。洗練されたデザインのパッケージのアイテムが多く、みやげはもちろんプレゼントにおすすめ。

地産地消をテーマにした商品が並ぶ

薩摩家 いづろ店

アレンジさつま揚げが豊富
スタンダードなものからたこ焼き天、芋天などの変わりダネまで、バラエティー豊かなさつま揚げ10種以上が並ぶ。店内では揚げたてのさつま揚げや、さつま揚げをアレンジしたライスバーガーなどがイートインできる。

半熟玉子とさつま揚げを挟んだとろたまバーガー(360円)。ほかに、えび入りのさつま揚げを挟んだ「エビ」、紅しょうがやねぎをトッピングしたさつま揚げが入る「お好み」がある

魚のすり身を使ってハッシュドポテト風に揚げたハッシュドさつま(100円)。ベーコンとチーズの2種類があり、注文が入ってから揚げる

店内にジェラートスタンドを併設していて、カフェ利用ができる

かごしま特産品市場

鹿児島県内の特産品が一堂に
鹿児島本土はもちろん、屋久島や奄美大島などの離島を含む南北600kmに広がる鹿児島県全域の特産品が集まるアンテナショップ。1階は食品、2階は焼酎や工芸品を扱う。

鹿児島県産の黒豚を使った肉味噌が人気

トレンド名山町

天文館から歩いて10分ほど。築50年の雑居ビル「レトロフトチトセ」を中心に、古くからの町並みが残る一方でおしゃれなカフェや雑貨店がオープンしている。
感度高めのリノベビル

レトロフトチトセ

さまざまな感性、個性派アイテムが集まる
レトロなビルの1階と地下1階は、占有スペースがあいまいな不思議な空間。そこに、飲食店、古書店、雑貨店が同居している。客は食堂のランチの順番を、古書店の本を読みながらカフェで待つというふうに使い勝手にも仕切りがない。1か所でいろいろな商品やグルメに出合うことができる。

地下1階から2階はテナント、3階から5階は住居

森のかぞく

創業昭和53(1978)年の「そのやま農園」のレストラン。自社農園でとれたものを中心に、野菜をふんだんに使った料理が味わえる。

ランチの森のかぞくごはん(1404円)

HANANOKI FARMLAB

自社製のソーセージとパンを使ったホットドッグ店。あらびき、すねにく、フランク、カレーの4種類があり、350円から。テイクアウトできる。

ホットドッグは白パンとライ麦パンから選ぶ

KISSACOミツタ

店の地下にある焙煎室で、店主の満田さんが焙煎。ハンドドリップで一杯ずついれるコーヒーは苦みが少なく、すっきりとした味わい。

「本日のコーヒー」は一杯330円

1 day キモノ

ふだん着用の着物のレンタルと、足袋や帯紐などの小物や和雑貨を販売。着付けと簡単なヘアセット込みで1日5000円。前日までに予約が必要。

studio pekepeke

「ホンキであそぶ」がコンセプトのデザインユニットの事務所。オリジナルデザインのベビーグッズなどを展示販売している。

ベビーブランド「KAIJU JAPAN」のアイテム

Epice. cafe. kagoshima

SNSで人気のおしゃれなカレーカフェ
淡いブルーの外観が目を引く。インドのスパイスとトマトや玉ねぎなどの野菜だけを使ってつくる本格的なインドカレーと、黒毛和牛を煮込んだビーフカレーが看板メニュー。マフィンやチーズケーキなどのスイーツは日替わり。

やわらかく煮込んだタンドリーチキンが入るジャイカカレー。ドリンク付きで1000円

2階に大きな窓があり、開放的

周辺スポットをCheck!

鹿児島ブランドショップ 

鹿児島県内の特産品が約2100点
産業会館の1階にある物産館。焼酎、さつま揚げ、かるかんなどをはじめ、薩摩焼や郷土玩具など約2100点のアイテムが並ぶ。話題性のある商品を集めたイベントコーナーに注目。

鹿児島県内の食品や工芸品が集まる

みなと大通り公園

冬場のライトアップが美しい
鹿児島市役所から鹿児島港へと街路樹が続く通り。噴水やオブジェが点在し、冬期はライトアップされる。

ライトアップされた通りの風景は格別

筆者:mapple

まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18

発売日:2017年12月20日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年9月〜11月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×