トップ > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 鹿児島・桜島 > 鹿児島 > 城山 > 

鹿児島市内観光おすすめ王道スポット!

クロス編集事務所

更新日:2021年12月14日

この記事をシェアしよう!

鹿児島市内観光おすすめ王道スポット!

鹿児島市営バスが運行する周遊バス「カゴシマシティビュー」に乗って、鹿児島市内に点在する主要観光スポットをめぐろう!

JR鹿児島中央駅

「若き薩摩の群像」がそびえる駅前広場を出発
旅のスタートは、JR鹿児島中央駅。改札口を出て右側が「桜島口(東口)」で、左側が「西口」。カゴシマシティビューをはじめ、路線バス、定期観光バス、鹿児島市電を利用する場合は「桜島口(東口)」へ。改札口がある2階フロアには「鹿児島中央駅総合観光案内所」や「さつまち鹿児島中央駅」などがある。複合商業施設「アミュプラザ鹿児島」のプレミアム館と直結していて、本館とは連絡通路で結ばれている。

JR鹿児島中央駅
by fotolia - © japal

フォトスポット
桜島口(東口)の駅前広場には、日本の近代化に貢献した「若き薩摩の群像」がそびえる。アミュプラザ鹿児島の観覧車もからめて記念写真を撮ろう!

JR鹿児島中央駅

鹿児島中央駅総合観光案内所(099-253-2500)では、観光案内、宿の紹介などのほか、公共交通機関の1日乗車券の販売もしている

鹿児島市維新ふるさと館

西郷どんの時代を展示品やドラマで体感
西郷隆盛、大久保利通など、薩摩が誇る偉人を紹介する歴史ミュージアム。薩摩独自の教育システム「郷中教育」を体感するゾーンや、リアルなロボットと映像を駆使したドラマが見られる維新体感ホールがある。

鹿児島市維新ふるさと館

実物に近いサイズで再現した西郷隆盛ロボット

維新ふるさと館

住所
鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩8分
料金
大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人240円、小・中学生120円、障がい者手帳、療育手帳など持参で入館無料)

西郷隆盛銅像

鹿児島でいちばん有名な西郷どん像
鹿児島市中心部、中央公園の向かい側に建つ。台座を含めて高さ約8mという巨大な西郷隆盛の銅像は、明治6(1873)年に行われた陸軍特別大演習のときの軍服姿。

西郷隆盛銅像

鶴丸城跡(鹿児島城跡)がある通り沿い、中央公園の前にある西郷隆盛の銅像。撮影の工夫次第で、おもしろい写真が撮れる

西郷隆盛銅像

土・日曜、祝日は、西郷隆盛の愛犬ツンといっしょに撮影できるかも

西郷隆盛銅像

住所
鹿児島県鹿児島市城山町4
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで10分、西郷銅像前下車すぐ
料金
情報なし

K10カフェ

目の前に西郷さん! 特等席でひと休み
西郷どんの妻イトの弟のひ孫、若松宏さんが店長のカフェ。桜島をモチーフにした桜島アイス(330円)や両棒餅が楽しめる。島津家の「丸十」の家紋を記したK10カフェ限定ロールケーキが人気。

K10カフェ

薩摩藩の「丸十」の家紋が!
奄美産の黒糖を使った生地で、安納いものクリームを巻いたK10カフェ限定のロールケーキとフリードリンクのセットは800円

K10カフェ

西郷隆盛銅像のすぐそばにある鹿児島まち歩き観光ステーション

K10カフェ

住所
鹿児島県鹿児島市城山町2-30二之丸ビル 5階
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで10分、西郷銅像前下車すぐ
料金
ロールケーキとフリードリンクのセット=800円/

城山

薩摩のシンボルを眺める絶景!! 桜島ビュー
鹿児島のシンボル、桜島のビュースポットとしては、城山公園の展望台がもっとも有名。標高107mからは、桜島、錦江湾、鹿児島市街を一度に目におさめることができる。明治10(1877)年の西南戦争の最後の激戦地としても知られ、西郷ゆかりの史跡が点在する。

城山

堂々とした桜島を眺める鹿児島タウン屈指のビュースポット

城山

城山バス停のすぐ近くにある「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」。日帰り入浴ができる「展望露天温泉 さつま乃湯」の入浴料は大人2680円

城山

住所
鹿児島県鹿児島市城山町
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで20分、城山下車すぐ
料金
情報なし

旧鹿児島紡績所技師館(異人館)

【世界遺産】
日本人大工の苦心の技が隠された和洋折衷
薩摩藩が、日本初の洋式紡績所をつくった際に、英国人技師の宿舎として慶応3(1867)年に建築。日本に残る初期西洋建築のひとつで、洋風木造2階建ての建造物としては現存最古とされる。外観はコロニアル式の洋風ながら、柱などの寸法は寸尺とし、屋根裏の小屋組みは和小屋の製法を採用した和洋折衷。「異人館」の名で呼ばれる。館内では異人館の歴史と変遷、当時の生活空間のほか、世界遺産の価値や魅力を紹介。

土・日曜、祝日はボランティアガイドが常駐
週末の土曜、日曜と祝日は、観光ボランティアガイドが常駐していて、館内を案内してくれる。利用料は無料。

旧鹿児島紡績所技師館(異人館)

【建物は国の重要文化財敷地は国の史跡】
梁間も18.18m
2階から桜島ビュー
2階はガラス窓を設けた回廊になっていて、錦江湾や桜島を眺めることができる
東京駅と同じ八角形
玄関部は東京駅に見られるような八角形を半分にした張り出しがあり、内部はホールになっている
1階四方は石畳の回廊
1階の四方に石畳の回廊をめぐらせたコロニアルスタイル
桁行も18.18m

旧鹿児島紡績所技師館(異人館)

住所
鹿児島県鹿児島市吉野町磯9685-15
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで34分、仙巌園前下車すぐ
料金
大人200円、小・中学生100円(障がい者手帳および敬老パス持参で入館料無料)

いおワールド かごしま水族館

愛嬌たっぷりの海の生物に会いに行こう
桜島桟橋のすぐそばにあり、イルカのパフォーマンスが人気。色を変化させながら、水中を優雅に舞うクラゲは、インスタスポットとしても話題。

いおワールド かごしま水族館

錦江湾をはじめ鹿児島の近海は、クラゲ類の宝庫。温帯性のものから亜熱帯性のものまで多種多様なクラゲが生息していて、「クラゲ回廊」ではさまざまなクラゲを展示している

いおワールドかごしま水族館

住所
鹿児島県鹿児島市本港新町3-1
交通
JR鹿児島中央駅から市営バスかごしま水族館方面行きで15分、水族館前・桜島桟橋下車すぐ
料金
入館料=高校生以上1500円、小・中学生750円、幼児(4歳以上)350円/(鹿児島市、熊本市、福岡市、北九州市に在住の70歳以上は入館料半額、身体障がい者手帳、療育手帳等持参で入館料無料)
1 2

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください