トップ > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 鹿児島・桜島 > 鹿児島 > 城山 > 

鹿児島【西郷どん】ゆかりのスポットめぐり

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年7月21日

この記事をシェアしよう!

鹿児島【西郷どん】ゆかりのスポットめぐり

鹿児島市内に点在する西郷隆盛ゆかりのスポットを車でひとめぐり。定番スポットはもちろん、知る人ぞ知るスポットもお見逃しなく。

明治維新偉人ロード

ある日突然、薩摩の偉人が苔アートに!
鹿児島市郊外の小山田町、古園集落と呼ばれる住宅街に、2016年9月に鹿児島の偉人が描かれた壁画が突如として現れた。よく見ると、塀にこびりついた苔を削ってつくられた「苔画」。近くで看板業を営む古園望さんの作品だ。評判を聞きつけて、県内外から多くの人が足を運ぶ。

明治維新偉人ロード

54世帯が住む小さな古園地区にあらわれた苔アート。およそ300mの坂道に約30点の作品が並ぶ

西郷どん情報
苔アートの撮影は、壁面と苔のコントラストがはっきりする晴天時がおすすめ!

マナーハウス島津重富荘

リノベした邸宅で優雅なランチ
島津御一門家の筆頭格、重富島津家の本邸として建てられた屋敷で、館内にレストランと結婚式場がある。生鮮品から調味料に至るまで、食材の多くは鹿児島を中心に吟味を重ねた九州産。吟味した食材で、鹿児島出身のシェフが腕をふるう。

マナーハウス島津重富荘

重富島津家当主が客をもてなした「謁見の間」。柱や欄間、白薩摩焼の装飾品が当時のまま残されている

マナーハウス島津重富荘

ランチは3000円から8000円、ディナーは1万円から1万8000円(税・サ別)。写真は前菜、肉、魚、アミューズ、スープ、デザート2品、コーヒーまたは紅茶が付く4500円のランチのイメージ

西郷どん 大河ドラマ館

ドラマの出演者になりきって記念写真を撮ろう
NHK大河ドラマ『西郷どん』のスタートに合わせて誕生した観光施設。実際にドラマで使用した小道具、衣装の展示のほか、ロケメイキング映像の上映などを行う。撮影セットの再現コーナーでは、ドラマさながらの記念写真を撮影することもできる。

鹿児島市維新ふるさと館

西郷さんの時代を展示品やドラマで体感
西郷隆盛、大久保利通など明治維新に活躍した偉人の出身地加治屋町にある歴史ミュージアム。西郷隆盛の義妹の肉声で西郷どんの実像を知ることができるコーナーや、リアルなロボットと映像を駆使したドラマが見られる維新体感ホールがある。2018年1月には、1階の一部が当時の様子を映像の中で体験できるインタラクティブゾーンにリニューアルオープン。

鹿児島市維新ふるさと館

西郷どん情報
館内には身長約180cmだった西郷隆盛の実物大人形があり、肩を並べて写真を撮ることができる。

歴史ロード“維新ふるさとの道”

西郷に思いを馳せ歩く
鹿児島市維新ふるさと館のそば、甲突川沿いに整備している散策路。薩摩の郷中教育などについて解説する説明板を置くほか、一角には下級武士の屋敷「二ツ家」を再現した建物がある。

歴史ロード“維新ふるさとの道”

武家門をイメージしたゲート

歴史ロード“維新ふるさとの道”

住所
鹿児島県鹿児島市加治屋町
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩8分
料金
情報なし

維新ふるさと館

住所
鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩8分
料金
大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人240円、小・中学生120円、障がい者手帳、療育手帳など持参で入館無料)

西郷隆盛銅像

鹿児島でいちばん有名な西郷どん像
台座を含めて高さ約8mのこの像は、鹿児島でもっとも有名な西郷隆盛銅像。背後には西郷が西南戦争で最期を遂げた城山、同じ通り筋には鶴丸城跡(鹿児島城跡)がある。軍服で身を固めた姿は、明治6(1873)年に行われた陸軍特別大演習のときのもの。

西郷隆盛銅像

すぐ横には、西郷隆盛の直系子孫、西郷隆夫さんの店「K10カフェ」がある

西郷隆盛銅像

通りを隔てて向かい側に、カメラを置いて写真が撮れる撮影スポットがある

西郷隆盛銅像

住所
鹿児島県鹿児島市城山町4
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで10分、西郷銅像前下車すぐ
料金
情報なし

城山

西南戦争の最終決戦地から桜島を眺める
緑に覆われた標高107mの丘。城山は明治10(1877)年の西南戦争で最後の激戦地となり、西郷隆盛が自決した場所として知られる。一帯は公園として整備されていて、桜島を真正面に眺める展望台は絶好のビュースポット。

城山

展望台からは桜島の雄姿を望むことができる
西郷どん情報

土・日曜、祝日には、展望台に観光ボランティアガイドが待機していることが多いため、西郷どんについてなど、いろいろ質問してみよう

西郷洞窟

西郷隆盛が最後に過ごした洞窟 展望台から徒歩10分
総攻撃を受けた西郷隆盛が最後の5日間を過ごした洞窟。広さは奥行4m、間口3mほど。当時は10ほどの洞窟があったといわれるが、現在は2つが残っている。

西郷洞窟

私学校の生徒たちをともない、死を覚悟して洞窟を出た西郷隆盛がしのばれる

西郷洞窟

住所
鹿児島県鹿児島市城山町
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで15分、西郷洞窟前下車すぐ
料金
情報なし

城山

住所
鹿児島県鹿児島市城山町
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで20分、城山下車すぐ
料金
情報なし

もっと知りたい西郷どん!!

西郷隆盛関連のスポットは、鹿児島県内にまだまだある!

鹿児島県歴史資料センター黎明館

鹿児島の歴史や文化がわかる貴重な資料を展示 西郷隆盛銅像から車で5分
鶴丸城跡(鹿児島城跡)にある人文系の総合博物館。鹿児島の歴史、考古、民俗、美術、工芸に関する資料をはじめ、西郷隆盛や大久保利通など幕末、維新の偉人に関する貴重な資料を展示。

鹿児島県歴史資料センター黎明館

鹿児島県歴史・美術センター黎明館

住所
鹿児島県鹿児島市城山町7-2
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通まち巡りバスで13分、薩摩義士碑前下車すぐ
料金
常設展=大人400円、高・大学生250円、小・中学生150円/(身体障がい者手帳、療育手帳および精神障がい者保健福祉手帳持参で、本人と介護者1名入館無料、県内在住の70歳以上は証明書持参で入館無料、県内在住の18歳以下は土日祝日は入館無料(令和2年度まで))

西郷南洲顕彰館

ファン必見! 西郷どんの魅力がわかる 城山から車で10分
西郷隆盛没後100年を記念した記念館。本館では、西郷自筆の書や手紙、西南戦争などの歴史関連の資料を展示。パネルや映像でわかりやすく紹介する。

西郷南洲顕彰館

西郷南洲顕彰館

住所
鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
交通
JR鹿児島中央駅から市営バス吉野支所前・北営業所前・高齢者福祉センター伊敷行きで15分、竪馬場下車、徒歩7分
料金
大人200円、小・中学生100円(身体障がい者手帳(1級~3級、65歳以上4級まで)、精神障がい者手帳または療育手帳持参で本人と同伴者1名無料、鹿児島市、福岡市、北九州市、熊本市在住の70歳以上無料)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください