コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  宮崎【綾】手作りのぬくもり感じる工房の町で雑貨さがし

宮崎【綾】手作りのぬくもり感じる工房の町で雑貨さがし

by mapple

更新日:2018年2月17日

世界有数の照葉樹林地帯で、緑に囲まれた綾。豊かな自然とそこに住む人々のあたたかさにひかれ、創作拠点をこの地におくアーティスト、クラフトマンが多い。点在する工房をめぐってお気に入りの雑貨を探そう。

レンタサイクルを活用しよう!

綾町をめぐるときに便利なのが自転車。綾ふれあい館では3種類の自転車を貸し出していて、2時間200円から、以後30分50円。綾手づくりほんものセンターの敷地内にある観光案内所では、電動機付き自転車を2時間300円、2時間以降は30分50円で借りることができる。

自転車でめぐればラクラク♪
綾ふれあい館には電動機付き自転車やタンデム自転車もある

綾ふれあい館

ぬくもりあふれる匠の作品を展示
綾町の特産品が並ぶショップ、休憩できるサロンスペース、店や展示を行うレンタルスペースを併設。ショップでは木工製品や焼 物など地元作家の作品、ジュース、ドレッシングなどが買える。

宮崎産の木材を使った2階建ての建物。中に入ると木の香りが漂う

綾ふれあい館から出発

「銀色少年とアカイふらすこ」の子供茶碗(2160円)。軽くて持ちやすい

「銀色少年とアカイふらすこ」の器。ポップでかわいらしいデザイン
焼物は5、6軒の窯元の作品を置く

Hands~みんなの手づくり~

個性的なハンドメイド雑貨が集まる
創業昭和57(1982)年の元町窯の敷地内にある。綾町をはじめ県内外の作家約40人が手作りした手芸雑貨やアクセサリー、服、元町窯の器を置く。隣接の「元町ベーカリー」の自店製パンも販売。

商品はいずれも手ごろで、クリスティーナさんがよいと思ったものを置く

普段使いにぴったりの食器や花器のほか、遊び心が感じられる陶人形などがある

雑貨やアクセサリーが並び、にぎやかな雰囲気

児玉工芸

一生つき合いたい木の器
飯椀、重箱、トレーなど、木製の器が並ぶ。木目や色、艶、さわりごこちなど、どれも木の特製を生かしたシンプルな仕上げで、何度も修理を重ねて大切に使うファンが多い。

代表の児玉喜輝さんがデザイン、製作した作品が並ぶ児玉工芸

右上から時計まわりにイチイガシの深汁椀4860円、センダンの角皿3240円、エンジュのぐい呑み1620円、カゴノキの小鉢1296円

大きいサイズはビアジョッキに、小さいサイズはコーヒーカップにぴったり。大5610円、小4530円

陶房 八十一

シンプルで美しい独創的な器
綾町の中心部から少し離れた山間に工房を構える。有田焼の基本を学んだのち、唐津焼の中里隆氏のもとで修業を積んだ興梠智一さんの作風は、その双方の特色と魅力をもつ。

自宅の横にある小さな工房で、新しい作品が生まれる

器(参考商品)

白薩摩の土を使い、蹴ろくろでつくるオリジナル

綾の手紬染織工房

藍を重ねて真心を織り込む
蚕の飼育から糸引き、染色、織のすべての工程を一貫して行う。主宰の秋山眞和さんは、綾に二人いる「現代の名工」のうちの一人。購入した藍染商品は、有料で染め直しも受け付けている。染色体験はハンカチで1620円。

藍で染色したあとは綾町の湧水で洗い、色を定着させる

Lunchスポット

美菜食膳 古嶋

体が喜ぶスローな料理
菜食主義の店で、オリジナルの精進料理が味わえる。肉の食感、風味を再現した多彩な料理は食べごたえがあり、栄養満点。ごはんは、長岡式酵素玄米ごはんか、季節の野菜を使った土鍋ごはんから選ぶ。

無農薬栽培の野菜を料理した「照る葉膳」は2100円。デザート3品を含む全11品

FUKUTOMIFarm Garden Aya

田園の中に建つガーデンカフェ
田園風景の中で、緑の芝生に洗練された白い建物が目を引く。意外な場所にありながら、自家製の米を使った米粉パンの評判は高く、町内外から訪れる客が絶たない。

テラス席があり、のどかな風景を眺めながら食事できる

米粉パン各種110円~

筆者:mapple

まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18

発売日:2017年11月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年5~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×