>  >  >  >  >  > 

【沖縄・那覇】おすすめの居酒屋10選! 国際通り周辺で飲む!

まっぷるマガジン

更新日:2020年8月26日

この記事をシェアしよう!

【沖縄・那覇】おすすめの居酒屋10選! 国際通り周辺で飲む!

ほろ酔い気分でまったり過ごす那覇の夜。
南国沖縄ならではの山海の幸や泡盛を味わって、心もおなかも満たされましょう。

酒呑みキーワード

泡盛
タイ米と黒麹菌から造る、沖縄ならではの蒸留酒。度数が高く、味わいは濃厚。水割りが一般的な飲み方。

古酒
泡盛を3年以上寝かせて熟成させたもの。角がとれてまろやかになり飲みやすい。ストレートで味わうのがおすすめ。

カラカラ
泡盛の徳利として使われる、急須のような形の陶製酒器。添えのおちょこは「ちぶぐゎー」という。

国際通りの居酒屋で飲む!

うりずん

店自慢の泡盛でもてなす沖縄料理の人気店

1972年創業の、泡盛を世に広めた草分け的存在の店。県内の全泡盛酒造所の銘柄をはじめ、8年以上甕で熟成させた店オリジナルの古酒が楽しめる。繁盛店なので予約が望ましい。【国際通り】

うりずん

代表的な沖縄料理のほとんどがメニューに並ぶ

うりずん

うりずん特製古酒 12年もの(30度、カラカラ)1426円~

うりずん

田いもに豚肉、椎茸などを混ぜて揚げたドゥル天713円はこの店が発祥

うりずん

たっぷりの泡盛で煮込んだラフテー951円。みそ味がうりずん流

うりずん

ペースト状にした黒ごまを豚肉にまぶして蒸したミヌダル832円

カラカラとちぶぐゎ〜

泡盛マイスターが酒と料理でおもてなし

新酒から40年ものの古酒まで、県内全酒造所の主要銘柄が約100種類もそろう。料理にも定評があり、3人の泡盛マイスターが、酒や相性のよい料理選びに気さくに対応してくれる。【国際通り】

カラカラとちぶぐゎ〜

新里酒造の「琉球」(30度、1合)900円。軽やかでフルーティーな香りが特徴

カラカラとちぶぐゎ〜

海老の石垣島ラー油炒め850円。ピリ辛のラー油に食欲がアップ

カラカラとちぶぐゎ〜

泡盛と味わうことで肉のうまみがひきたつ、島豚あぐーの鉄板焼き900円

カラカラとちぶぐゎ〜

新鮮な島だこを使った、島ダコのシークヮーサーマリネ850円

カラカラとちぶぐゎ〜

イチオシ泡盛
新里酒造の琉球(30度、1合)900円
軽やかでフルーティな香りが特徴。飲みやすいので初心者にも◎

小桜

歴史ある小料理屋で味わう泡盛と新旧沖縄料理

1955年創業の小料理屋で味わえるのは、昔ながらの沖縄料理とアイデアあふれる創作料理。現在は3代目店主が腕をふるい、どの料理も泡盛とともに酒の席を盛り上げることうけあい。【国際通り】

小桜
小桜

やんばる酒造の「まる田」(30度、1盃)330円~。グラスは440円

小桜

ソーメンチャンプルー770円。にんにくが効いた絶品人気メニュー

小桜

趣のある店内。カウンター席のうしろには、ずらりと泡盛の瓶が並ぶ

ゆうなんぎい

沖縄版おふくろの味に出会える老舗の名店

米軍統治時代から続く郷土料理の老舗。県内産の新鮮な野菜や獲れたての魚介を使った手作りの料理は、ほっとできるあんまー(おかあさん)の味。約50種類の家庭料理が味わえる。【国際通り】

ゆうなんぎい

チャンプルーをはじめ、メニューにはポピュラーな沖縄料理が並ぶ

ゆうなんぎい

石垣島の「八重泉」(30度、1合)670円。芳醇な香りが◎

ゆうなんぎい

ていねいに下処理をし、醤油や砂糖などで煮込んだ、てびちの煮つけ680円

\ゆいレール安里駅からすぐ!/栄町市場商店街の居酒屋でちょい飲み!

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください