コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【那覇】夜のお楽しみ♪南国居酒屋をチェック!

【那覇】夜のお楽しみ♪南国居酒屋をチェック!

by mapple

更新日:2018年5月23日

多彩な沖縄グルメが楽しめる居酒屋は、旅の一日を締めくくる、とっておきのお楽しみ。ビールや泡盛片手に、あり、かんぱ〜い!

酒呑みキーワード

泡盛
タイ米と黒麹菌から造る、沖縄ならではの蒸留酒。度数が高く、味わいは濃厚。水割りが一般的な飲み方。

古酒
泡盛を3年以上寝かせて熟成させたもの。角がとれてまろやかになり飲みやすい。ストレートで味わうのがおすすめ。

カラカラ
泡盛の徳利として使われる、急須のような形の陶製酒器。添えのおちょこは「ちぶぐゎー」という。

うりずん

泡盛ファンで賑わう沖縄料理の名店
1972年創業の、泡盛を世に広めた草分け的存在。県内46ある泡盛酒造所の銘柄や、長年寝かせた店オリジナルの古酒がおすすめ。繁盛店なので予約がベター。

風情あふれる店構え

店の人との会話が弾むカウンター席

ドゥル天 648円
田いもに豚肉や椎茸を混ぜた揚げ物。この店が元祖の看板料理

ゴーヤーチャンプルー648円
シャキシャキのゴーヤーと堅めの島豆腐を玉子でとじた定番料理

ジーマーミ豆腐540円
ピーナッツの濃厚な味わいとプルプル食感が人気の一品

ニガナの白和え 648円
整腸作用が期待できる、独特の苦みの葉野菜を白和えに

イチオシ泡盛
うりずん特製古酒12年もの(30度、カラカラ)1458円〜
古酒の醍醐味である、芳醇な香りと深い味わいが楽しめる

カラカラとちぶぐゎ〜

泡盛マイスターが酒と料理でもてなす
新酒から40年ものの古酒まで、県内全酒造所の主要銘柄が約100種類もそろう。3人の泡盛マイスターが酒や相性のよい料理選びに気さくに対応してくれる。

海老の石垣島ラー油炒め800円
ぷりっぷりの海老とピリ辛のラー油がベストマッチ

島ダコのシークヮーサーマリネ 800円
新鮮な島だこを県産シークヮーサーで和えてさっぱりと

島豚あぐーの鉄板焼き 800円
脂の甘さが特徴のあぐー。泡盛と一緒に食べるとうまみがひき立つ

イチオシ泡盛
新里酒造の琉球(30度、1合)900円
軽やかでフルーティな香りが特徴。飲みやすいので初心者にも◎

居酒屋野郎 りょう次

地元っ子に人気の創作居酒屋
沖縄の食材を使い、趣向を凝らした創作メニューが自慢。泡盛の品ぞろえもバッチリで、地元客にも観光客にも支持されている。駅から近いのもポイント。

テーブル席のほかカウンター席もある

シャコ貝の刺身972円
コリコリした食感がクセになる沖縄県産のシャコ貝

てびち煮付(1個)486円
シンプルな塩味でていねいに煮込んだ店自慢のメニュー

りょう次巻き 627円
まぐろ、アボカドなど具材たっぷりの巻き寿司は4つ入り

イチオシ泡盛
咲元(25度、1合)540円

店主が惚れ込んだ老舗酒造所の泡盛は、クセがなく飲みやすい

なかむら家

うまい魚と酒を求めて客が集う実力店
料理長の目利きで仕入れた鮮度抜群のグルクンやイラブチャーなどの魚介が、沖縄の家庭料理に変身する。魚のすり身を揚げたなかむら揚げ540円も評判。

常に客で賑わう店内

刺身盛り合わせ(1人前)756円
イラブチャーなど旬の近海魚が日替わりで味わえる※写真は3人前

グルクンの唐揚げ 648円〜
レモンを搾って、頭からしっぽまでまるごと食べられる

イチオシ泡盛
なかむら家オリジナルグリーンボトル(30度、720㎖)1944円

久米島の湧き水で仕込んだ1本。マイルドな飲み口で人気

小桜

歴史ある店で味わう新旧沖縄料理
約60年にわたりのれんを守る。各蔵元の代表銘柄の泡盛はもちろん、昔ながらの沖縄料理や塩ナンコツソーキなどの新メニューが、酒の席を盛りあげる。

ソーメンチャンプルー 550円
具はキャベツとにんにくのみの、シンプルイズベストな一皿

塩ナンコツソーキ750円
トロトロに煮込んだ軟骨は、箸がすすむあっさりとした塩味

イチオシ泡盛
山川酒造の珊瑚礁(30度、1合)800円

すっきりと飲みやすい。八重岳の湧き水仕込み

民謡居酒屋へ行こう

とぅばらーま

力強い琉球サウンドを雰囲気抜群の店で
昔懐かしい沖縄の雰囲気を再現した民謡酒場。本格的な沖縄民謡から島唄ポップスまで幅広いライブが行なわれる。ステージとの一体感を楽しもう。

ラストはカチャーシー(手踊り)で盛りあがろう

沖縄の台所 ぱいかじ 国際通り店

三線に耳を傾けながら王道料理三昧
耳なじみのよいポップな沖縄音楽のライブを毎日開催。ライブのみならず、スタンダードな沖縄料理と約40種類の泡盛が味わえると定評がある。

三線(さんしん)の生ライブに酔いしれよう

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×