トップ >  関東・甲信越 > 北関東 > 水戸・大洗・日立 > 水戸 > 水戸市街・偕楽園 > 

水戸の納豆グルメおすすめはこちら! 茨城が誇るソウルフード

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2023年11月8日

この記事をシェアしよう!

水戸の納豆グルメおすすめはこちら! 茨城が誇るソウルフード

今なお史跡が残り、歴史スポットが盛りだくさんの茨城県水戸エリア。
そんな水戸の名物といえば納豆。
今では全国に知られた県民食です。
本場では、多彩な納豆料理も楽しめることをご存じでしたか?
創作料理、懐石スタイルの定食などこだわりの納豆料理がそろいます。
カラダにやさしく、おいしい納豆料理をご堪能あれ!

【茨城・水戸】なんで納豆が名物なの?

江戸時代、水戸藩では大豆の栽培が奨励され、農家では自宅で納豆を作って食べていた。明治期に鉄道が運行するようになり、水戸駅で納豆が販売されると、水戸名物として全国に知られるようになった。

【水戸×納豆グルメ】さっくりしたカツと納豆のネバネバがベストマッチ「とんかつ 八戒」

ローズポークを使うとんかつ店。粗めの特製パン粉をつけて揚げるとんかつはさっくりした歯触りで、噛むと肉の甘味が広がる。納豆がかけられた「水戸納豆とんかつ」も人気のメニュー。【水戸】

【水戸×納豆グルメ】さっくりしたカツと納豆のネバネバがベストマッチ「とんかつ 八戒」

水戸納豆とんかつ 1900円〜

サクサクのとんかつの上に味付けされたネバネバの納豆がのる不思議なコラボが楽しい

とんかつ 八戒

住所
茨城県水戸市笠原町600-54
交通
JR水戸駅から茨城交通、関東鉄道県庁シャトルバスで23分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(L.O.)、17:30~22:30(L.O.)
休業日
不定休
料金
水戸納豆とんかつ特選ロース定食=2150円/梅おろしとんかつロース定食=1600円~/水戸納豆とんかつ=1550~2250円/

【水戸×納豆グルメ】バリエーション豊かな納豆料理「喰処 飲処 てんまさ」

水戸駅前のリーズナブルに納豆料理が食べられる店。納豆を使った料理が並ぶ「納豆御膳」や、納豆、オクラ、とろろなどをごはんにのせた「ねばり丼」などがおすすめ。【水戸】

【水戸×納豆グルメ】バリエーション豊かな納豆料理「喰処 飲処 てんまさ」

納豆御膳

納豆オムレツ、納豆大葉揚、納豆汁など全5 品が並ぶ

喰処 飲処 てんまさ

住所
茨城県水戸市宮町2丁目2-31三友ビル B1階
交通
JR水戸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:30(閉店22:30)
休業日
無休
料金
ねばり丼=1080円/あんこうなべ=2160円/あんこうコース(7品)=4104円/納豆御前=1620円/近海魚刺身=410円~/

【水戸×納豆グルメ】地元産の素材を使う創作メニューが楽しい「洋食屋 花きゃべつ」

水戸で長年親しまれる人気の洋食店。いったん閉店を余儀なくされたが、惜しむ声に押され再オープンした。納豆をはじめとする地元産の素材を使った創作メニューが気軽に味わえる。【水戸】

【水戸×納豆グルメ】地元産の素材を使う創作メニューが楽しい「洋食屋 花きゃべつ」

納豆ハヤシオムライス 980円

オムライスに納豆を加えた新食感がたまらない。ボリュームも満点

洋食屋 花きゃべつ

住所
茨城県水戸市南町2丁目6-31
交通
JR水戸駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店)
休業日
日曜、祝日不定休
料金
納豆ハヤシオムライス=900円/洋風納豆ねばり丼=850円/ランチ=790円~/

【水戸×納豆グルメ】老舗割烹料理店で懐石スタイルの納豆御前を「割烹 魚政」

人気の納豆御膳は、納豆が主役。ひきわり納豆を使ったいか納豆、ワンタンの皮で納豆を包んで揚げた天ぷらなどこの店しか味わえない。ほかにも一品料理で納豆汁や納豆山かけなどおすすめ。【水戸】

【水戸×納豆グルメ】老舗割烹料理店で懐石スタイルの納豆御前を「割烹 魚政」

納豆御前 2420円

いか納豆、納豆天ぷら、煮物がついた人気の御膳

割烹 魚政

住所
茨城県水戸市大工町2丁目1-23
交通
JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで8分、大工町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(閉店14:00)、17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
不定休
料金
あんこう鍋(1人前)=3780円~/あんこう供酢=1944円/あんこう唐揚げ=1620円/あん肝きも=1944円/納豆ごぜん=2160円/会席=5400円~/日替ランチ=1000円/

【水戸×納豆グルメ】期間限定でこだわりの納豆料理が味わえる「山翠」

茨城の郷土料理を提供する老舗店。4〜10月の期間限定で納豆料理が味わえる。納豆会席「偕楽の宴」は納豆春巻き、納豆湯葉巻きなど納豆三昧を楽しもう。【水戸】

【水戸×納豆グルメ】期間限定でこだわりの納豆料理が味わえる「山翠」

納豆会席 

干し納豆・そぼろ納豆・納豆春巻き・お造り・白身魚納豆湯葉巻き・蒸し物・納豆包み揚げ(4〜10月、要予約)

山翠

住所
茨城県水戸市泉町2丁目2-40
交通
JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで5分、泉町1丁目下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(L.O.)、17:00~21:00(閉店22:00)
休業日
火曜、12~翌3月は第1・3火曜、祝日の場合は翌日休
料金
あんこう鍋(1人前、9月中旬~4月末頃)=3672円/あん肝=1296円/あんこう供酢=1620円/あんこう柳焼=1620円~/納豆会席 偕楽の宴(1人前、4~10月限定、要予約)=3240円/奥久慈しゃも鍋=2700円/釜めし各種=648円~/あんこうの氷鍋(1人前、5~9月末限定)=2376円/

北関東の新着記事

【群馬 高崎・ディナー】高崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高崎でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに群馬の高崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、高崎でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 塩味の...

【茨城 ひたちなか・ディナー】ひたちなかで夜を楽しめるとっておきのお店6選!ひたちなかでディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに茨城のひたちなかで夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、ひたちなかでおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 ...

【群馬 草津・夜ごはん】草津で夜を楽しめるとっておきのお店6選!草津で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに群馬の草津で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、草津でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 香り高...

【栃木 那須・ディナー】那須で夜を楽しめるとっておきのお店10選!那須でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに栃木の那須で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、那須でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 旬の食...

【茨城 水戸・夜ごはん】水戸で夜を楽しめるとっておきのお店10選!水戸で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに茨城の水戸で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、水戸でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 あんこ...

【茨城 つくば・夜ごはん】つくばで夜を楽しめるとっておきのお店10選!つくばで夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに茨城のつくばで夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、つくばでおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 広...

【宇都宮・ディナー】宇都宮で夜を楽しめるとっておきのお店11選!宇都宮でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに宇都宮で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、宇都宮でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 宇都宮で...

【関東・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?関東でおすすめのいちご狩りスポット36選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は関東で楽しめるいちご狩りについての基本情報...

10円パンは韓国発の人気スイーツ!映え間違いなしの10円パンを食べてみた!

みなさまは「10円パン」をご存じですか? 韓国で生まれた10円パン(10ウォンパン)は、SNSで話題の商品!2023年のトレンドやグルメランキングに軒並みランクインするなど、多方面から注目を集めてい...

【栃木県・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?栃木でおすすめのいちご狩りスポット6選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は栃木県で楽しめるいちご狩りについての基本情...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。