トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 

伊豆【東府や Resort&Spa-Izu】優雅ステイ!

くらしたび

更新日:2022年2月18日

この記事をシェアしよう!

伊豆【東府や Resort&Spa-Izu】優雅ステイ!

一度は泊まってみたい温泉宿、創業400年を誇る「東府や Resort&Spa-Izu」は、中伊豆の山あい、吉奈川のほとりに広がる3.6万坪もの敷地に客室、食事処、温泉が点在する和のリゾート。湯めぐり、懐石料理、エステ、足湯、散策など、敷地から一歩も出ずに充実した時間を過ごそう。

この記事の目次

1日目

日常の喧騒から離れて清流が心地いい別世界へ

チェックイン

チェックイン

チェックイン前にベーカリー&カフェに寄ったり、庭を散策するのもおすすめ

新発見1 お部屋はココ

露天風呂付きのメゾネットタイプ「ヴィラスイート 蔵」に宿泊
開放的な吹き抜けが印象的なゆったりとしたリビング、2階にはベッドルームと、川を見下ろすテラスに温泉露天風呂を備えた贅沢なヴィラに宿泊。

新発見1 お部屋はココ

モダンな家具で統一された2階のベッドルーム

新発見1 お部屋はココ

源泉掛け流しの温泉が注がれた露天風呂があり、いつでも好きなときに湯浴みを楽しめる

新発見1 お部屋はココ

新発見2 大正館芳泉「カフェ アールデコ」で宿泊者限定の無料ドリンクサービス

チェックインしてひと息ついたら、大正館芳泉「カフェ アールデコ」へ。大正ロマンの趣を残す建物の中で、スパークリングワインやビール、コーヒーなどのドリンクを無料でいただける。

温泉

子宝の湯として知られている吉奈温泉は、奈良時代の高僧行基によって発見された伊豆最古の温泉。川沿いの露天風呂や貸切露天風呂、内風呂など計6か所の温泉で湯めぐりを楽しもう。

温泉
温泉

2つある貸切露天風呂は無料で利用できる(予約制)

スパ

「まほらスパ」で、日本の古語「まほら」からインスピレーションを受けた極上のトリートメントを。まず始めに香炉の煙で心身ともに浄化し、湧き水を使用した「いり番茶」を飲んで、ことだまを体感する「リチュアル」の儀式からスタート!

スパ
スパ

トリートメントは14:30~23:00(最終受付は平日21:30、土・日曜・祝日・盆時期・年末年始は22:30)、予約制

新発見3 夕食

「ジャパニーズ・オーベルジュ・スタイル」の懐石料理で旬を味わう
お待ちかねの夕食は、江戸時代から受け継ぐ建物をリニューアルした「懐石茶や 水音」で。ライトアップされたテラスを眺めながら、五感で感じる、見た目も麗しい懐石料理の数々を堪能。

新発見3 夕食
新発見3 夕食

2日目

早朝の散策からベーカリー&カフェのランチも満喫!

新発見4 川のせせらぎを聞きながら東府やガーデンでリフレッシュ 

翌朝は「東府やガーデン」を散策したり、富士山を望む「富士見平」まで片道約40分の歩道を歩いたり…。すがすがしい空気を吸ってリフレッシュ!

新発見4 川のせせらぎを聞きながら東府やガーデンでリフレッシュ 
新発見4 川のせせらぎを聞きながら東府やガーデンでリフレッシュ 

川のせせらぎと小鳥のさえずり。空気が澄んで気持ちいい

朝食

朝食

朝食は、たくさんのおかずをちょっとずつ食べられるのがうれしい

朝食

#朝食 #器もかわいい #朝から満腹 #帰りたくない

足湯テラス

12時にチェックアウトしたら、「ベーカリー&カフェ」で足湯をしながらひと休み。石臼挽き小麦粉をベースに自家製酵母を使用したパン約30種類のほか、ドリンクメニューも豊富。べーカリーランチセット1274円が人気。

足湯テラス

焼きたてパンとドリンクをランチに

東府や Resort&Spa-Izu

住所
静岡県伊豆市吉奈98
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス湯ヶ島方面行きで20分、吉奈温泉口下車、徒歩15分(送迎あり、要連絡)
料金
1泊2食付=28050~53350円/

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください