コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  千葉【房総半島】のどかなローカル線で小旅行を楽しむ

千葉【房総半島】のどかなローカル線で小旅行を楽しむ

by mapple

更新日:2018年1月14日

レトロな車体が自然のなかを走り抜ける2つの鉄道。花畑や渓谷美などの車窓風景を楽しみながら、のどかな雰囲気に癒されよう。
途中下車もおすすめ!沿線の駅めぐり

いすみ鉄道

【花いっぱいの景色が魅力】
菜の花畑とムーミン列車
いすみ市の大原駅から大多喜町の上総中野駅までの26.8kmを結ぶ。黄色い車体のムーミン列車や、国鉄時代のキハ形を使用した観光列車が人気。かつて廃線危機にあったが、今や多くの鉄道ファンや観光客から愛される。

ACCESS

【鉄道で】大原駅へは東京駅からJR特急わかしおで約1時間15分
【車で】町営有料駐車場がある大多喜駅へは、圏央道市原鶴舞ICから国道297号経由で約11.4km(約20分) ※国吉駅前にも無料駐車場あり

房総横断乗車券

いすみ鉄道と小湊鐵道に乗れるお得なきっぷ
1700円、子供850円
いすみ鉄道・大原駅~小湊鐵道・五井駅
いすみ鉄道・大原駅、国吉駅、大多喜駅または小湊鐵道・五井駅 ※進行方向のみ途中下車可

キュートなムーミン列車

おたのしみ1
沿線の自然を「ムーミン谷」に見立てた列車で、車体にムーミンと仲間たちが描かれている。車内にもキャラクターが隠れているので探してみよう!

国吉駅~上総中川駅間は絶好の撮影ポイント

お食事列車「レストラン・キハ」

おたのしみ2
昭和の国鉄形気道車キハ28の車内テーブル席で食事が楽しめる。「伊勢えび特急」や「お刺身列車」などのコースがある(要予約。詳細はいすみ鉄道HPを参照)。

絶景の花畑

おたのしみ3
春は菜の花や桜、夏はヒマワリ、秋はコスモスなど、沿線には四季折々の花が咲き競う。とくに菜の花は全線にわたって開花。地元のボランティア団体が種まきや草刈りを手伝っている。

by fotolia - ©speedbird485

桜と菜の花が競演する上総東駅~新田野駅間

小湊鐵道

【ほのぼのとした風景が続く】
創業100周年のローカル線
市原市の五井駅と上総中野駅の間を走る全長39.1kmの鉄道。養老川や渓谷など、変化に富んだ風景が車窓を流れる。無人駅などの情緒あふれる光景も見られ、沿線は映画やドラマのロケ地にも使われている。

ACCESS

【鉄道で】五井駅へは東京駅からJR京葉線・内房線で約1時間
【バスで】五井駅へはバスタ新宿から小湊鐵道バスで約1時間25分
【車で】有料駐車場がある養老渓谷駅へは、圏央道市原鶴舞ICから県道171号経由で約15km(約25分) ※五井駅、光風台駅、上総牛久駅、里見駅にも有料駐車場あり

開放感満点の里山トロッコ列車

おたのしみ1
上総牛久駅~養老渓谷駅を運行。ガラス張りの天井と窓のない展望車を、開業時に活躍したSLの再現車両がけん引する。定員制で乗車券のほかに整理券(要予約)が必要。

登録有形文化財がいっぱい

おたのしみ2
2017年、第一養老川橋梁と昭和初期築の養老渓谷駅本屋を含む小湊鐵道の22施設が国の登録有形文化財になった。養老渓谷駅では開業時の改札などが現役だ。

懐石料理列車

おたのしみ3
年間20便ほど運行される人気のイベント列車。キハ200形の車内で、五井駅~養老渓谷駅間の車窓を眺めながら本格懐石料理が堪能できる(要予約。詳細は小湊鐵道HPを参照)。

大原駅

いすみ鉄道の起点駅でJR外房線と接続。全国屈指の伊勢えび水揚げ量を誇る大原漁港が近い。

漁師のまかない飯弁当1000円。駅弁はいずれも要予約

土・日曜限定販売の駅弁、いすみの宝石箱弁当1300円

キハカレー540円はポーク、ビーフ、チキンの3種

風そよぐ谷 国吉駅

駅構内のショップではムーミングッズやいすみ鉄道オリジナルグッズを販売中。

VALLEY WINDS

ヘッドマークがモチーフのストラップ860円

秋~春限定販売のムーミン列車の仲間たち860円。列車を模した箱に卵形のケーキが5個入った人気商品

デンタルサポート 大多喜駅

大多喜城をイメージした駅舎が特徴的な、沿線唯一の有人駅。記念撮影にぴったりのキャラクターパネルも設置されている。

近くの観光スポット 大多喜城(徒歩15分)

上総中野駅

小湊鐵道との乗り換え駅。時間が合えば2つの列車が並ぶ姿が見られる。

養老渓谷駅

養老渓谷への起点であり、里山トロッコ列車の発着駅でもある。窓口ではトロッコ列車の整理券のほか、オリジナル鉄道グッズも扱う。駅舎には足湯が併設されている。

近くの観光スポット 養老渓谷(粟又行きバス14分の粟又ノ滝下車)

月崎駅

大正15(1926)年築の木造無人駅。駅前には、鉄道保線員の詰所小屋を森に見立てたアーティスト・木村崇人さんのアート作品『森ラジオ ステーション×森遊会』が展示されている。

五井駅

駅構内に保存中のSLは駅の事務所で許可をもらってから見学しよう(9:00~16:00)。
JR内房線五井駅へ

売り切れ必至のあさり弁当500円は、醤油風味のご飯にあさりがたっぷり

小湊鐵道オリジナルの缶入りドロップ310円(右)

走る!キハ200型ストラップ510円

筆者:mapple

まっぷる千葉・房総’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出展元は「まっぷる千葉・房総’18」です。掲載している内容は、2017年7~10月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できなかったりする場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×