コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  五能線【リゾートしらかみ】日本海の絶景を楽しむ旅!

五能線【リゾートしらかみ】日本海の絶景を楽しむ旅!

by mapple

更新日:2018年4月6日

青森県と秋田県を結ぶ五能線は、日本海沿いを走る人気の路線。青森駅・弘前駅〜秋田駅を発着するリゾートしらかみに乗って、日本海の絶景を見ながら楽しい旅に出かけよう!

※2017年10月現在の情報。運転日や車内イベント開催日はJR東日本秋田支社ホームページで確認を

リゾートしらかみ

絶景を満喫できる

JR五能線の 秋田駅~弘前駅・青森駅間の区間を運行するリゾート列車。全車指定席で、予約は乗車日1か月前の10時から。全国のJRみどりの窓口で購入できる。途中下車をするなら五能線フリーパス3810円がおすすめ。

3編成の列車が走る!

くまげら編成 青池編成 橅編成

新型橅編成

※デザインは「KEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)」が担当

「リゾートしらかみ」のここをチェック!

景色がよく見える快適な客席

車内はゆったりとしていて開放感があり、窓が大きいので景色がよく見える。橅編成の内装には、シンボルツリーである橅や青森ヒバなど、沿線の木材をふんだんに使用している。

ボックス席は車両の海側に配置されている

シートデザインは東北の夏祭りがイメージ

木のぬくもりを感じる車内。1・4号車にはイベントスペースにもなる展望室がある

車内での楽しみもいろいろ

津軽に伝わる愉快な人形芝居

津軽伝統 金多豆蔵人形芝居上演
中泊町の無形民俗文化財「金多豆蔵」を公演。「金多」と「豆蔵」のコミカルな漫才を楽しむことができる。

 

津軽弁「語りべ」実演
津軽に伝わる昔話を津軽弁で聞くことができる。3号・4号(12月~4月中旬は変更あり)の陸奥鶴田駅~川部駅間。土・日曜、祝日、振替休日に実施。

津軽三味線生演奏
1号・2号・3号の鰺ケ沢駅〜五所川原駅間で、津軽三味線が生演奏される。 (12~4月中旬は変更あり)

2人組で三味線を披露してくれる

沿線の見どころをチェック!

鰺ヶ沢駅

わさおに会いに行こう!

映画にもなった人気の秋田犬、わさお。鰺ヶ沢の通称「焼きイカ通り」にある「七里長浜きくや商店」にいるので、会いに行ってみよう。

会いに行くときはマナーを守って

海の駅わんど

鰺ヶ沢の地場産品がそろう店

魚介や農産物の直売所、食事処、みやげ物店が集まる。2階は鰺ヶ沢相撲館で、化粧まわしや写真などが展示され、舞の海など地元出身力士の活躍を紹介している。

観光の拠点として最適

たこやき西海

駅前でB級グルメを発見!

薄くのばした鶏肉を棒に刺して揚げた、チキンボーが名物。注文を受けてから揚げるので衣はパリパリ、肉もジューシーだ。あつあつにマヨネーズをかけて食べる。

チキンボー200円(土曜は170円)

千畳敷海岸

本当に宴席が開けそうな隆起海岸

約200年前の地震で海岸が隆起してできた景勝地で、津軽藩主が千畳もの畳を敷いて酒宴を開いたという。数々の奇岩と日本海の絶景を楽しもう。

海水浴が楽しめる千畳敷天然海水プールも近い

ウェスパ椿山

展望温泉があるリゾート施設

西欧風のレストランやコテージが建ち並ぶリゾート施設。日本海の絶景が楽しめる展望風呂やモノレールで上る展望台、ガラスの体験工房や昆虫館など日帰りで楽しめる施設も充実。

物産館には人気のご当地ソフトも

黄金崎不老ふ死温泉

日本海を眺めながら入る憧れの露天風呂

波しぶきがかかりそうな海に近い露天風呂が人気。混浴と女性専用の風呂があり、潮風を感じながら入浴できる。湯には鉄分が含まれ体を芯から温めてくれる。

ひょうたん形の風呂は混浴露天風呂。女性用は隣にある

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる日光・那須 鬼怒川・塩原'19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×