コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  帯広【北の屋台】こだわりの十勝産食材グルメ!

帯広【北の屋台】こだわりの十勝産食材グルメ!

by mapple

更新日:2018年4月20日

帯広の繁華街にあるグルメスポット。居酒屋や串揚げ、和食など、バラエティに富んだ20軒の屋台が並ぶ。

北の屋台

各店舗では、旬の野菜やチーズ、肉、海産物などの十勝の食材を使い、それぞれの個性を生かした手作り料理を提供。各店舗は10席程度。店員との距離が近いので会話が弾む。

北の屋台のココがスゴイ!】
❶十勝産食材にこだわった料理を提供
地元産の旬の食材を積極的に使う。定期的に十勝産食材を使ったイベントも開催。

❷普通のお店同様「生もの」も味わえる
飲食店営業としての許可を得ているため、一般のお店と同じ料理が提供できる。

❸北の屋台内のほかの店からの出前もOK
北の屋台内であれば、他店舗の料理も出前OK(時期やメニューにより異なる)。

冬は屋台をビニールなどで囲うので店内は暖かい

プチ・プレジール

ソムリエの主人とシェフである奥さんが営む欧風家庭料理店。

【オススメの屋台グルメ】
十勝野ポーク(紅豚)パンチェッタのグリル
珍しいベーコン直前の塩漬け状態の肉をオーブン焼きで。

【オススメの屋台グルメ】
つぶ貝のエスカルゴ風
つぶ貝だけを食べたあとは、穴に残ったオリーブをパンで味わって。

【オススメの屋台グルメ】
ラクレット
新得町「共働学舎」のラクレットチーズをポテトかパンで。

マリヨンヌ

生産者の顔が見える安心・安全な食材を使ったフランス料理店。

【オススメの屋台グルメ】
斉藤さんの白いトウモロコシのムースと生うに、コンソメジュレ
有機とうもろこしと北海道産生ウニを使う。季節限定品。

【オススメの屋台グルメ】
十勝若牛の牛ヒレのカツレツ
早期肥育ブランド牛の清水町十勝若牛を使う。

煙陣

地元の食材を中心に、素材のうまみを閉じ込めた燻製がそろう。

【オススメの屋台グルメ】
牛とろフレーク丼
安心・安全な清水町ボーンフリーファームの牛フレークを使う。

帯広の地元めし

地元っ子LOVE
帯広で独自発展したご当地料理を紹介。どの料理も帯広市民が日常的に食べるものばかり。店舗で地元客とのふれあいも楽しもう。

カレーショップインデアンまちなか店

あらゆる年齢層から絶大な支持

インデアンカレー 421円
ルーは3種類のなかから選べる

ジンギスカン 白樺

オリジナルの2度づけタレが美味

ラムジンギスカン 750円
みやげ用の肉も販売

鳥せい帯広中央店

中札内育ちの若どりを使用

炭火焼き 864円
部位は手羽・むね肉・もも肉

らーめんみすゞ

北海道内産軟白ねぎがポイント

こだわりみすゞ 800円
肩ロースチャーシューとメンマがのる

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×