コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【阿寒湖温泉街】遊覧船に乗ってマリモ見学へ行こう!

【阿寒湖温泉街】遊覧船に乗ってマリモ見学へ行こう!

by mapple

更新日:2018年4月20日

国の特別天然記念物に指定されるマリモで知られる阿寒湖。湖畔には道内有数の温泉街があり、手湯・足湯スポットも点在している。アイヌ文化の中心地のひとつであるアイヌコタンには優れた伝統技能によって作られた民芸品を扱う店が集まっている。

さくっとナビ

[どれくらいかかる?]4時間
[いつ行く?]5月上旬~11月上旬
[雨の日はどうなる?] 傘をさして観光

ボッケ遊歩道の早朝散歩もおすすめ。

温泉DATA

[泉質]単純泉、重漕泉(38~85度)
[宿泊施設]20軒
[日帰り入浴可能施設]10軒

遊覧船に乗ってマリモ見学へ行こう!

阿寒観光汽船

阿寒湖の大自然を眺めつつ、マリモが眠るチュウルイ島へ
湖畔の桟橋から出航し、阿寒湖の景勝地を周遊する。マリモ展示観察センターがあるチュウルイ島と、雄大で神秘的な雄阿寒岳、雌阿寒岳の四季折々の自然など見どころが多い。

所要時間約1時間25分の遊覧が楽しめる

マリモ展示観察センター

観光船はココに寄ります
阿寒湖の北に浮かぶチュウルイ島にあり、自然の状態のマリモを間近で観察できる。

阿寒湖のマリモは大型で形が美しい点で世界的に貴重とされている

水槽の展示施設や湖中に設置したカメラでマリモの様子を観察できる

マリモって?

国の特別天然記念物。湖水に生息する緑藻の一種で、阿寒湖ほど大型で美しい球状のマリモは世界的に希少とされる。成長の速度は環境にもよるが、直径が5年で15cmほど増えた例がある。チュウルイ島の観察センターで見ることができる。

植物であることが不思議に思えるほど美しい球状のマリモ

阿寒湖の奇跡 まりも物語クルーズ&ウォーク

より深く楽しむなら…
遊覧船に乗り、実際にマリモを観察後、ボッケ遊歩道を歩くガイドツアー。阿寒湖の形成などを楽しくガイド。

0154-67-3200(阿寒観光協会)
5月1日~11月30日(予定)の9:30~12:30(所要3時間) 
4000円(阿寒観光汽船乗船料、チュウルイ島施設入場料等含む)

温泉街で買えるマリモみやげ

まりも
瓶に入った養殖マリモ。1個432円~

まりもプリン
丸い形をしたクリーミーなプリン。1個216円

まりもようかん三昧
抹茶チョコ、クリーム入りなど味は3種。各5個入り1080円

ボッケ 遊歩道を 歩こう!

ボッケ遊歩道

湖畔の爽やかな風を感じる
阿寒湖畔の森と豊かな自然を満喫できる遊歩道。泥と水が火山性のガスによって噴き出す泥火山(ボッケ)に向かう道で、野生動物も見られる。

「ボッケ」とはアイヌ語で「煮立つ(ボフケ)」という意味

起点となる阿寒湖畔エコミュージアムセンター

アイヌの伝統文化 に触れよう!

阿寒湖アイヌシアター「イコロ」

古式舞踊などが上演される国内初のアイヌ民族舞踊専用劇場
ユネスコ無形文化遺産に指定されたアイヌ民族舞踊が見られる。古式舞踊や「イオマンテの火まつり」など、アイヌ舞踊は祖先や神々に対して敬意や感謝を表す表現でもある。会場で炎を灯す「イオマンテの火まつり」は特に幻想的。

アイヌ古式舞踊は夏は1日4~5回ほど上演される

踊りや唄を通して阿寒の自然やアイヌ民族の文化を感じられる

阿寒湖アイヌコタン

30もの店が軒を連ねるアイヌ文化の発信地
総戸数約40戸、120人ほどのアイヌの人々が暮らす集落(コタン)。民芸品店・飲食店がそろい、買い物や食事が楽しめる。

夜はフクロウのオブジェなどがライトアップされ、神秘的な雰囲気に

木彫りの作品を販売する店や、独特の郷土料理を味わえる店もある

人気みやげ

アイヌ文様コースター1枚540円(沢井ピリカ民芸店)

かわいい文様が彫刻されたヘアゴム1550円(ユーカラ堂)

Pan de Pan

ちょっとひと息カフェ
スタイリッシュな内装と焼きたてパン、スイーツが地元の人にも人気のベーカリー。カフェスペースもあるのでドリンクと一緒に。
※パンの種類は変動あり

クリームチーズ(190円)など種類豊富にそろう

「鶴雅リゾート花ゆう香」のそばにある。赤を生かした内装がおしゃれだ

イベントCHECK

阿寒まりも夏希灯

7月1日~8月31日(予定)
マリモに見立てたメッセージ入りの光の球に願いと希望を込めて湖に流すイベント。幻想的な灯りが輝く。

船内放送のタイミングに合わせてマリモの灯を湖面へ投下

千本タイマツ

9月1日~10月31日(予定)
アイヌ民族の火の神と大地に、感謝のタイマツを捧げるイベント。観光客も参加できる。

まりも祭り

10月8・9・10日
アイヌの人々が「湖の妖精」として大切にしているマリモの祭典。場所は阿寒湖湖畔で開催。

エカシ(長老)によるマリモを送る儀式

人気の温泉宿

湖や川に面した宿が多いのが魅力。阿寒の自然を感じながら滞在を楽しもう。

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

原始の森と阿寒川のほとりにたたずむ隠れ家的な宿。すべての客室に檜造りの天然温泉の部屋風呂が付く。

ニュー阿寒ホテル

湖のほとりにたたずむホテル。阿寒の自然と一体になれるインフィニティエッジ・スパ「天空ガーデンスパ」がある。

あかん遊久の里 鶴雅

雄大な阿寒湖を一望できる展望露天風呂をはじめ、趣の異なる4種類の大浴場が楽しめる。

阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香

源泉かけ流しの温泉ホテル。美術館の回廊や世界の絵本ギャラリーなど館内はロマンティックな空間が広がる。

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×