>  >  >  >  >  【沖縄南部】琉球最高の聖地!世界遺産「斎場御獄」はこうまわろう

【沖縄南部】琉球最高の聖地!世界遺産「斎場御獄」はこうまわろう

【沖縄南部】琉球最高の聖地!世界遺産「斎場御獄」はこうまわろう

琉球王国時代の神話や伝説が多く残る南部。なかでも斎場御嶽は格式の高い聖地で、神秘的な空気を体感できるマストスポットだ。

斎場御嶽について知ろう

今なおあがめられる沖縄本島随一の聖地
数百とも数千ともいわれる沖縄の御嶽(うたき)のなかで最も格式が高く、琉球王国の祭祀の場だった斎場御嶽。琉球創世の神、アマミキヨが国始めにつくったといわれる。亜熱帯の植物が生い茂るなか、忽然と現れる巨石は圧巻で、場内はおごそかな空気が漂う。

所要時間 通常50分 さくっと30分
主要拝所6か所を歩いてめぐるだけならあっという間だが、場内に入る前に「緑の館・セーファ」でマナーアップビデオを見てから、約50分かけて見学することがおすすめ。

※拡大できます

聖地でのマナー
●騒がず静かに
大声での会話は慎み、ほかの人の祈りをじゃましないように
●石や植物を持ち去らない
御嶽や拝所にあるものは、たとえ石ひとつでも持ち帰ってはいけない

斎場御嶽について知ろう

御門口(うじょうぐち)

御嶽の入口なので一礼を

寄満(ゆいんち)

かつて豊穣を祈願した場所。戦前まで吉兆を占う馬の形をした石があったといわれている。

寄満(ゆいんち)

大庫理(うふぐーい)

巨岩の前に平石を敷きつめたところ。代々、聞得大君の就任儀式はここを中心に御嶽内で行なわれた。

大庫理(うふぐーい)

三庫理(さんぐーい)

御嶽の最も奥にある拝所。2枚の巨石が寄り添うようにしてできた、三角形の空間の突きあたり。

三庫理(さんぐーい)

チョウノハナ

三庫理の一角の岩壁で、ここに神が降臨するといわれている。 15の香炉の数は歴代聞得大君と同じ。

チョウノハナ

シキヨダユルアマガヌビー・アマダユルアシカヌビー

2本の鍾乳石からしたたり落ちる聖なる水。下に水を受け止める壺が置かれている。

シキヨダユルアマガヌビー・アマダユルアシカヌビー

斎場御嶽

住所
沖縄県南城市知念久手堅539
交通
那覇空港自動車道南風原北ICから国道329・331号を知念方面へ車で16km
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉場18:00)、11月~翌2月は~17:00(閉場17:30)、チケット販売(南城市地域物産館)は8:45~17:15、11月~翌2月は~16:45
休業日
無休(旧暦5月1~3日休、旧暦10月1~3日休)
料金
大人300円、小・中学生150円(団体20名以上は大人200円)

斎場御嶽入口はココ!

緑の館・セーファ

斎場御嶽の見学についてのマナーを映像で確認してから御嶽へ。館内にトイレや休憩所がある。

 

緑の館・セーファ

ガイドウォークも実施

毎週土・日曜に開催されるガイドウォークを利用すると、より理解が深まると好評。入場券のほかに、ガイド用のチケットを南城市地域物産館で購入する。

集合時間 要電話確認
所要 約50分
集合場所 緑の館・セーファ前
料金 1人300円

希望日時に合わせたガイドも可能。10人まで2000円、予約制

まずはココで入場券を!

南城市地域物産館

斎場御嶽入場券売場を併設している物産館。南部のおみやげがそろうほか、海を望むカフェを備える。

南城市地域物産館
南城市地域物産館

物産館入口にある斎場御嶽入場券売場

南城市地域物産館

斎場御嶽から出土した金の勾玉(写真はレプリカ)も展示

南城市地域物産館

斎場御嶽ブレンドエッセンシャルオイル 1080円
神聖・静寂・浄化をテーマに、セージ、レモンなどをブレンドしたアロマエッセンス

南城市地域物産館

みるくたると(8個入り) 1080円
EM玉城牧場の牛乳を使った白餡を練り込んでいる

南城市地域物産館

住所
沖縄県南城市知念久手堅539
交通
那覇空港自動車道南風原北ICから国道329・331号を知念方面へ車で15km
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店、店舗により異なる)
休業日
無休
料金
なんじぃのみるくたると=1080円/斉場御嶽黒糖塩饅頭=1350円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×