トップ >  九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > 沖縄南部 > 

沖縄【平和祈念公園】戦争を知り平和を願う

エディターズ

更新日:2022年3月24日

この記事をシェアしよう!

沖縄【平和祈念公園】戦争を知り平和を願う

第二次世界大戦最後の地上戦の舞台であり、沖縄戦最大の激戦地となった糸満市摩文仁にある美しい公園。青い海を望み、花と緑に彩られた約40haもの広大な園内には鎮魂、祈り、平和をテーマに、国立沖縄戦没者墓苑や、沖縄戦の資料を展示する資料館などが点在。年間100万人以上が訪れる。

【沖縄南部】平和祈念公園

園内バス情報
100円バスが運行

広い敷地内をめぐるなら、100円で1日乗り放題の園内EVバスが便利。運転手がルート上の施設について簡単に説明してくれる。

公園ガイドの案内でめぐる
毎週水曜13~16時は案内OK!

沖縄戦の教訓を正しく次世代に語り継ぐ活動をしている、沖縄平和祈念資料館友の会が案内。

098-997-3844
(沖縄県平和祈念資料館、ガイドに関する問い合わせは水曜10:00~17:00)

料 金
60~90分 5000円
2時間 7000円

所要時間 通常2時間 さくっと1時間
公園内には有料の施設もあり、沖縄県平和祈念資料館は約40分、沖縄平和祈念堂は15~20分くらいで見学できる。広大な園内での移動時間も考慮しながら散策しよう。

【沖縄南部・平和祈念公園 】知っておきたいKey Word

沖縄戦
第二次世界大戦末期の1945年3月26日に沖縄諸島に上陸したアメリカ軍と旧日本軍との間で始まった日本国内最大規模の地上戦。両軍および民間人の戦没者は20万人余りといわれている。

慰霊の日
沖縄戦の犠牲となった戦没者を追悼する日。沖縄県では6月23日を「慰霊の日」と制定、役所や学校などは休日となる。平和祈念公園内では、沖縄全戦没者追悼式が行なわれ、正午に黙祷が捧げられる。

【沖縄南部・平和祈念公園 】沖縄県平和祈念資料館

館内2階の展示室では、沖縄の歴史から始まり、沖縄戦の過程や実際の様子を立体地図や映像などで展示。戦後の収容生活や米軍統治時代など沖縄が歩んできた軌跡を紹介している。

【沖縄南部・平和祈念公園 】沖縄県平和祈念資料館

沖縄県平和祈念資料館

住所
沖縄県糸満市摩文仁614-1
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通83番玉泉洞線玉泉洞駐車場行きで41分、玻名城入口で琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線糸満バスターミナル行きに乗り換えて9分、平和祈念堂入口下車、徒歩3分
料金
入館料=大人300円、小人150円/(団体20名以上は大人240円、小人100円、障がい者手帳持参で無料)

【沖縄南部・平和祈念公園 】平和の火

沖縄戦で米軍初上陸の地、座間味村阿嘉島で採取した火に、被爆地である広島市の「平和の灯」と長崎市の「誓いの火」を分けてもらい合火。思いを込めた火をともす。

【沖縄南部・平和祈念公園 】平和の火

【沖縄南部・平和祈念公園 】平和の礎

国籍や軍人、民間人の区別なく沖縄戦の犠牲になった24万人余りの名前を刻んだ刻銘碑。平和の広場を中心にして、放射状に配置されており、慰霊の日には多くの遺族が献花に訪れる。

【沖縄南部・平和祈念公園 】平和の礎

平和の礎(平和祈念公園内)

住所
沖縄県糸満市摩文仁444
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通83番玉泉洞線玉泉洞駐車場行きで41分、玻名城入口で琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線糸満バスターミナル行きに乗り換えて9分、平和祈念堂入口下車、徒歩3分
料金
無料

平和祈念公園

住所
沖縄県糸満市摩文仁444
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通83番玉泉洞線玉泉洞駐車場行きで41分、玻名城入口で琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線糸満バスターミナル行きに乗り換えて9分、平和祈念堂入口下車、徒歩3分
料金
入場料=無料、沖縄平和祈念堂、沖縄県平和祈念資料館は別料金/

【沖縄南部】ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

ひめゆり学徒の鎮魂と平和を願う
平和祈念公園から車で10分

ひめゆりの塔は、沖縄戦で亡くなった、ひめゆり学徒のための慰霊碑。2021年にリニューアルオープンした資料館では、生徒の戦場での持ち物などの実物資料、生存者の証言映像や手記などを通して、戦争や平和について知り、学ぶことができる。

【沖縄南部】ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

たくさんの生徒が亡くなった壕跡に建つ、ひめゆりの塔

【沖縄南部】ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

リニューアルした第一展示室

ひめゆり平和祈念資料館

住所
沖縄県糸満市伊原671-1
交通
那覇空港から県道231号、国道331号を糸満方面へ車で14km
料金
入館料=大人310円、高校生210円、小・中学生110円/(団体20名以上は大人280円、高校生190円、小・中学生100円)

九州・沖縄の新着記事

ハウステンボスに世界最大級のミッフィー専門店、 体験型ショップ&カフェ「nijntje ナインチェ」がオープン!

2022年12月1日(木)に、ハウステンボスにミッフィーグッズ専門店「ディック・ブルーナ・ショップナインチェ」とミッフィーグルメが楽しめるカフェ「ナインチェ・カフェ」を、「nijntje ナインチェ」...

伊江島観光のポイントはこれ!フェリーに乗って沖縄本島から日帰り旅をしよう♪

沖縄本島からフェリーで約30分、気軽にプチ船旅を楽しめる伊江島。 島の交通手段や、ランチ情報、見どころなど、伊江島観光のポイントをこちらの記事ではご紹介します。 沖縄美ら海水族館周辺から見える...

保戸島名物ひゅうが丼を求めて津久見の小さな島へ。 日本のナポリと呼ばれるマグロ漁が盛んな島の魅力を深堀り!

大分県津久見市の津久見港からおよそ14kmの豊後水道に浮かぶ保戸島は、周囲4km、人口約600人の小さな島です。 明治中頃にはじまったとされるマグロ漁の延縄(はえなわ)漁業という手法により、マグロ漁...

鹿児島有数のパワースポット溝ノ口洞穴のある曽於市へ! 牛&豚の絶品グルメの店と人気道の駅もご紹介

鹿児島県大隅半島の北部、宮崎県都城市との県境に位置する曽於(そお)市。 神秘的な溝ノ口洞穴があることでも最近話題になっています。 また曽於市は、黒牛、やごろう豚などのブランド肉や、鹿児島茶など...

八女の観光ナビ 展望所から眺める茶畑の絶景や、話題の八女茶カフェをご紹介

福岡県の南部に位置する八女市は、お茶の生産地としても有名です。 広大な茶畑、老舗の製茶問屋、お茶が楽しめるカフェなどがあり、観光人気がじわじわと高まっている八女の魅力をご紹介します! 八女福島...

地域の推しを全力応援 <九州・沖縄>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われる福岡PayPayドーム(福岡ドーム)! この記事では福岡PayPayドーム(福岡ドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル...

博多の朝ごはんスポット6選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は博多で人気の朝ごはんスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に」...

福岡のおすすめ秋デートスポット20選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

福岡の秋を思う存分味わえるおすすめのデートスポットをご紹介します。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 秋にしか出会えない鮮やかな紅葉や可憐なコスモス畑。福岡...

これは旅に行きたくなる…!「行こうぜ!ニッポン!」松本潤さんが訪れた九州編の聖地スポットまとめ!

嵐の松本潤さんが出演するJALの新CM「行こうぜ!ニッポン!」放送に伴い、8月21日よりJALのYoutube公式チャンネルにてWEB動画が掲載されています。 以前、嵐の櫻井翔さんが青森を訪れた...
もっと見る

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。