トップ >  九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > 名護・本部 > 

【沖縄カフェ】マイナスイオンあふれる森カフェ! 大自然が感じられるカフェはここ!

エディターズ

更新日:2022年3月16日

この記事をシェアしよう!

【沖縄カフェ】マイナスイオンあふれる森カフェ! 大自然が感じられるカフェはここ!

沖縄の森は、ヘゴやイタジイなどの亜熱帯の植物が生い茂り、多様な生命が育まれる生き物の楽園です。
そんな沖縄の大自然が間近に感じられる、南国の鳥たちのさえずりが聴こえるオアシスのように美しいカフェ6店舗をピックアップしました。
マイナスイオンあふれる森カフェで、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがですか。

Cafeハコニワ

周囲の景観と調和したおしゃれな古民家カフェでほっこり

築50年以上の古民家を改築し、外観はグリーンなどのナチュラルカラーで統一。地元で採れた新鮮な野菜を使った料理でもてなす。食事のあとは縁側でゆんたく(=おしゃべり)も楽しい。【沖縄美ら海水族館周辺】

Cafeハコニワ

木々のトンネルが続く小道の先にひっそりと建つ

Cafeハコニワ

ハコニワプレート 1000円

島豆腐や紅いもなど、沖縄県産食材を使う。内容は週替わり

Cafeハコニワ

インテリアのひとつひとつがおしゃれな店内

Cafeハコニワ

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆味2566
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で14km

森の食堂 smile spoon

絵本に出てくる洋館のようなたたずまい

緑に映える白い外観が目をひくカフェ。店内にはアンティークのテーブルやイスが並ぶ。料理はコース仕立てで、メインを肉か魚から選べる。食器やアクセサリーなどの販売も行う。【沖縄美ら海水族館周辺】

森の食堂 smile spoon

店の前に立つ木には手作りの展望台を備える

森の食堂 smile spoon

週替わりのメニュー 1800円~

この日のメインは沖縄県産豚の白ワイン煮込み。前菜、スープ付き

森の食堂 smile spoon

店内は吹き抜けで開放感あふれる造り

森の食堂smile spoon

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆味2795-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で15km
料金
週替わりのメニュー=1700円~/週替わりスイーツ=250円/フォンダン・オ・ショコラ=300円/水出しアイスコーヒー=400円/

藍風

緑豊かな森に囲まれたグッドロケーションカフェ

藍染作品の販売や体験工房があるカフェ&ギャラリー。カフェには厳選した豆を使った自家焙煎コーヒーや季節のジュース、ケーキなどのメニューがあり、土・日曜、祝日はランチも楽しめる。藍染め体験は予約制。【沖縄美ら海水族館周辺】

藍風

大きなヘゴがシンボルツリー

藍風

(手前)今日のケーキ480円

(奥)コーヒー 480円

この日のケーキは、おとなのプリンをチョイス

藍風

店内では藍染商品の販売も行っている

藍風

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆味3417-6
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で19km
料金
オーガニックコーヒー=480円/チーズケーキ=480円/季節のジュース=480円/藍染め体験=3000円~/

Cafe ichara

ここちよいグリーンシャワーに包まれるテラス席へ

緑に囲まれた隠れ家的カフェ。ダイナミックな亜熱帯の自然を間近に感じられるウッドデッキ席が人気だ。看板メニューのピザは生地とソースを手作りし、石窯で焼き上げる本格派。【沖縄美ら海水族館周辺】

Cafe ichara

そよぐ葉の音も鳥の鳴き声もここちよい自然のBGM

Cafe ichara

レンコンとスモークチキンピザ 1500円

とろけるようなチーズと、シャキシャキしたれんこんの食感が楽しい

Cafe ichara

亜熱帯植物が囲む森の中の一軒家カフェ

Cafe ichara

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆味2416-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で17km

やちむん喫茶 シーサー園

広大な亜熱帯の森に潜むシーサーを探してみよう

約1万坪の敷地に点在する100体以上のシーサーは見ごたえあり。沖縄民家の母屋とあずまや、離れからなる。囲炉裏を備えた母屋には靴を脱いで上がる2階席があり、くつろげる。【沖縄美ら海水族館周辺】

やちむん喫茶 シーサー園

2階席はシーサーとやんばるの森を一望できる

やちむん喫茶 シーサー園

(手前)ヒラヤーチ 500円
(奥)黒糖ぜんざい 500円

沖縄風お好み焼きのヒラヤーチはおやつで。タレをつけて味わう

やちむん喫茶 シーサー園

沖縄民家の趣を感じるたたずまい

やちむん喫茶 シーサー園

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆味1439
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で18km
料金
ヒラヤーチ=500円/黒糖ぜんざい=400円/黒糖ミルク=500円/チンピン(黒糖クレープ)=500円/

Café Bean’s

畑で採れた自家栽培ハーブや花を使ったランチ

三姉妹が切り盛りするカフェ。店の隣にある畑では無農薬栽培野菜やハーブを育て、採れた野菜を使った料理でもてなす。エディブルフラワー(食べられる花)を使ったメニューもある。【南部】

Café Bean’s

大きなガラス窓を通し、四季折々の景色が楽しめる

Café Bean’s

フーチバー(よもぎ)のパスタ 700円

フーチバーのペーストを生クリームでまろやかに仕上げたパスタ

Cafe Bean’s

住所
沖縄県南城市玉城百名987
交通
ゆいレール旭橋駅から徒歩7分の上泉バス停から沖縄バス39番百名線(新原経由)新原ビーチ行きで1時間、新原入口下車すぐ
料金
フーチバー(よもぎ)のパスタ=700円/季節のピザ=700円/ベイクドチーズ=300円/季節のジュース=400円/

九州・沖縄の新着記事

【長崎】五島列島観光モデルコース~話題の「カラリト 五島列島」や「教会」に「五島手延うどん」まで!~朝ドラで注目の五島をめぐる2泊3日コース

今、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で注目の五島列島。大小さまざまな140余りの島があり、最も大きな福江島へは福岡と長崎から飛行機で片道約30~40分。エメラルド色の美しい海と砂浜、澄んだ夜空には...

ハウステンボスに世界最大級のミッフィー専門店、 体験型ショップ&カフェ「nijntje ナインチェ」がオープン!

2022年12月1日(木)に、ハウステンボスにミッフィーグッズ専門店「ディック・ブルーナ・ショップナインチェ」とミッフィーグルメが楽しめるカフェ「ナインチェ・カフェ」を、「nijntje ナインチェ」...

伊江島観光のポイントはこれ!フェリーに乗って沖縄本島から日帰り旅をしよう♪

沖縄本島からフェリーで約30分、気軽にプチ船旅を楽しめる伊江島。 島の交通手段や、ランチ情報、見どころなど、伊江島観光のポイントをこちらの記事ではご紹介します。 沖縄美ら海水族館周辺から見える...

保戸島名物ひゅうが丼を求めて津久見の小さな島へ。 日本のナポリと呼ばれるマグロ漁が盛んな島の魅力を深堀り!

大分県津久見市の津久見港からおよそ14kmの豊後水道に浮かぶ保戸島は、周囲4km、人口約600人の小さな島です。 明治中頃にはじまったとされるマグロ漁の延縄(はえなわ)漁業という手法により、マグロ漁...

鹿児島有数のパワースポット溝ノ口洞穴のある曽於市へ! 牛&豚の絶品グルメの店と人気道の駅もご紹介

鹿児島県大隅半島の北部、宮崎県都城市との県境に位置する曽於(そお)市。 神秘的な溝ノ口洞穴があることでも最近話題になっています。 また曽於市は、黒牛、やごろう豚などのブランド肉や、鹿児島茶など...

八女の観光ナビ 展望所から眺める茶畑の絶景や、話題の八女茶カフェをご紹介

福岡県の南部に位置する八女市は、お茶の生産地としても有名です。 広大な茶畑、老舗の製茶問屋、お茶が楽しめるカフェなどがあり、観光人気がじわじわと高まっている八女の魅力をご紹介します! 八女福島...

地域の推しを全力応援 <九州・沖縄>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

福岡PayPayドーム(福岡ドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われる福岡PayPayドーム(福岡ドーム)! この記事では福岡PayPayドーム(福岡ドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル...

博多の朝ごはんスポット6選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は博多で人気の朝ごはんスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に」...

福岡のおすすめ秋デートスポット20選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

福岡の秋を思う存分味わえるおすすめのデートスポットをご紹介します。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 秋にしか出会えない鮮やかな紅葉や可憐なコスモス畑。福岡...
もっと見る

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。