「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  我が家の沖縄旅行予算はいくら?2泊3日・沖縄家族旅行の費用を徹底解説!

我が家の沖縄旅行予算はいくら?2泊3日・沖縄家族旅行の費用を徹底解説!

我が家の沖縄旅行予算はいくら?2泊3日・沖縄家族旅行の費用を徹底解説! 写真:123RF

by 旅行ライター chi_yu

更新日:2019年10月11日

人気の旅行先・沖縄に我が家も行ってみたいと思う人は多いでしょう。

しかし、「個人手配は難しそう」「本土と気候が違うから荷物が多そう」などと考え込み、計画作りが進まない場合もあるかもしれません。また、「飛行機代が高くつきそう」「トータルでいくらくらいかかるのかイメージできない」という方もいるでしょう。

この記事では、そんな方のために沖縄家族旅行の情報をまとめました。ツアーコンダクター経験18年・沖縄に4年住んだことのある旅行ライター・chi_yuが沖縄旅行の平均的な費用や節約方法、シーズンごとの料金差などについて徹底的に解説します。

目次

  • 1.初めての沖縄!何泊で行くのが良い?
  • 2.いつの時期に行くのがよい?おすすめ時期とメリットデメリット
  • 3.ハイシーズンとオフシーズンで費用はどれだけ違う?
  • 4.2泊3日の旅行で絶対にかかる基本の旅行費用はいくら?
  • 5.現地での買い物・観光なども含めた総額はいくら?
  • 6.泊数が増えた場合はどう計算すればよい?
  • 7.離島に行くならいくらかかる?
  • 8.費用を抑えるためにはどうすればよい?
  • 9.まとめ!沖縄旅行を実現するために、計画的にお金を貯めて早めに予約しよう

1.初めての沖縄!何泊で行くのが良い?

1.初めての沖縄!何泊で行くのが良い?
写真:123RF

最低でも2泊3日は確保して

初めての沖縄で、定番観光スポットを効率的に巡りたい場合でも最低2泊3日は必要です。那覇に2泊するなら首里城と周辺の散策、泊港発着のグラスボートや魚市場散策、大規模免税店や国際通り周辺でのショッピングなどを楽しめます。興味があれば博物館巡りも可能です。5時間~1日のバスツアーに参加するのも良いですね。

しかし、ゆったりとした旅を楽しみたい場合、2泊3日では忙しく感じるかもしれません。好きなスポットで長めに時間を取りたい人、より多くのスポットやアクティビティーを楽しみたい場合は3泊以上することをおすすめします。

滞在時間も考慮しよう

また、飛行機のスケジュール次第で沖縄の滞在時間に差が出ます。2泊3日の場合、早朝便で到着し最終便で出発するなら沖縄滞在時間は3日間弱ですが、お昼前後の便で到着し夕方便で出発するとしたら実質2日間分なので気をつけてくださいね。

2.いつの時期に行くのがよい?おすすめ時期とメリットデメリット

2.いつの時期に行くのがよい?おすすめ時期とメリットデメリット
写真:123RF

ハイシーズンは8月、7月

沖縄への観光客数が多い時期は1位が8月、2位が7月です。続いて、9月と3月がほぼ同数の3位となっています。7~9月は連休を取りやすいことに加えて、ビーチリゾートとしての沖縄を訪問したい旅行者が集中するためです。しかし、夏の沖縄に旅行するデメリットも少なくありません。
夏は紫外線が非常に強く、長時間戸外にいられません。特に、小さな子供や高齢者には体力的に負担が大きいでしょう。また、夏の沖縄はハイシーズンで飛行機も宿も割高となり、混雑しています。

ハイシーズンは早めの予約を!

特に、お盆は予約が集中するため、遅くとも2カ月前までの予約が必要です。最後に、夏の沖縄は台風が頻発するため、予定の観光や行動ができなかったり、飛行機のスケジュールが大幅に乱れたりすることもあるのです。7~9月の沖縄に旅行する場合は、マリンアクティビティを存分に楽しめる反面上記のようなデメリットを覚悟しましょう。

冬~春もおすすめ

そこで、海に入らない場合は、冬から春にかけての沖縄旅行を検討してみましょう。本土より暖かい沖縄に避寒旅行も良いですし、1月下旬には沖縄本島の各地で桜祭りが開催されます。4月は「うりずん」と呼ばれ、1年で最も気候の良いシーズンです。

5~6月は梅雨、6~10月は台風シーズンのため、その時期を避けた方が快適に旅行できます。年末年始を除けば冬から春はオフシーズンなので、1~2カ月前に予約すれば、ほぼ希望通りの内容で予約できるでしょう。

3.ハイシーズンとオフシーズンで費用はどれだけ違う?

3.ハイシーズンとオフシーズンで費用はどれだけ違う?
写真:123RF

金額差は数万円~10数万円にもなる!

ハイシーズンの8月とオフシーズンの1月で旅行費用を比較してみましょう。

家族4人(大人2名・11歳以下の小学生2名)で読谷村の「ホテル日航アリビラ」に2泊、航空券(JAL)・ホテル・レンタカー付のパッケージツアーとします。

この場合、8月の旅行費用は1人あたり10万円~19万円弱です。それに対し、1月の平日でレンタカーなしのパッケージツアーは1人あたり3万円前後からあります。レンタカー代を別途加算しても約5万円前後です。申し込む旅行会社によって料金差がありますが、ハイシーズンとオフシーズンでは旅行費用に数万円~十数万円の差が出ることに間違いありません。

沖縄 航空券 金額 比較
航空券だけでも月や曜日によりこれだけの金額差が出る

※画像は大人4名、子供(2歳~12歳)2名、同じ条件で日付を変えた場合の航空券料金グラフ(googleフライトの検索結果より作成)

4.2泊3日の旅行で絶対にかかる基本の旅行費用はいくら?

4.2泊3日の旅行で絶対にかかる基本の旅行費用はいくら?
写真:123RF

ここでは、航空券・ホテル・レンタカーを別々に手配した場合の旅行費用をチェックしてみましょう。以下の旅行条件で計算します。

・2019年10月1日現在に発表されている料金(税込)
・往路2020年1月13日・復路2020年1月15日
・家族4人(大人2名・11歳才以下の子ども2名)
・出発空港:羽田または大阪(伊丹/関西)
・到着空港:那覇
・レンタカー利用
・ホテル:日航アリビラ

航空券代:約11万円

1.東京発の場合: 11万8,040円(家族4人分)

内訳:【JAL公式ホームページ:ウルトラ先得で75日前までに購入】

東京(羽田)~沖縄(那覇)JAL往復航空券:往路(大人1万3,310円×2名+子供1万3,100円×2名)+復路(大人1万6,410円×2名+子供1万6,200円×2名)=11万8,040円

2.大阪発の場合:11万1,620円(家族4人分)

内訳:【JAL公式ホームページ:ウルトラ先得で75日前までに購入】

大阪(関西)~沖縄(那覇)~大阪(伊丹) JAL往復航空券:往路(大人1万2,260円円×2名+子供1万1,980円×2)+復路(大人1万5,880円×2名+子供1万5,690円×2名)=11万1,620円

※上記料金は2019年10月1日現在で空席がある航空券の最安値です。同じ日の航空券をウルトラ先得運賃で購入する場合でも、購入するタイミングや選ぶ便により料金が変動します。

レンタカー代:約5,000円~3万円

内訳:那覇で出発・返却/5人乗りのステーションワゴン(スタンダードクラス)/2泊3日で約5,000円~3万円

宿代:約5万8,000円~9万8,000円(4名1室)

内訳:2泊3日・朝食付き

部屋ランク:スーペリアツイン~コーナーオーシャンフロントハイフロアツイン

食事代:約8,000円~6万4,000円

内訳:昼食・夕食2日分(1食・1人当たり約500円~4,000円)×4名×4回として計算

基本費用合計:18万3,000円~30万4,000円

上記の合算が家族4人でオフシーズンに2泊3日の沖縄旅行をする場合の基本費用で、約17万8,000円〜27万4,000円。レンタカー代も入れると18万3,000円~30万4,000円です。一カ所滞在で移動が少ない場合はレンタカーではなく路線バスやタクシー、ホテルの送迎バスなどを利用した方が費用は安くなる場合もあります。

5.現地での買い物・観光なども含めた総額はいくら?

5.現地での買い物・観光なども含めた総額はいくら?
写真:123RF

沖縄旅行ではオプショナルツアー代やおみやげ代にも余裕を持たせて準備した方が、より楽しめます。それらの費用もケースバイケースですが、目安の費用を考えてみましょう。

おみやげ代:4,000円~10万円

家族4人で4,000円~10万円程度です。1個100円位のお菓子から1個数万円以上の宝飾品まで、沖縄のおみやげにはピンからキリまであります。国内の他の観光地へ旅行する場合と同じ位と考えましょう。

オプショナルツアー代:約2万円~8万円

バスツアーやマリンアクティビティなど、内容により異なりますが、1ツアーにつき4人で約2万円~8万円かかります。バスツアーは1人5,000円前後から、体験ダイビングは1人約1万円~2万円です。子供料金の有無はツアー内容や主催会社によって異なります。

入場料:約2,000円~7,000円

4人で約2,000円~7,000円です。前売り券や割引料金などを利用すると安く入場できる場合もあります。

旅行費用総額:21万円弱~

このようなオプション費用も加算すると、4人家族でオフシーズンに沖縄旅行をする場合、総額で21万円弱から可能といえるでしょう。沖縄には魅力的なスポットやサービスが多いため、上をみるときりがありません。2泊3日の旅行で70万円位使ってしまうケースもありえます。予算と何を優先したいかを基準に選択しましょう。

筆者:旅行ライター chi_yu

旅行会社社員として3年、ツアーコンダクターとして18年の経験後、ライターの道へ。世界68カ国を訪れた経験を活用して、主に旅行関連の記事を書いています。
運営サイト:元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート http://tourconductor-note.com/

エリア

 >  >  >  > 
×