コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  名古屋【あいち航空ミュージアム】大空のロマンあふれる!

名古屋【あいち航空ミュージアム】大空のロマンあふれる!

by mapple

更新日:2018年7月9日

自動車に次ぐ産業として“ものづくり”愛知を支える航空機産業。その歴史と現在、未来がわかるミュージアムが2017年にオープン。見て、触れて、体験して、大空への夢をふくらまそう!

Access

名古屋駅などからバスで約20〜40分

名古屋駅

⇩ あおい交通バスで20分/名鉄バスで40分

あいち航空ミュージアムバス停
下車、すぐ

あいち航空ミュージアム

発見いっぱい!
愛知県にゆかりのある実機を間近で見られる展示スペースをはじめ、空を飛んでいるような気分を楽しめる体験型シアター、パイロット気分に浸れる職業体験コーナーなど、見どころ満載。県営名古屋空港の敷地内にある臨場感もここならでは。

実機展示

大迫力!名機が一堂に!
1階のメインフロアには、愛知県とゆかりの深い航空機が一堂に集結。機体の大きさや美しい流線形などじっくり見学を。格納庫ならではの大空間で、管制塔を模したコーナーなど館内の演出も楽しい。

名古屋空港で初飛行を果たした国産旅客機「YS-11」。展示されている機体はVIP仕様で、昭和天皇も搭乗したことがあるもの

零式艦上戦闘機(零戦)の復元機。飛行機作りの工房をイメージした展示室に入るとタイムトリップした気分に

愛知県で開発され、1978年に名古屋空港で初飛行した双発のビジネスジェット機「MU-300」

国産技術のみで製作した日本初の民間用双発ヘリコプター「MH-2000」。2機のうち1機は分解展示しているので貴重なパーツも見られる

展望デッキ

県営名古屋空港に隣接していることから目の前には滑走路が広がり、旅客機や自衛隊機、ヘリコプターなどさまざまな航空機の離着陸を間近に見られる。展望デッキのハンモックに寝そべり、大空を眺めるのも爽快。

飛び交う航空機が目の前に迫る!

フライングボックス

スクリーンには愛知周辺の美しい風景が映し出され、画面に合わせてシートが動く。空を飛んでいるような気分を体感しよう!

愛知周辺の空を飛んでみよう

職業体験

整理券要
実際にフライトプランを作り、操縦桿を握ってパイロット気分を体験。曜日や時間帯ごとに対象年齢が設定されており、開館時に窓口で当日分の整理券を配布。

パイロット気分でテイクオフ!

学びのコーナーも充実

名機百選
日本の航空史に名を刻んだ名機百種の1/25スケール精密模型がずらり

サイエンスラボ
航空教室や工作教室を開催。楽しみながら空や航空機の不思議を学ぶ

滑走路を望むカフェ

そらラテ(¥500)など空にちなんだオリジナルドリンクや軽食がそろうカフェ。目の前には駐機場や滑走路が広がり会話も弾む

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×