コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【立山黒部アルペンルート】おすすめ宿泊ガイド!

【立山黒部アルペンルート】おすすめ宿泊ガイド!

by mapple

更新日:2018年8月30日

3000m級の山々に囲まれた高原では、流れる時間とともに景色や空気もまた刻々と変化する。ぜひ1泊して、そのすべてを体感しよう。

ホテル立山

標高2450mの日本一高所にあるリゾートホテル。室堂ターミナル直結というアクセスの良さに加え、講師を招いたスターウォッチング、雷鳥ウォッチング、スライド・ビデオ上映会などさまざまなイベントを開催。

夕方

高原を真っ赤に染める夕日のショータイム!
一帯を赤く照らしながら夕日が稜線のかなたに消える光景は、息を飲むほどの美しさ。条件が揃えば、雲海に沈む幻想的なサンセットを見ることもできる。

満天の星が瞬く空は、天然のプラネタリウム
標高2500mから見上げる夜空はまるで天然のプラネタリウム。大小無数の星が所狭しと輝く光景は、一生忘れられない思い出になる。

宿泊者限定イベント「星空観賞会」
ホテル内でスライド上映後、解説を聞きながら星を眺める。参加費無料

日本最高峰の山々から昇る美しい朝日に感動!
立地的な条件から、室堂からご来光を拝むのは難しいが、雄山山頂やホテルが開催するバスツアーに参加すれば、ご来光を拝むことができる。

宿泊者限定イベント「ご来光バスツアー」
標高2316mの大観峰駅の展望台からご来光を見るツアー。参加費2100円

山の上とは思えないくつろぎの空間

客室はリゾートホテルならではのゆったりとした造り。全ての部屋にトイレを完備しているほか、立山玉殿の湧水を使った大浴場やバーコーナーなど、高所にいることを忘れてしまうほど施設が充実している。

窓からの眺望を指定できるプランもある

雲上のディナーは旬満載のコース料理

旬の山海の幸を盛り込んだ正統派の洋食。基本はハーフコースで、フルコースにグレードアップも可能。海の幸をメインにした和食も用意されており、予約時にあらかじめ選ぶシステム。

らいちょう温泉 雷鳥荘

山並みを望む展望風呂と心づくしの食事が評判
雷鳥沢と地獄谷を見下ろす高台に位置。相部屋のほか2名からの個室があり、山々を眺めながら温泉に浸かる展望風呂、暖炉のある談話室などを備える。春は鍋、夏は陶板焼きなどをメインにした多彩な夕食も楽しみ。

日帰り温泉DATA
11:00~20:00
700円

奥大日岳がたたずむ雄大な景色と温泉を堪能

山に関する本や雑誌も揃う、談話室

この日のメインは石狩鍋。ご飯とみそ汁はセルフサービス

室堂から雷鳥沢へ抜ける遊歩道の途中にある

みくりが池温泉

登山客の憧れの的日本一高所にある温泉
みくりが池のほとりに立ち、日本一、標高の高い場所にある温泉宿として知られる。地獄谷に湧く源泉を引湯した湯は、疲れが取れると評判で、日帰り利用も可能。客室はシンプルな和の個室のほか相部屋もある。

日帰り温泉DATA
9:00~16:00
700円

うす乳白色の湯が絶えず注がれ、硫黄の香りが漂う

喫茶店やレストランも併設している

立山室堂山荘

日本最古の山小屋から歴史を刻み続ける宿
国の重要文化財に指定されている日本最古の山小屋、立山室堂を併設。雄山登山や雄山神社参拝の拠点として親しまれている。展望風呂からは立山の主峰が目の前に見え、天気のいい日には星空も眺められる。

日帰り温泉DATA
12:00~16:00
700円

雄山や大汝山を正面に望む立地

弥陀ヶ原ホテル

遠く日本海を遠望する抜群の眺望が魅力
ガラス張りのロビーラウンジや客室から弥陀ヶ原の湿原や大日岳が望める絶好のロケーション。大きな窓が設けられた大浴場では、夜は満天の星と夜景、朝は大日連峰を眺めながら入浴できる。

四季折々の景色を借景にした大浴場

国民宿舎 立山荘

トレッキングの拠点として絶好のロケーション
夕日に染まる雲海や雄大な大日連山、富山平野の夜景と心洗われる眺望が楽しめるレストラン。ナチュラリストによる夜の自然解説も好評。和室・洋室があり、疲れを癒す大浴場も完備している。

日帰り温泉DATA
15:00~
500円

アーチ形の屋根が特徴の建物は建築士吉阪隆正氏の設計

天狗平山荘

全室個室のくつろぎ日替わりの多彩な料理も人気
天狗平バス停近くにあり、レンガ積みの外観が目印。剱岳や立山三山を見渡せる眺望と毎日替わる夕食を目当てに通うリピーターも多い。客室は相部屋なしの個室で、6~12畳の和室のほか、洋室のツインルーム2室もある。

立山を舞台にした映画『剱岳 点の記』の撮影隊も滞在したという

筆者:mapple

まっぷる富山 立山・黒部 五箇山・白川郷’19

発売日:2018年04月12日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×