>  >  >  >  > 

【立山黒部アルペンルート】おすすめ宿泊ガイド!

まっぷるマガジン

更新日:2020年7月27日

この記事をシェアしよう!

【立山黒部アルペンルート】おすすめ宿泊ガイド!

3000m級の山々に囲まれた高原では、流れる時間とともに景色や空気もまた刻々と変化する。ぜひ1泊して、そのすべてを体感しよう。

室堂エリア

ホテル立山

標高2450mの日本一高所にあるリゾートホテル。室堂ターミナル直結というアクセスの良さに加え、講師を招いたスターウォッチング、雷鳥ウォッチング、スライド・ビデオ上映会などさまざまなイベントを開催。

宿泊者限定イベント「ご来光バスツアー」
標高2316mの大観峰駅の展望台からご来光を見るツアー。参加費2200円

宿泊者限定イベント「星空観賞会」
ホテル内でスライド上映後、解説を聞きながら星を眺める。参加費無料

ホテル立山

らいちょう温泉 雷鳥荘

山並みを望む展望風呂と心づくしの食事が評判

雷鳥沢と地獄谷を見下ろす高台に位置。相部屋のほか2名からの個室があり、山々を眺めながら温泉に浸かる展望風呂、暖炉のある談話室などを備える。春は鍋、夏は陶板焼きなどをメインにした多彩な夕食も楽しみ。

日帰り入浴DATA
営業時間 10:30~19:30
料金 700円

らいちょう温泉 雷鳥荘

奥大日岳がたたずむ雄大な景色と温泉を堪能

らいちょう温泉 雷鳥荘

室堂から雷鳥沢へ抜ける遊歩道の途中にある

みくりが池温泉

登山客の憧れの的日本一高所にある温泉

みくりが池のほとりに立ち、日本一、標高の高い場所にある温泉宿として知られる。地獄谷に湧く源泉を引湯した湯は、疲れが取れると評判で、日帰り利用も可能。客室はシンプルな和の個室のほか相部屋もある。

日帰り入浴DATA
営業時間 9:00~16:00
料金 800円

みくりが池温泉

うす乳白色の湯が絶えず注がれ、硫黄の香りが漂う

みくりが池温泉

喫茶店やレストランも併設している

立山室堂山荘

日本最古の山小屋から歴史を刻み続ける宿

国の重要文化財に指定されている日本最古の山小屋、立山室堂を併設。雄山登山や雄山神社参拝の拠点として親しまれている。展望風呂からは立山の主峰が目の前に見え、天気のいい日には星空も眺められる。

日帰り入浴DATA
営業時間 12:00~16:00
料金 700円

立山室堂山荘

雄山や大汝山を正面に望む立地

弥陀ヶ原エリア

弥陀ヶ原ホテル

遠く日本海を遠望する抜群の眺望が魅力

ガラス張りのロビーラウンジや客室から弥陀ヶ原の湿原や大日岳が望める絶好のロケーション。大きな窓が設けられた大浴場では、夜は満天の星と夜景、朝は大日連峰を眺めながら入浴できる。

弥陀ヶ原ホテル

四季折々の景色を借景にした大浴場

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください