>  >  >  >  >  >  【福島】大内宿グルメ!名物そば&ほっこりスイーツ♪

【福島】大内宿グルメ!名物そば&ほっこりスイーツ♪

【福島】大内宿グルメ!名物そば&ほっこりスイーツ♪

大内宿の散策のお楽しみはなんといってもグルメ。ねぎで食べる手打ちの名物そばなどを堪能したあとは、カフェでひと休み。こだわりの甘いスイーツに心も満たされよう。

目次

  • 大内宿 三澤屋
  • そば処 こめや
  • 分家 玉や
  • 三澤屋茶屋
  • 大内宿 山形屋

大内宿 三澤屋

三澤屋のご主人が生み出したねぎ1本でいただく名物そば

大内宿名物として知られる高遠そば。ねぎ1本で食べるユニークなスタイルはご主人が遊び心で始めたもの。曲がりねぎは会津の契約ねぎ農家が研究を重ねたもので、のど越しのいい手打ちそばのおいしさを引き立てている。

大内宿 三澤屋

囲炉裏が切られた築350年の民家。座敷でいただく

大内宿 三澤屋

高遠そば 1260円
地粉をおいしい井戸水を使って打った二八そばは、大根をおろした辛めの汁と、秘伝の醤油で味を調えたつゆで、さっぱりとした味わい。三澤屋では長ねぎを箸と薬味にしている。

曲がりねぎ
曲がりねぎは、夏は辛みが強く薬味として合い、寒くなると甘さとやわらかさが楽しめる

大内宿 三澤屋

漬物と煮物などの一品が付く

高遠そばってなに?

高遠そばの歴史

信州高遠藩で育った保科正之公が、寛永20 (1643)年に会津藩主となって会津へ移り、高遠のそばを伝えたことから、大根おろしそばを「高遠そば」というようになったという。

上手な食べ方は?

箸代わりの曲がりねぎで麺をほぐし、そばつゆと混ぜるようにする。麺がほぐれたらねぎでゆっくりすくうと、曲がった部分にひっかかり食べやすい。

高遠そばってなに?

これも食べたい!定番和スイーツ 栃餅

下郷町では昔からそばと餅でもてなしていた。栃餅は灰汁を抜いた栃の実を蒸し、もち米と混ぜてついたもの。手間がかかる餅なので、じっくりとあんやきなこと一緒に味わって。

これも食べたい!定番和スイーツ 栃餅

大内宿 三澤屋の栃餅648円

大内宿 三澤屋

住所
福島県下郷町大内山本26-1
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅から会津バス枝松行きで15分、大内上下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉店17:00)
休業日
無休、1月は第2月~金曜
料金
高遠そば=1080円/水そば=1296円/けんちんそば=1080円/栃もち=648円/ 平均予算(昼):1500円

そば処 こめや

自家栽培のもち米でついた揚げ餅が美味

人気のおろし揚げそばは、手打ちそばの上に、大根おろしや薬味とともに、つきたての餅をカリッと揚げた香ばしい揚げ餅がのったもの。つゆとの相性もぴったり。やわらかな栃餅もおすすめ。

そば処 こめや

おろし揚げ餅そば 950円
そばは地域連携で地元産のそば粉を使い、挽きたて、打ちたてを提供。餅は自家栽培の会津のもち米「ヒメノモチ」で作っている。

そば処 こめや

住所
福島県下郷町大内山本16-3
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(L.O.、12~翌3月は要予約)
休業日
無休
料金
おろし揚げ餅そば=950円/なっとうもち=450円/きなこもち=450円/栃餅=550円/岩魚セット=1600円/ 平均予算(昼):1000円

分家 玉や

丁寧にスイーツを作るレトロモダンなカフェ

畳の上のイスなど好きな席でくつろげるレトロなカフェ。オーナーの佐藤さんが作るスイーツは会津産を生かし、厳選した材料で安心して食べられるものばかり。焼菓子も充実している。

分家 玉や

ブルーベリーチーズケーキ 450円

南会津産のブルーベリーや卵を使ったチーズケーキ。ブルーベリーが引き立つように酸味と甘みのバランスを重視し、濃厚でなめらかな味わい。6種のケーキと季節限定のパフェ(6月上旬~9月)が味わえる。

分家 玉や

アンティークな小物もあちこちに

分家 玉や

建物は古材を使って復元している

おみやげにオススメ

下郷町の特産品のほおずきを使ったパウンドケーキ300円

こぼうし300円。メレンゲにチョコをつけて、起き上がり小法師風に

こちらもおすすめ!

クレームブリュレ 450円
本日のおこめロール 450円

シンプルな材料で作るクレームブリュレは定番メニュー。米粉のロールケーキは、8月初旬~9月末限定の北会津の桃ロールなど旬のものが2~3種類ある。

分家 玉や

住所
福島県下郷町大内権現上358
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅からタクシーで15分

三澤屋茶屋

とろけるような柿の甘さにうっとり

三澤屋のショップ兼カフェ。食後に味わいたいのが身不知柿のシャーベット。凍った柿がほどよく溶けて、シャキシャキからやわらかくなるまで、甘みの変化を楽しめる贅沢なデザート。

三澤屋茶屋

身不知柿のシャーベット 540円

身不知柿は歴史ある献上柿で、会津若松市の御山地区産が有名。渋柿のため、焼酎で渋抜きをする。それを冷凍してシロップ漬けに。柿とソフトクリームがたっぷり。

三澤屋茶屋

古材を利用した店内には長テーブルもある

こちらもおすすめ!

若鮎サンド 540円

若鮎をサクサクに揚げて、自家製タルタルソースと野菜を一緒に、Chez やまのべの特製じゅうねんパンにサンド。
Chez やまのべ」についてはこちら

三澤屋茶屋

住所
福島県下郷町大内山本26-1
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅から会津バス枝松行きで15分、大内上下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(L.O.)
休業日
無休
料金
小藩そば=540円/お土産生そば=1620円/身知不柿のシャーベット=540円/ 平均予算(昼):1500円

大内宿 山形屋

大内宿の夏を彩る極上の天然氷を味わう

店先に手焼きせんべいがずらりと並ぶ、そば処兼民宿。4~11月限定のかき氷は夏の一番人気。ほうじ茶や甘酒で作った自家製シロップの優しい甘みのかき氷はぜひ味わいたい。

大内宿 山形屋

天然氷 山ぶどう 800円

大内宿 山形屋

ほうじ茶あずき 800円

日光の有名な天然氷、三ツ星氷室の氷をふわふわに仕上げたかき氷。酸味と甘みがほどよい山ぶどうや、自家製のほうじ茶とあずきが入った氷がおすすめ。

こちらもおすすめ!

街道おろしそば 1100円

低温保存した会津産のそば「会津のかおり」を使い、毎日十一そばを打つ。大根おろしと曲がりねぎの辛みがアクセントに。

大内宿 山形屋

住所
福島県下郷町大内山本43
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉店、冬期は要予約)
休業日
不定休(年末年始休)
料金
そば(1人前)=950円~/もりそば=950円/そばだんご汁=1000円/栃もち=600円/岩魚骨酒=1000円/1泊2食付=7800円~/街道おろしそば(ねぎそば、1人前)=1100円/ 平均予算(昼):1300円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×